便利&防寒アイテム

【EcoFlow RIVER Pro冬キャンプ使用レビュー】ポータブル電源業界最速の急速充電の進化が凄かった!

こんにちは!北海道のキャンプ場情報を発信している、ポジラボan(@Possi_Labo)です。

最近ではキャンプや車中泊でも、携帯電話の充電やカメラのバッテリー充電等で、ポータブル電源が欠かせなくなってきました。

この記事を読んでくださっている多くの方も、おそらくポータブル電源の必要性を感じられているのではないでしょうか。

現在、我が家が所有しているポータブル電源は4台。

4台のポータブル電源を使ったからこそわかる、EcoFlow RIVER Pro [エコフローリバープロ]の魅力をお伝えすることができると思います。

こちらの記事では、EcoFlow RIVER Pro [エコフローリバープロ]のスペックとキャンプ場での使用感を写真を交えながら詳しくお伝えします!

ポータブル電源があれば、キャンプができる季節も広がります。

ぜひこの機会に購入を検討して、楽しいキャンプライフをお過ごしくださいね!

EcoFlow RIVER Pro魅力まとめ

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
  • 見た目がシンプルで格好いい!
  • 最大1200Wの電化製品にも対応することができる
  • 同じ容量の他社製品と比べても7.6kgはコンパクトで軽量
  • 同時に10種類の給電が可能
  • わずか1.6時間の急速充電が可能
  • ディスプレイ表示が大きく見やすい
  • アプリ使用で使用状況がわかりやすい
  • 専用エクストラバッテリー使用で、容量の拡張が可能
  • 専用ソーラーチャージャー、シガーソケットでの充電が可能
  • 固定された持ち手が使いやすい
  • 出力ポートの配置が使いやすい
  • 寒さに耐えられ、冬キャンプでも使用できる
  • 保証が2年ついているので安心
  • 日本国内にサポートセンターがありアフターサービス体制あり
  • 世界基準の安全規格をクリアしている

こんな方におすすめの記事です!

★ポータブル電源購入を検討している方
★ポータブル電源をキャンプで使用してみたい方
★EcoFlowのポータブル電源が気になっている方
★どのスペックのポータブル電源が必要か迷っている方
★冬キャンプでポータブル電源を使用した人の感想が知りたい方

この記事は、ご提供いただいたRIVER Proを実際にキャンプ場で使用した様子をお伝え、個人的な感想を含む記事です。
プロモーション記事ではありませんので、使用した感想を率直にお伝えさせていただきます!!

▼動画で調べたいかたは、こちらもおすすめ!
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

【ブランド解説】EcoFlowは今、注目のポータブル電源を販売している企業です

安全性が気になるポータブル電源は、商品はもちろんですが、特に「どのような企業」なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

まずは、EcoFlowについてご紹介します。

EcoFlowのポータブル電源はアメリカTIME紙「THE BEST INVENTIONS OF 2021」に選出

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

EcoFlowは、2016年に設立された、ポータブル電源を販売する企業です。

世界80カ国を超える国と地域で販売されています。

アメリカTIME紙「THE BEST INVENTIONS OF 2021」に選出されるなど、実績があるの企業というのは、1つの安心材料になりますね。

日本で話題&注目の商品です!

2020年に発表された「EcoFlow RIVER」シリーズは、Makuakeでなんと5億円以上の応援購入を集め、当時の歴代最高応援金額を達成するほどの話題になった商品。

2021年のGLOD賞も受賞しています。

Instagramやtwitterなどで、見かけたという方もいるのではないでしょうか。

EcoFlow RIVERシリーズ 商品一覧

それでは、どのようなラインナップがあるのか、ご紹介していきます。

EcoFlowには、いくつかシリーズがあるのですが、今回詳しくご紹介するのは、RIVERシリーズです。

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
商品名RIVER miniRIVERRIVER MaxRIVER Pro
容量210Wh288Wh576Wh

720Wh

重量2.85kg5kg7.8kg7.6kg
サイズ

24.9×14.0
H13.3

28.8×18.5
H19.4
28,8×18.5
H25.3
28.9×18.0
H23.5
AC充電1.5時間1.6時間1.6時間1.6時間
出力

7種類
(AC2,USB4他)

10種類
(AC3,USB4他)

10種類
(AC3,USB4他)
10種類
(AC3,USB4他)

入力
最大電力

300W250W500W660W

定価

35,200円39,600円63,800円79,800円
共通機能
  • スマートフォンアプリ対応
  • シガーソケット出力
  • リチウムイオン
  • 放電温度範囲マイナス20℃〜60℃
  • 充電温度範囲0℃〜45℃

価格とスペックは、各リンクからチェックできます

公式HPからも購入できますが、Amazon、楽天、ヤフーショッピングでも購入が可能。

それぞれポイントが貯まる日や、セールするタイミングも異なります。

色々なサイトで販売され、選択肢が豊富なので、少しでもお得にご購入ください。

RIVER mini(210Wh)

RIVER (288Wh)

RIVER Max(576Wh)

Eco Flow RIVER Pro[720Wh]

我が家に届いたのは、Eco Flow RIVERシリーズの最も容量が大きいPro!

RIVER Proは、RIVER Maxの後に発売。

容量は大きくなっているのに、重さもサイズも大きくなるどころか少しコンパクトになっていますよ!

最大10口同時給電可能

  1. USB-Aポート
  2. USB-Aポート
  3. USB-Aポート(急速充電対応)
  4. USB−Cポート(急速充電100W)
  5. DC出力ポート
  6. DC出力ポート
  7. シガーソケット出力ポート
  8. AC出力ポート(100V)
  9. AC出力ポート(100V)
  10. AC出力ポート(100V)

3タイプの充電が可能

  1. AC充電
  2. シガーソケット充電 ※12V車に対応
  3. ソーラーパネル充電

セール期間がありますので、お見逃しなく!

この記事を読んで購入を決めてくださった方へ2,000円割引クーポンプレゼント!
★クーポンコード:VKOL
【有効期限】2022年2月10日から4月10日まで
※1人につき1回まで
※他のクーポンとの併用

私がHPをチェックしたときは、RIVER Proがセール中で、Maxよりも安く販売されていました!

公式HP・Instagram・twitter

■HP>>https://bit.ly/3rQZhVW
■Instagram>>https://www.instagram.com/ecoflowjapan/
■twitter>>https://twitter.com/EcoflowJapan

【開封レビュー】EcoFlow RIVER Proが届きました!

実際に届いた商品を開封&キャンプ場での使用レビューをご紹介します。

届きました!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

まずは、サイズ&重さ。

720Whという容量とは思えない、コンパクトなサイズにまずは驚き…

我が家にある、他社製のポータブル電源500Whのものより小さいのです!!

開封!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
シックなブラックに統一されています。
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
箱を取り出すと見えました!
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
こんなに厚みのあるクッション
梱包がしっかりとしています。
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
家のインテリアにも合いそうなデザインですね。
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
コードは4種類
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
箱の裏面にマニュアルが書かれていました。
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
説明書、保証書類

全て日本語で書かれているので、安心しました。

本体を見てみましょう!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

届いたときは、充電は約30%でした。
※充電して100%になってから撮影しています。

正面

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

正面には、AC電源出力コンセントはないのが特徴的です。実はこれが使いやすいポイント!

USB-Aポートは3口あり、内1つは急速充電対応。USB−Cポートが1口、DCポート2口、シガーソケット1口が配置されています。

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

正面に付いているLEDライト。かなり明るいです。

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

シガーソケット出力ポートです。ゴミや水が入らないよう、カバーがついているのが安心です。

上部

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

固定されているこの持ち手が、安定していて持ちやすくて主人にも好評でした!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

滑り止めも付いています。

左側面

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

AC充電入力ポートとソーラー充電、車載充電入力ポート類があります。

中央の丸は、充電過負荷保護スイッチ。

アース接続ポートもあり、安全を高める装置がありました。

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

蓋付きなので、ゴミや雨などの水を防いでくれます。

右側面

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

100VのAC出力ポートは3口あり、その上は冷却ファンになっています。

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

こちらは、容量拡張ポート。

専用のエクストラバッテリーをケーブルで接続することで、容量を1440Whまで拡張することができます。

こちらの拡張ポートにもカバーが付いています。

背面

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

ケーブル

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
入っていた4種類のコード類
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
シガーソケット
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
ソーラー充電用
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

束ねるバンドがあるのが嬉しい!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

このバンドがあるのと、ないのでは大違い!

どのポータブル電源のケーブルなのかの見分けができますし、そもそもコード類が多いポータブル電源は、まとめて保管しないと絡まって大変なことになります。

緊急時に、どのケーブルかわからないなどは避けたいところ。些細なことですが、ここまで作り込まれていることが嬉しいポイントです。

充電ケーブルはこちら!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

これが驚きでした。

ポータブル電源といえば、充電中に熱をもつゴツくて四角いもの付いているACアタプターが当たり前だったのですが、EcoFlowにはありません!

写真のケーブルをそのままコンセントに挿し込めばOK。

「業界最速充電」の秘密なのです。

X−Stream充電と言われるダブルケーブル充電だと、0%から80%までわずか1時間。業界平均よりも約5倍早い充電速度を実現!

配達時30%充電だったのですが、100%充電までなんと約1時間でした!
これなら、キャンプ直前に充電を忘れていたというときでも間に合いそうですね。

【使用感を解説】キャンプ場で実際に使ってみました!魅力を写真付きで徹底解説

魅力① コンパクト&軽量

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

この大きさ感、わかりますか?

キャンプギアとしても違和感なく、サイトに置いておいても格好いいです!

魅力② 寒さに強い

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

写真にある通り、地面の雪が溶けないほどの寒い日に使用しましたが、冷えによる影響もなく、電気毛布も最後まで使用することができました。

写真にはないのですが、外気がマイナスになる日に、車の中に一日置きっぱなしにしていたのですが、充電は1%も減ることはありませんでした。

寒さによる影響はどうなの?という不安がある方もいるかもしれませんが、EcoFlowのポータブル電源は、大寒波の使用はしていませんが冬キャンプでも使えるポータブル電源でしたよ!

魅力③ 持ちやすい

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

ポータブル電源の多くは取っ手を倒して収納するタイプ。

持ち手を畳んで上部が平らになる真四角は良いのですが、固定式ではない持ち手はぐらつきます。

今回、初めてEcoFlowのポータブル電源を使い、固定式の持ち手のほうが持ちやすいことがわかりました。

家で防災用として使用する人にとっては、それほど気にならないポイントかもしれませんが、キャンプの場合では持ち運ぶタイミングが複数回発生します。

そのため、持ち運びが楽なのは大きなポイント。

重さがそれほど違わないポータブル電源でも、持ちやすさが良ければ、さらに軽く感じますよ!

※上部が平らであっても、実際にものを上に載せることができないので、持ち手が飛び出ている形状はそれほどデメリットにもなりません。

魅力④ 差し込み口はカバー付きだから屋外使用でも安心

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

各ケーブル差し込み口には、カバーが付いていました。

ポータブル電源を屋外で使用する目的があるなら、このようなカバーありがおすすめ。

故障の原因となる粉塵や水が入りにくい構造は必要です。

魅力⑤ コード配線がベストポジション

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

全ての配線が正面に配置されているポータブル電源が多く発売されているのですが、実際使用してみると、複数を同時に給電すればするほど、コードが混雑するのがわかりますか?

さらに、コンセントの大きさによっては、互いのコンセントが干渉して同時に挿せないこともおきてしまいます。

側面にAC出力ポートがあるのは非常に良かったです!

魅力⑥ アプリで残量チェックができる

専用アプリでのスマートフォン操作が可能!

専用アプリをダウンロードして、ペアリングをすると、想定利用時間や出入力数、周波数などの確認や設定のほか、遠隔操作も可能になります。

残量が気になる場合は、想定利用時間を確認することができるのはいいですね。

ただ、容量に余裕がある場合は、そのようなチェックもいらないほどの安心感。

前面のモニターだけでも充分わかりやすいディスプレイだったので、1泊のキャンプくらいならアプリを起動させてチェックする必要はないかもしれません。

ギリギリで使用する場合には、嬉しい機能だと思いますよ!

前面にあるモニターでバッテリー残量も確認できます。
アプリ操作ができないと使えないということではありませんので、操作が難しいと心配する必要はありませんよ!

より使いこなしたい方にアプリ操作が有効です。

魅力⑦ 大きな電力を商品する電気家電にも使える

特許申請中の「X-Boost」テクノロジーで、使用できる電気製品の幅外広がりました

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較
ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

こちらが通常使えるデバイス。

ワット数が大きな電子レンジやIHクッキングヒーター、ドライヤーなども使用することができます。

これほどコンパクトなポータブル電源で、最大1200Wまで使えるなんて、少し前には考えられませんでした。

ワット数1200Wが許容範囲となると、キャンプで困ることはありません。

災害時に、普段使用している家電も動かすことができるのは大変心強いですね。

魅力⑧ 拡張できるのがいい!

お得に容量を2倍にすることができます!

▼RIVER専用のタイプもあります

1泊で使いたい」「連泊で長期使用したい」場合など、いつもポータブル電源を使う条件は同じではありません。

大は小を兼ねるとは言いますが、1泊のキャンプで大容量のポータブル電源を使うのはもったいないですよね。

別売りのエクストラバッテリーを連結させれば、容量が2倍に拡張。

必要なときだけ連結して使用することができます。

大容量のポータブル電源は重く運搬も苦労しますし、必要以上に大きいサイズのポータブル電源を持ち歩くのは面倒ですよね。

2つに分かれていることの拡張機能は、メリットがあり、非常に便利だと思いますよ!

【EcoFlow】Plusシリーズ、DLETAシリーズも気になる!

RIVER Plus

商品名

RIVER Plus

RIVER Max Plus
容量360Wh660Wh
重量5.4kg8.0kg
サイズ28.8×18.5
×19.4
28.9×18.4
×23.5
AC充電1.6 時間1.6時間
出力

10種類
(AC3,USB4他)

10種類
(AC3,USB4他)

定価

49,500円78,650円

ホワイトカラーが可愛らしい!!

ポータブル電源といえば、「黒っぽくてごついもの」そんなイメージがガラリと変わるような可愛らしいデザイン。

見た目も大事にしたい女性が気になるシリーズですよ!

DLETAシリーズ

10万円を超えるDELTAシリーズ。

一般財団法人防災安全協会認定の、防災製品等推奨品マークがついているポータブル電源。

1400W出力なら、電化製品の90%以上に対応します。

予算がある方は、防災に一台用意しておきたいですね。

DELTA mini

DELTA 1000

EFDELTA

ソーラーチャージャーとの組み合わせがベスト

110Wと160Wの2種類

【納期約7〜10日】EcoFlow(エコフロー) EFSOLAR110N 110Wソーラーチャージャー

セット販売もあります

様々な組み合わせのセット販売がありますので、ソーラーチャージャーを購入予定の方は、こちらがお得ですよ!

長期旅行や災害時の電源確保にいいですね!

EF EcoFlow(エコフロー) ポータブル電源 RIVER Pro 720Wh(200,000mAh) + 160W ソーラーチャージャー セット 非常用電源 防災グッズ 停電対策 家庭用蓄電池 バッテリー キャンプ 太陽光パネル 大容量
EF ECOFLOW

【検討者必見】購入前に知っておきたいEcoFlowの安全性

リン酸鉄リチウムイオン採用で長寿命を実現

安全規格をクリアしたバッテリーです

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

ある基準をクリアしなければ表記できない安全マーク。

世界各国での基準をクリアする性能の証明でもありますね。

20を超える保護機能を備えた最新機種です

保護機能が作動したときには、ディスプレイに表示されます。

表示については、商品取り扱い説明書に書かれています。

  1. USB-A過電流保護
  2. USB-C過熱保護
  3. USB-C過電流保護
  4. 充電過熱保護
  5. 放電過熱保護
  6. 充電過冷保護
  7. 放電過冷保護
  8. 充電過電流保護
  9. 放電過電流保護
  10. インバータ加熱保護
  11. インバータ過冷ほぼ
  12. インバータ出力過負荷
  13. 車載充電過電流過負荷
  14. 車載充電過熱保護

こちらに紹介した以外にもまだ保護機能があります。

間違った使い方をしてしまったときに、保護機能が作動してくれれば、故障を防ぐことができます。

発火などの事故を防ぐためにも、このような保護機能が付いているのは心強いですね。

保証期間2年間の長期保証と国内サポートがあります

12ヶ月保証が付いているポータブル電源は多数ありますが、EcoFlowは2年保証。

アフターサービスに力を入れている企業で、国内サポートがあるのが何よりも嬉しいです。

公式のInstagramやtwitterでも、企業の様子がよく見えるのも安心できる材料だと思います。

種類が豊富で販売実績があることも信頼の1つです

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

販売実績と口コミ

わずか1種類だけの販売だとしたら、不安になりませんか?

ニーズに合わせた商品ラインナップ。売れ行きも好調だから新商品が発売される。

しかも、そのポータブル電源がどんどん進化して使いやすくなっているのです。

多くの人が使っているので、口コミも確認することができます。

高い商品だからこそ、失敗したくないという方は、実際に使用している人の感想も気になりますよね。

他社製のポータブル電源を3台使用している私ですが、EcoFlowは、容量が大きくてコンパクトなので使用回数が一番多くなるポータブル電源になりそうですよ!

スポンサーリンク

【まとめ】EcoFlow RIVER PROを実際に使ってわかった率直な感想

1泊のキャンプでは充分な容量でした

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

電気毛布を約8時間使っても充分!

始めて使用した電気毛布だったので、温まり方も調べるために長く使用してみました。

40Wの電気毛布を「弱」設定にせず、「強」で使用したのですが、それでも40%くらいの残量がありました。

しかも、検証のために、必要以上にカメラバッテリーやランタンの充電もしたのですが、残量は10%。

残量が少なくなると、突然0%になってしまうポータブル電源もあるそうなのですが、EcoFlow RIVER Proは、最後10%を切ってもしっかりと使えました。

▼ 使用した電気毛布【消費電力40W】

コンパクトでこのデザインなのが気に入りました!

ポータブル電源,EcoFlow,エコフロー,キャンプ,アウトドア,人気,おすすめ,使用感,口コミ,メリット,デメリット,安全性,使用レビュー,比較

いざという時にすぐ使えるよう、物入れにしまいこまずに置いておきたいポータブル電源。

大きすぎないので棚に置いておくことができそう。

定期的に残量をチェックしながら防災用としても使えます。

シンプルでブラックな色合いがいいですね。

一番驚いたのは、充電速度です

家の災害用に使用予定の方は、それほどメリットではないのかもしれませんが、キャンプへ行く度にポータブル電源を使用する方には、嬉しい充電速度。

ジャクリのポータブル電源の充電速度も速いと思っていましたが、それを超える速さかもしれません。

大きすぎるポータブル電源は、価格も高めで持ち運びが重いという方は、EcoFlow RIVERシリーズはぴったりだと思います。

身近な友人にもおすすめしたいポータブル電源でした。

EcoFlowのポータブル電源は、RIVERシリーズの他にも新色ホワイトのPlusシリーズや大容量のDELTAシリーズなど、種類が豊富でみなさんのニーズに合わせて選べますよ!

この記事を読んで購入を決めてくださった方へ2,000円割引クーポンプレゼント!
★クーポンコード:VKOL
【有効期限】2022年2月10日から4月10日まで
※1人につき1回まで
※他のクーポンとの併用

ブログ「Possibility.Labo*ポジラボ」では、北海道のキャンプ場やキャンプギア情報を発信しています!

■ポジラボTwitter:https://twitter.com/Possi_Labo
■ポジラボInstagram:https://www.instagram.com/possi.labo/

YouTube「Keitan’s Camp」では北海道のキャンプ動画を公開しています

EcoFlow[エコフロー]・Instagram・twitter

■HP>>https://bit.ly/3rQZhVW
■Instagram>>https://www.instagram.com/ecoflowjapan/
■twitter>>https://twitter.com/EcoflowJapan

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。元小学校教員。2019年に北海道キャンプフォトライターに転身。WEBサイト「Possibility.Labo*ポジラボ」とYouTube「Keitan's Camp」を運営。 キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。これまで訪れた北海道のキャンプ場は100ヶ所を超える。 日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター。North Up Camp主催。
こちらの記事もおすすめ!