特集

北海道地域別キャンプ場紹介!今度行きたいキャンプ場がここで見つかります!

 

北海道各地、いろいろなキャンプ場がありますが、あなたは、どんなキャンプ場へ行きたいですか?

 

下に紹介するキャンプ場は、全て私が行ったことがあるキャンプ場です!

 

これからキャンプを始めようかとお考えの方、ぜひキャンプ場選びやサイト選びについて参考にしてください!

そして、予備知識をためてキャンプを楽しんでくださいね!

渡島・檜山

北斗市きじひき高原キャンプ場

北斗市きじひき高原キャンプ場からの景色は最高!函館の裏夜景と駒ケ岳まで一望できる、展望台にあるようなキャンプ場です。高台にあり、風対策が必要ですよ。

石狩

モラップキャンプ場

モラップキャンプ場は、観光客も多く訪れる場所です。朝からSUPを楽しむ人も多数。市街地からも近いので行きやすい場所にあります。ここからは、星空撮影ができますよ。

支笏湖と恵庭岳

美笛キャンプ場

美笛キャンプ場は、日の出が最高のキャンプ場です。しかも写真の朝陽は、平成最後の日の日の出!風のない湖面に鏡のように映る素敵な写真が撮影できました!自然のままのキャンプ場です。平日利用がベストです。

千歳市防災学習交流施設 防災の森キャンプ場

千歳市防災学習交流施設「防災の森キャンプ場」は、コンビニまで徒歩で行けるような市街地にあるキャンプ場です。デイキャンプにも多く利用され、遊具も豊富にありますよ。

北広島市自然の森キャンプ場

北広島市自然の森キャンプ場は、比較的コンパクトですが、自然の川遊びもできる、素敵なキャンプ場です。キャンプ場へ向かう途中に湧き水が汲めるスポットがあります。

オートリゾート滝野

オートリゾート滝野は、インターネット予約も可能な、高規格キャンプ場です。シャワーも無料で使用可能。コテージ泊も楽しめます。人気なので、予約必須。おすすめは、平日と秋のフリーサイト。すずらん公園でもたっぷり遊べますよ。

しのつ公園キャンプ場

しのつ公園キャンプ場は、夏には小さな子も遊べる小川があります。浅いので安心。水遊びの道具を持って行きましょう!写真は展望台からの眺め。ボートやカヌー、自転車、テニスなど様々なアクティビテいが楽しめます。温泉や道の駅もあるので、とにかく楽しいキャンプ場です。

石狩浜海水浴場あそびーち石狩

石狩浜海水浴場あそびーち石狩は、学生時代によく通った思い出のキャンプ場。砂浜なので、今は利用していません!海水浴を楽しみたい方におすすめです。

厚田公園キャンプ場

厚田公園キャンプ場は、ビーチからは離れた山間にあるキャンプ場。車が進入できる芝生のテントサイトもあります。

川下海浜施設キャンプ場

川下海浜施設キャンプ場は、海水浴場にありながら、芝にテントが張れるキャンプ場。夕陽と星空が最高でした。砂浜に寝そべって、流星群観察をした思い出のキャンプ場。お盆時期は凄く混み合ってました…

道民の森神居尻地区キャンプ場

道民の森神居尻地区キャンプ場は、秘境にあるキャンプ場。買い物もガソリンも市街地で準備してから向かってください。大自然の中でキャンプしたい方向け。神居尻山登山の前泊もできますよ。

道民の森一番川地区キャンプ場

道民の森一番川地区キャンプ場は、五右衛門風呂があるキャンプ場。すぐ隣に一番側が流れています。自然体験キャンプ場(フリーサイト)と奥にはオートキャンプ場があります。ギンヤンマやアブ、アゲハチョウがたくさん!大自然の中にあるキャンプ場です。

道民の森月形地区キャンプ場

道民の森月形地区キャンプ場は、土砂降りの中キャンプをした思い出のキャンプ場。道民の森キャンプ場の中でも、山深い場所。荷物運びが大変なことを除けば、川のせせらぎが聞こえて、木陰がいっぱいで、ゆっくりとしたキャンプが楽しめます。私は3つの中で一番好きな場所。

空知

マオイオートランド

マオイオートランドは、市街地から行きやすい場所にあることもあり、人気のキャンプ場。すぐ近くに長沼温泉や公園もあり、快適なキャンプが楽しめます。

古山貯水池自然公園オートキャンプ場

古山貯水池自然公園オートキャンプ場は、無料の薪割り体験ができるキャンプ場。キャンプ場内で利用する分は、割り放題‼お湯も使えるキャンプ場なので、秋は特にいい!人気過ぎて予約が取りづらくなってきました。何度行っても飽きないキャンプ場です。

三重緑地公園キャンプ場

三重緑地公園キャンプ場は、天気のいい日に行ったら、最高に綺麗な夕陽が楽しめます。河川敷が近いこともあり、風が強いことが多いので、風邪対策して利用しましょう。デイキャンプに人気の場所です。

いわみざわ公園キャンプ場

いわみざわ公園キャンプ場は、アスレチックが楽しめるキャンプ場。オートサイトはやや小さめですが、人気で予約を取るのが大変。遊園地のすぐそばにあり、子どもが楽しめるキャンプ場です。

北海道岩見沢公園キャンプ場

利根別自然公園キャンプ場

利根別自然公園キャンプ場は、無料キャンプ場なので、どのようなキャンプ場か見学しましたが、利用を断念しました。森に囲まれた場所。荷物運びが大変なので、ソロ向きです。道路からも遠く、人気(ひとけ)が無さ過ぎて怖かったです…

月形皆楽公園キャンプ場

月形皆楽公園キャンプ場は、幼いころに何度か通ったキャンプ場。また利用してみたいです!

赤平市エルム高原オートキャンプ場

赤平市エルム高原オートキャンプ場は、綺麗に整った高規格キャンプ場。高台にあり、広い空が印象的。通り雨(土砂降り)にあった思い出の場所。虹の町。雨には気をつけて利用しましょう!

赤平市エルム高原家族旅行村

赤平市エルム高原家族旅行村は、冬も利用できる通年営業のキャンプ場。エルム高原オートキャンプ場とは徒歩で繋がっているのですが、実際は車で移動するくらいの距離です。高台にあるので、冬は寒そう!温泉やログハウスがおすすめです。

エルム高原家族旅行村

北海道子どもの国キャンプ場

北海道子どもの国キャンプ場は、終日雨の日にグループキャンプで利用したキャンプ場。ほたる観賞もできるとか。営業期間が短めです。

朱鞠内湖畔キャンプ場

朱鞠内湖畔キャンプ場は、自然いっぱいのキャンプ場。釣り人もカメラマンも多数利用していました。湖畔キャンプを楽しみたい方におすすめ。第3サイトまであり、車を横付けできるのが嬉しい。風のない日にまた行きたいキャンプ場です!

後志

いわないリゾートパーク マリンビュー

いわないリゾートパーク マリンビューは、夕陽に星空に夜景と、贅沢にロケーションを満喫できる人気のキャンプ場です。キャンプサイトから、この景色!焚き火をしながら夜景が楽しめます。近くに温泉もありますよ!

ウィンケルビレッジ朝里川温泉オートキャンプ場

ウィンケルビレッジ朝里川温泉オートキャンプ場は、友人とコテージ泊した思い出のキャンプ場。ぜひテント泊に利用したいです!

おたる自然の村キャンプ場

おたる自然の村キャンプ場は、荷物運びが少々大変な、林間サイト。小樽市街にあり、展望台に行けば景色も楽しめますよ!

古平家族旅行村キャンプ場

古平家族旅行村キャンプ場は、学生時代に友人と行った、思い出のキャンプ場。海鮮がとにかく美味しかった!

盃野営場

盃野営場は、幼い頃にいとこ家族と行った思い出のキャンプ場。

蘭島海水浴場キャンプ場

蘭島海水浴場キャンプ場は、学生時代に友人とJRで行った、思い出のキャンプ場。

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場は、登山の前泊に利用したキャンプ場。羊蹄山の登山口直ぐ側。すでに傾斜にあるのですが、車を近くに停められるオートキャンプ場です。

ニセコサヒナキャンプ場

ニセコサヒナキャンプ場は、直火が楽しめるキャンプ場。雰囲気がよく、天気が良ければ、羊蹄山も星空も楽しめます。絶対また行きたいキャンプ場です!

 

胆振

豊浦海浜公園キャンプ場

豊浦海浜公園キャンプ場は、海水浴が楽しめるキャンプ場。砂浜が近くにあるのですが、テントサイトは芝生なのが最高ですね。カニ釣りができるので、子どもたちも楽しめるキャンプ場です。

洞爺中央公園・小公園

洞爺中央公園・小公園は、利用したのは、小公園。草地のサイトにテントを張りました。浮見堂公園まで散歩した思い出のキャンプ場です。

仲洞爺キャンプ場

仲洞爺キャンプ場は、ロケーション最高!湖畔キャンプが楽しめる人気のキャンプ場です。温泉がすぐそば。場所取りが大変です。平日にまた利用したいキャンプ場です。

オートリゾート苫小牧アルテン

オートリゾート苫小牧アルテンは、高規格キャンプ場。通年営業しているので、いつも秋冬に利用しています。お盆時期に利用したときは、凄い人の数でした。

白老ふるさと2000年の森 ポロトの森キャンプ場

白老ふるさと2000年の森 ポロトの森キャンプ場は、クマ出没翌日に訪れたキャンプ場。ポロト湖よりもさらに奥にあります。11月末まで営業なのが嬉しいキャンプ場。

鹿公園キャンプ場

鹿公園キャンプ場は、豊富な遊具があり、鹿などの動物がいる公園。ファミリーに人気のキャンプ場です。近くにあることもあり、何度も利用しています。

弥生パークキャンプ場

弥生パークキャンプ場は、転んでも痛くないほどのフカフカの芝。これほどきれいな芝生で、キャンプをしたことがありません。パークゴルフ場がキャンプ場にリニューアルされました。ドックランもありで、すでに人気が出てきているようです。

穂別キャンプ場

穂別キャンプ場は、川遊びが楽しめる、人気のキャンプ場です。自然の川のせせらぎが心地よかったです。ぜひまた行きたいキャンプ場です。

ファミリーパーク追分オートキャンプ場

ファミリーパーク追分オートキャンプ場は、何度も通っているキャンプ場。予約なしで、車を横付けできて、しかも冬も営業しているので、冬季間はここかアルテンを利用しています。

厚真大沼野営場

厚真大沼野営場、キャンプ場よりもさらに自然がそのままの場所です。私はこんな場所がお気に入り。風がない日に訪れることができ、いい写真が撮れました!

 

日高

二風谷ファミリーランドオートキャンプ場

二風谷ファミリーランドオートキャンプ場は、高い場所から夕陽が楽しめます。整ったキャンプ場。フリーサイトでも近くに車を移動させて積み下ろしができます。

ニセウ・エコランドオートキャンプ場

ニセウ・エコランドオートキャンプ場は、ホタル観賞が楽しかったキャンプ場!本当にこんなに簡単にホタルに出会えるんですね。ホタル保護のために焚き火はNGですが、とても素敵なキャンプ場でした!

判官館森林公園キャンプ場

判官館森林公園キャンプ場は林間サイト。展望台まで行けばいい景色が楽しめます。ちょっと移動して岬と夕陽、天の川を撮影した思い出のキャンプ場です!

アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場

アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場は、アポイ岳前泊に利用できるキャンプ場です。アポイ山荘に宿泊して登山したので、今度はテント泊して登山してみたいです!

三石ふれあいビーチ

人気の三石海浜公園オートキャンプ場隣にある、三石ふれあいビーチがキャンプにおすすめ。オートサイトで、プライベートビーチのような素敵なロケーション!テントは芝生、ビーチで砂遊び、夏にぴったりのキャンプ場です!

 

上川

かなやま湖畔キャンプ場

かなやま湖畔キャンプ場は、夏、場所取りが大変な人気のキャンプ場です。鹿の鳴き声が聞こえてくる秘境です。ここは、秘境感を味わうために、ぜひ人の少ない時期に利用してください!

白銀荘前キャンプ場

白銀荘前キャンプ場は、白銀荘の広いお風呂が味わえるキャンプ場。登山の前泊におすすめです!

けんぶち絵本の里家族村キャンプ場

けんぶち絵本の里家族村キャンプ場は、温泉がある施設もあり、そこにはたくさんの絵本がありました!また利用してみたいキャンプ場です。

 

十勝

然別湖北岸野営場

然別湖北岸野営場は、満天の星空を期待して訪れたキャンプ場。残念ながら曇って、撮影できませんでした。いつか然別湖と星空を撮影したいです!

ぬかびら野営場

ぬかびら野営場は、登山前に車中泊した野営場。秘境過ぎるので、そう簡単に行けそうにありません…

広尾キャンプ場

広尾キャンプ場は、家族で利用した思い出のキャンプ場。広尾の十勝港海上花火大会は見応えがありました!

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドは、冬も営業している通年キャンプ場です。(旧ポロシリ自然公園オートキャンプ場)電源ありなしサイトも冬使用できるようになり、年々利用客が増えていますよ!冬にお湯がでる炊事場あり、快適でした!

隠れ家的オートキャンプ場遊び小屋コニファー

隠れ家的オートキャンプ場 遊び小屋コニファーは、個人オーナーさんが経営するキャンプ場。直火OKで通年営業の貴重なキャンプ場です。キャンプ場内に小川が流れ、北海道の四季を満喫できる場所ですよ!

 

釧路・根室

尾岱沼ふれあいキャンプ場

家族旅行中に利用したキャンプ場①。いつかまた訪れてみたいです!

 

網走

西興部森林公園キャンプ場

家族旅行中に利用したキャンプ場②。こんな遠くでキャンプしていたのですね…キャンプ好きはこの頃から!

 

留萌・宗谷

初山別村みさき台公園キャンプ場

家族旅行中に利用したキャンプ場③。いつかまた訪れてみたいです!

兜沼公園キャンプ場

家族旅行中に利用したキャンプ場④。いつかまた訪れてみたいです!

利尻島ファミリーキャンプゆ〜に

利尻島ファミリーキャンプゆ〜には、利尻山登山前泊に利用したキャンプ場。まさかの発熱で断念…フェリーに車とキャンプ道具を乗せて訪れた旅キャンプ思い出の地。いつかまたトライできるのだろうか…

利尻北麓野営場

利尻北麓野営場は、もう利尻山の登山口という場所にあるキャンプ場。すでに傾斜がきつく、荷物を運ぶのは厳しいです…オートキャンプ場がいっぱいで利用を断念したキャンプ場です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『Possibility.Labo*ポジラボ』では、北海道の絶景やあそびをお届けしています。

ポジラボan

最新情報は、Twitterでも発信しています!

気になる方は、ぜひ、ポジラボan(@Possi_Labo)をフォローしてくださいね!

 

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!