特集

【札幌近郊キャンプ場】予約なしで利用できるおすすめキャンプ場紹介!

あなたが探しているキャンプ場は、どんな場所ですか?

これまで約60箇所のキャンプ場を紹介してきました。全て私が行ったことのあるキャンプ場です。

予約できる時もありますが、天候があやしいときなどは予約せず、前日や当日に行き先を決めるということもあります。

家族の体調や天候は直前までわからないから、キャンプに行くと決めるのは前日や当日、そんな方はいませんか?

今回は【札幌近郊キャンプ場】予約なしで利用できるおすすめキャンプ場をお伝えします。

オートサイトでも、予約なしでも利用できるというキャンプ場がありますよ!

【追記】再開しているか等、最新情報は必ずご確認ください!

新型コロナウィルス感染症拡大のため、多くのキャンプ場が閉鎖されていました。

予約制にかわったキャンプ場もあり、予約不要のキャンプ場も入場制限を設けるなどの対策を行っているところが多数あります。

※熊出没による閉鎖を発表したキャンプ場も複数あります。

ご利用の際は、公式のHPや市町村のHPで最新の情報をチェックしてからご利用くださいね!

現在営業中のキャンプ場が道央圏だけで41箇所!?

有料記事になりますが、今すぐ行けるキャンプ場をお探しの方におすすめの内容です!

最新の新しいキャンプ情報も満載ですよ!

>>【北海道キャンプ場最新情報】緊急事態宣言中でも営業している道央圏内キャンプ場リスト41

2020年に行ったキャンプ場の料金や混雑状況をまとめた記事です

2020年の利用まとめです。事前予約はしたか、おおよその料金や混み具合などもまとめている記事です。ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

【新篠津村】しのつ公園キャンプ場

※ドッグランがあった場所もフリーサイトへ拡大!以前よりもスペースは広くなっています。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊しのつ公園キャンプ場
道の駅「しんしのつ」
新篠津温泉「たっぷの湯」併設

キャンプ場に道の駅と温泉が併設!札幌や江別からもすごく近い場所にあります。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊しのつ公園キャンプ場
サイトの広さが凄い!
空がどこまでも広がっています

予約なしで、当日受付スタイル。

「広大なエリアの為、テントを張る場所は充分に用意してあります。その為、場所取りなどの予約は承りしていません」と記載されています。

一部、手ぶらキャンプエリアやグランピングがありますが、公園の大部分をフリーサイトが占めています。

午前中の11時にチェックインすることができるので、デイキャンプの利用でもたっぷり遊ぶことができます。

しのつ公園キャンプ場 基本情報

所在地石狩郡新篠津村第46線南3番地
利用期間4月24日〜10月31日
料金【フリーサイト】
大人1,500円、小学生800円
※デイキャンプは半額
チェックイン
チェックアウト
in / 11:00〜16:00
out/ 10:00
ペット2021年からドッグラン
ペット同伴サイトはなくなりました
温泉新篠津温泉たっぷの湯
おすすめポイント道の駅、温泉併設
立地がいい
多彩なアクティビティ有り
広大な芝生エリア
お問合せ先0126-58-3508

遠くの山々まで見える、しのつ公園展望台からの眺めがいい!

遠くで行われている花火大会の様子まで見れちゃいました!

キャンプ場紹介記事はこちら!

【安平町】弥生パークキャンプ場

※予約は3日前から可能です。2020年から入場制限制限あり。
3日前予約で、直前判断ができるため、こちらの記事で紹介させていただきます。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊弥生パークキャンプ場

弥生パークキャンプ場は、フリーのオートサイトです。

雨でぬかるむことがなければ、車をサイトに横付けすることができるオートキャンプ場。
※雨が降った日は、オートキャンプができずにリアカーでの搬入になりますのでご注意ください。

ペット可、焚き火も可(直火は禁止)です。

元パークゴルフ場だった場所で、2018年にキャンプ場になったばかり。

管理棟などはこれまであったものを利用しており、施設はとてもシンプルで、新しさはありませんが、利用者が増えてきてトイレも新しいものが増設されました。

弥生パークキャンプ場は、周りに遮るものがないので、星空撮影におすすめスポットですよ!

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊天の川
天の川撮影に成功しました!2019年GW撮影

弥生パークキャンプ場 基本情報

所在地勇払郡安平町追分弥生150-4
利用期間【参考】4月26日〜10月末
料金入場料1人500円
テント1張1,000円・追加タープ500円
車横付けするならプラス500円
チェックイン
チェックアウト
in / 11:00〜18:00
out/ 10:00
ペット全てのサイト可・ドッグラン有り
温泉追分駅近く「ぬくもりの湯」
おすすめポイント自由に選べるフリーオートサイト
ドッグラン小型犬用と大型犬用有り
芝がきれいで気持ちいい
ペット可
焚き火OK(直火禁止)
お問合せ先0145-25-3725

同じ安平町にあるキャンプ場のファミリーパーク追分オートキャンプ場や鹿公園キャンプ場よりも、利用料金は高めです。

私が訪れたのは、2019年GW。それまで利用者少なめで穴場のキャンプ場でしたが、最近は知名度も上がって休日は混み合っているようです。

3日前からの予約なので、空き状況を確認する感じで、直前予約してみてくださいね!

キャンプ場紹介記事はこちら!

最新の情報は、Instagramで確認することができます

>>弥生パークキャンプ場Instagram

【恵庭市】メイプルキャンプ場

北海道キャンプ場,予約なし,ブログ,先着順,おすすめキャンプ場,札幌近郊,予約不要,2021年

※入場規制あり。予約なしのため、先着順。休日は大変混み合います。

これまでパークゴルフ場だった場所が、通年でキャンプができる場所にリニューアルしました!

車を横付けできる広い芝のオートサイトが人気。

センターハウスの中には、おしゃれなキャンプギアや豊富なレンタル用品が並び、テイクアウトもできるBARもあります。

36号線からのアクセスが良いので、車の走行音はどうかな?と思ったのですが、それほど気になりませんでした。

最近は金曜日から混み合う日もあり、土曜日には朝から並んでいる車もあるそう。

より平らでよい場所を確保しようと8:30のアーリーチェックインを目指している人も多く、満場になると入場できなくなりますので、ご注意ください。

メイプルキャンプ場 基本情報

所在地北海道恵庭市西島松576-1
利用期間通年営業
料金フリーサイト大人1500円小学生500円
冬季はプラス500円
電源利用追加500円
RVサイト3500円(大人1名車1台)
チェックイン
チェックアウト
in/10:00〜19:30
※アーリーチェックインは8:30〜追加500円
out/11:00
日帰りは19:00まで
ペット全てのサイト可
ドッグランあり
温泉恵庭市内に恵庭温泉ほのか
北広島市に竹山高原温泉
おすすめポイント自由に選べるフリーオートサイト
炊事棟は温水
芝がきれいで気持ちいい
焚き火OK(直火はバンカーのみOK)
お問合せ先0123-39-3345

キャンプ場紹介記事はこちら!

最新の情報は、Instagramで確認することができます

Instagramでは、混雑状況なども知ることができるので、調べられる方は事前にチェックしてみてくださいね。

>>https://www.instagram.com/maple.camp/

【千歳市】美笛キャンプ場

※入場規制あり。予約なしのため、先着順。休日は大変混み合います。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊
湖畔にテントの設営もできます

今回紹介しているキャンプ場の中では、札幌から少し遠い場所にありますが、自然がいっぱい、景色が抜群の場所です。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊美笛キャンプ場サイト地図
湖畔の森に囲まれたキャンプ場です

こちらはオートサイトとは表記されていませんが、湖畔以外は車を横付けできる場所も多くあります。

トイレや炊事棟、管理棟や売店の設備は整っていますが、元は野営場だっただけあって、自然いっぱい。

ただし、静かなキャンプを求めている方には、あまりおすすめできません。

ウォータースポーツを楽しむ人が毎年多く訪れており、混み合っていることも覚悟で利用してほしいキャンプ場です。

美笛キャンプ場 基本情報

所在地千歳市美笛
利用期間5月1日〜10月中旬
料金大人1,000円、小中学生500円
未就学児4歳以上200円、4歳未満無料
チェックイン
チェックアウト
in / 7:00〜19:00
out/ 7:00〜11:00
ペット全てのサイト可
温泉支笏湖温泉、丸駒温泉までは距離があります
おすすめポイント自然に囲まれている
湖畔の景色が最高
湖で遊ぶことができる
自由に選べるフリーサイト
車が横付けできる場所もあり
ペット可
焚き火OK(直火禁止)
設備が整っている
お問合せ先090-5987-1284(AM7時〜PM7時)

札幌の明かりが届くため、満天の星空とはなりませんでしたが、朝陽は絶景といえる素晴らしいものですよ!

キャンプ場紹介記事はこちら!

※2020年も混雑が凄かったです。下の記事を読んで予習してくださいね!

【千歳市】休暇村支笏湖モラップキャンプ場

※入場制限あり。予約制ではないため、先着順。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊北海道千歳市休暇村支笏湖モラップキャンプ場

休暇村支笏湖モラップキャンプ場は、フリーサイトのみの湖畔キャンプ場です。

車の横付けはできませんが、駐車場からは比較的サイトが近く、リアカーを使わずにそのまま荷物を運ぶ方もいるほどの距離です。※リアカーもあります。

キャンプ場は、休暇村支笏湖温泉が運営しており、手ぶらキャンプのプランや常設テントのレンタルもあります。

対岸に見える恵庭岳と山裾に落ちる夕陽が素敵で、天気が良ければ、最高のロケーションが味わえます!

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊北海道千歳市休暇村支笏湖モラップキャンプ場

休暇村支笏湖モラップキャンプ場 基本情報

所在地千歳市支笏湖温泉
利用期間4月17日〜10月上旬
料金大人1,000円
小学生700円
幼児(4歳以上)500円
幼児(3歳以下)無料
チェックイン
チェックアウト
デイキャンプ
in/13:00〜16:00
out/11:00
9:00〜16:00
アーリーチェックイン7:30〜
ペット全てのサイト可
温泉休暇村支笏湖温泉
おすすめポイントロケーションが最高
カヌー,ボート,SUP可
水遊び可※遊泳禁止
ペット可
焚き火OK(直火禁止)
売店あり
お問合せ先0123-25-2201

先ほどの美笛キャンプ場と共に、人気の湖畔キャンプ場です。

宿泊キャンプの13時チェックインを目指すと、入場制限によりすでに満場で入れないことがあるため、日帰りのチェックイン9時を目指すのがおすすめです。(日帰り料金追加)

午前中のうちに満車になると利用できなくなるのでご注意ください!

キャンプ場紹介記事はこちら!

土日の混雑の様子などは、こちらの記事でも解説していますので、参考にしてくださいね。私は金曜チェックインで素晴らしい景色を堪能しましたよ!

最新の情報はTwitterで確認することができます

>>https://twitter.com/MorappuCampsite

【南幌町】三重緑地公園キャンプ場

2021年6月21日の営業再開後、テント数200張の入場制限がありますので、ご注意ください。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊北海道南幌町三重緑地公園キャンプ場

三重緑地公園キャンプ場は、2泊まで500円と格安で利用できるキャンプ場です。

これまでデイキャンプが無料でしたが、2021年からは、テントの設営有無関係なく、料金がかかるようになりました。

夕張川河川敷にあるため、風が強いのが特徴。日差しや風を遮る樹木はほとんどないので、タープや長めのペグが必要です!

温泉が近くにないことが残念ですが、それを除くとかなりおすすめのキャンプ場です。

河川敷から見える夕陽が綺麗ですよ!

北海道キャンプ場,予約なし,ブログ,先着順,おすすめキャンプ場,札幌近郊,予約不要,2021年,三重緑地公園キャンプ場北海道南幌町

三重緑地公園キャンプ場 基本情報

所在地空知郡南幌町南12線西3番地
利用期間4月15日〜11月15日
料金テント2張まで500円
チェックイン
チェックアウト
in /規定なし
out/規定なし
ペット禁止
温泉南幌温泉までは距離がある
おすすめポイント自由に選べるフリーサイト
一部車の近くに設営できる場所あり
チェックイン・アウトに規定がないためゆっくりできる
焚き火OK(直火禁止)
お問合せ先011-378-3606

キャンプ場紹介記事はこちら!

【南幌町】三重湖公園キャンプ場

2021年6月21日の営業再開後、テント数80張の入場制限がありますので、ご注意ください。

北海道キャンプ場,予約なし,ブログ,先着順,おすすめキャンプ場,札幌近郊,予約不要,2021年

三重緑地公園キャンプ場のすぐ隣にあるため、同じキャンプ場と思っている方もいるかもしれません。

こちらの三重湖公園キャンプ場は、ペットOKのキャンプ場。

三重湖と呼ばれる貯水池のような小さな湖の周りにテントを設営することができる公園キャンプ場です。

公園遊具や水遊びができる場所があり、遊具近くは家族連れで賑わいます。

北海道キャンプ場,予約なし,ブログ,先着順,おすすめキャンプ場,札幌近郊,予約不要,2021年
北海道キャンプ場,予約なし,ブログ,先着順,おすすめキャンプ場,札幌近郊,予約不要,2021年

三重湖公園キャンプ場 基本情報

オープンが4月1日からとスタートが早く、私は4月上旬に利用しました。

所在地北海道空知郡南幌町南3
利用期間4月1日〜10月31日
料金テント2張まで500円
バンガロー(要予約)
チェックイン
チェックアウト
in /規定なし
out/規定なし
ペット全てのサイト可
温泉南幌温泉までは距離がある
おすすめポイント自由に選べるフリーサイト
場所によっては車近くも設営可能
チェックイン・アウトに規定がないためゆっくりできる
焚き火OK(直火禁止)
お問合せ先011-378-1270

キャンプ場紹介記事はこちら!

【安平町】ファミリーパーク追分オートキャンプ場※要予約になりました

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊追分
傾斜はやや気になりますが 車も横付けできる広々サイトです
※芝の状態により乗り入れできない場合があります

これまで、予約不要のキャンプ場として紹介していましたが、2021年3月から予約制になりました。

★改定★ 2021年3月から予約制になりました

これまで利用されていた方は、予約が必要になりましたので、ご注意くださいね!!

最新の情報は、Instagramで確認することができます

>>ファミリーパーク追分Instagram

【安平町】鹿公園キャンプ場※要予約になりました

※2021年から予約制になりました。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊鹿公園キャンプ場
散策路がある大きな公園の中にあるキャンプ場です

安平町にある鹿公園キャンプ場は、遊具やアスレチック、鹿がいる「鹿の丘」やなかよし動物ハウス、ドッグランもある大きな鹿公園の中にあるキャンプ場です。

小さな子どもも遊べる遊具や動物がいるなどの理由から人気が高いキャンプ場です。

北海道キャンプ場,予約なし,おすすめキャンプ場,札幌近郊鹿公園キャンプ場

キャンプ場紹介記事はこちら!

スポンサーリンク

新しいキャンプ場が続々オープン!これからの予約も間に合うかも?

札幌だけで、2020年オープンが3箇所、2021年オープンが5箇所!

この2年で、札幌市内に8箇所もキャンプ場が増えています。

ガイドブック未掲載のキャンプ場も紹介しています!

オープンしたてで、予約が間に合う場所もあるかも!

【追記】札幌近郊にこだわらない方向け 先着制・予約不要キャンプ場

これまで利用した予約不要のキャンプ場をご紹介します。

「予約不要で利用できるキャンプ場が、全然見つからない…。遠くへ行ってでもぜひキャンプしたい!」という方はこちらを参考にしてくださいね

入場制限は行っている場所ばかりなので、事前に最新情報をチェックしてくださいね!

豊浦町のキャンプ場は2021年度も閉鎖が発表されました

2021年は予約制にならないことを願って…

基本的にオートキャンプ場は事前の予約が必要です。

人気のキャンプ場は、早い時期から予約しなければすでにどの週末も予約でびっしり。

そんな時、予約なし・当日受付OKのキャンプ場を知っているととても便利ですよね。

自然やロケーション、利便性というよりは、今回は「予約なしで利用できる」という点に重点をおいて紹介させていただきました。

こちらに紹介しきれなかった、キャンプ場もまだまだありそうなので、2021年もいろいろなキャンプ場へ行って、取材してきます!

ポジラボan

行ってみたいと思うキャンプ場は見つかりましたか?
気になるキャンプ場の詳細は、各キャンプ場の紹介ページでご確認ください。
最新の情報は、TwitterやInstagram、YouTube「Keitan’s Camp」でも発信しています。ぜひフォローして愉しいキャンプにお役立てください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

キャンプ好きの必読書!

2021年度版が販売されています!
created by Rinker
¥1,430 (2021/09/16 21:36:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2021/09/16 15:12:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2021/09/16 12:54:03時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも買ってよかった1冊。ドライブの愉しみが広がりましたよ!

created by Rinker
¥1,760 (2021/09/16 09:51:59時点 Amazon調べ-詳細)

YouTube「Keitan’s Camp」もキャンプ場探しにお役立てくださいね!

北海道地域別&テーマ別でもキャンプ場をご紹介しています!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!