特集

【保存版】北海道キャンプ場の営業再開&休業の最新情報はここから調べられます!

北海道の多くのキャンプ場が、新型コロナウイルス感染拡大による自粛で、営業を休止していました。

営業はしているのか
✔ 閉鎖・休業はいつまでなのか

営業再開の日程は決まっているのか
予約は可能か
✔ 入場制限等の措置が取られているのか

キャンプ場の最新情報を調べるために、ネットで検索する方も多いのではないでしょうか。

こちらは、北海道人気のキャンプ場の営業と予約開始日をまとめた記事ですが、オープン予定前の3月、4月は多くの方に読んで頂きました。

しかし、その後、緊急事態宣言により、北海道でもほぼすべてのキャンプ場が休業にー

自粛期間が開けて多くのキャンプ場は、営業をスタートしましたが、各自治体やキャンプ場によって対応は異なります。実際にオープンしているのか、電話で問い合わせることも必要かもしれません。

この記事では、普段私が情報収集しているサイトをまとめてご紹介。どのページを見れば、最新の営業情報が見つかるかを解説します。

特に今年は、ネットの情報だけでは確実とは言えません。ご自身でキャンプ場が営業開始しているかどうかを電話連絡等で確認の上、ご利用いただきますようお願い致します。

現在休止を発表しているキャンプ場情報をまとめました

2020年今季営業休止を発表したキャンプ場

【壮瞥町】仲洞爺キャンプ場

>>壮瞥町HP>営業の見送りについて

【洞爺湖町】とうや小公園・中央公園

【洞爺湖町】曙湖畔キャンプ場

>>洞爺湖町HP

※洞爺湖周辺では、洞爺水辺の里・財田キャンプ場と、グリーンステイ洞爺は営業しています。

【豊浦町】豊浦海浜公園キャンプ場

【豊浦町】高岡オートキャンプ場

【豊浦町】礼文華海浜公園キャンプ場

【豊浦町】森林公園キャンプ場

【豊浦町】大岸シーサイドキャンプ場

>>豊浦町HP>キャンプ場一覧

【中富良野町】中富良野森林公園キャンプ場

>>中富良野町HP>営業中止について

【小平町】望洋台キャンプ場

>>おびら観光情報

【鶴居村】つるいキャンプ場

【鶴居村】つるい村民の森オートキャンプ場

>>鶴居村HP>利用の制限について

一時的に休業中のキャンプ場

【ニセコ町】ニセコリバーサイドヒルキャンプ場

8月末までの休業を発表しています。

>>ニセコリバーサイトヒルキャンプ場>お知らせ

海水浴場は閉鎖の情報が多数あります

【石狩市】石狩浜海水浴場(あそびーち石狩)

【石狩市】厚田海浜プール

【石狩市】川下海水浴場(はまますピリカ・ビーチ)

>>石狩市HP令和2年度の海水浴場の開設状況について

>>道南の海水浴場について(函館新聞電子版より)

★こちらの閉鎖情報は、一部です!
昨年の開設数の半分に激減していますので、こちらでご確認ください!

>>開設されている海水浴場の一覧

他にも情報がありましたら、随時追記していく予定です。

各市町村の公式HPをチェックする

保存版,北海道キャンプ場,最新情報サイト,営業再開,休業,休止,閉鎖,いつから,日程,予約,自粛あけ

最新のキャンプ場情報を発信しているページリンクをご紹介します!

表の右列にある市町村の部分をクリック!

トップページにお知らせとして掲載している市町村や、各キャンプ場紹介ページの冒頭に掲載している市町村など、場所はそれぞれ異なりますが、最新の情報が掲載されています。

下に紹介する市町村は、緊急事態宣言により営業開始を延期したり、自粛による休業をHPで発信していたところです。

※一時休業していましたが、オープン、営業を開始しています。管内在住者限定利用などの規則がある場合もありますので、利用前にご確認ください。

自然の森キャンプ場北広島市
森林キャンプ場江別市
青葉公園ピクニック広場
泉沢自然の森
メムシ公園
千歳市
鹿公園キャンプ場
ときわキャンプ場
安平町
厚真町大沼野営場厚真町
三重湖公園キャンプ場
三重緑地公園キャンプ場
南幌町
グリーンステイ洞爺湖
洞爺水辺の里・財田キャンプ場
洞爺湖町
羊蹄山自然公園真狩キャンプ場真狩町
いわない
リゾートパークオートキャンプ場マリンビュー
岩内町
白老ふるさと
2000年の森ポロトの森キャンプ場
白老町
※観光案内HP
しのつ公園キャンプ場新篠津村
鶴沼公園キャンプ場浦臼町
穂別キャンプ場むかわ町
日高沙流川オートキャンプ場日高町
きじひき高原キャンプ場
上磯ダム公園キャンプ場
湯の沢水辺公園キャンプ場
北斗市
上富良野町日の出公園オートキャンプ場上富良野
※観光協会HP
かなやま湖畔キャンプ場
かなやま湖オートキャンプ場
南富良野町
判官館森林公園キャンプ場新冠町

札幌近郊のキャンプ場から紹介させて頂きました。

こちらにないキャンプ場も、市町村が管理している場所であれば、市町村のHPをチェックすると最新の情報を見つけることができますよ!

ポジラボan

道北、道東のキャンプ場が少なめですみません…

今後、追記していきたいと思います!

各市町村のお知らせ等で情報が公開されています

市町村の他の教育施設と同様の日程で自粛期間を決めている場合が多く、図書館や児童会館、パークゴルフ場、キャンプ場等の閉鎖について発表しています。

各市町村が管理しているキャンプ場は、概ね道の緊急事態宣言の期間に合わせているところが多い傾向でした。

キャンプ場の公式HPでチェックする

保存版,北海道キャンプ場,最新情報サイト,営業再開,休業,休止,閉鎖,いつから,日程,予約,自粛あけ

公式HPがあるキャンプ場

各キャンプ場の公式サイトのトップページか、お知らせページをリンクしています。

気になる方は、ぜひご確認ください!

再開時期は様々!

6月末までの休業という場所もありましたが、7月に入り、ほとんどのキャンプ場がオープンしましたね。

公式HPがなくてもインスタやFacebookでチェックできます

保存版,北海道キャンプ場,最新情報サイト,営業再開,休業,休止,閉鎖,いつから,日程,予約,自粛あけ

最新ページをチェックしてみてください!

【安平町】ファミリーパーク追分オートキャンプ場

【赤井川村】AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプ場

【清水町】隠れ家的オートキャンプ場「遊び小屋コニファー」

twitterでも調べることができます

保存版,北海道キャンプ場,最新情報サイト,営業再開,休業,休止,閉鎖,いつから,日程,予約,自粛あけ

twitterでも情報を発信しているキャンプ場があります

HPもあり、それにプラスしてtwitterでよりリアルタイムの天気や予約状況などの情報を発信しているキャンプ場があります。

オープンや営業再開、営業休止の情報もいち早くお知らせしてくれますよ!

【日高町】沙流川オートキャンプ場

【札幌市】オートリゾート滝野

【鷹栖町】パレットヒルズキャンプ場

他のキャンプ場のアカウントもあるかもしれないので、ぜひ探してみてください!

オートキャンプ場、区画キャンプ場を利用したい方の予約が大変!

予約数を半数まで制限しているオートキャンプ場もあります

キャンプサイトは営業しているけれど、コテージ利用棟数は例年よりも少なく、サイト入場人数の制限をかけているというキャンプ場もありました。

入場数の制限措置がいつまで続くのかは、未定ですが、しばらくは、予約できる数も減っているので、予約を取るのも大変かもしれません。

予約なしOKキャンプ場でも事前確認をお願いします!

これまでは、予約なしで利用できるキャンプ場は、便利!手軽に利用できるという感覚でしたが、2020年度に限ってはそうもいかないかもしれません。

人気の支笏湖湖畔にある、美笛キャンプ場と休暇村モラップキャンプ場は、毎週末入場制限がかかって、昼前に到着した方でも入れない状況が続いています。

混んでいることを我慢すれば、いいと思っていた人気の場所も、フリーサイトが、無制限ではなく、「◯組まで」という新たな規定が生まれているようなので、注意が必要です。

今年は、予約なしで利用できるキャンプ場でも確認が必要です

保存版,北海道キャンプ場,最新情報サイト,営業再開,休業,休止,閉鎖,いつから,日程,予約,自粛あけ

昨年まで予約なしで利用できていたキャンプ場が、2020年予約制になったところがあります。

★安平町 ファミリーパーク追分オートキャンプ場
★白老町 ふるさと2000年の森ポロトの森キャンプ場

この他にも入場制限がある場合、入れないこともあるので、予約ができるところは、予約した方が安心ですね。

こちらには予約なしで利用できるキャンプ場をまとめてご紹介していますが、2020年は、予約なしOKキャンプ場でも、事前確認をぜひお願いします!

予約なしで利用できるキャンプ場【まとめ記事①】

地域別キャンプ場紹介【まとめ記事②】

予約が必要なキャンプ場も含めて、地域別にまとめた記事です。方面別になっているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

自粛中は、部屋キャンプ、庭BBQ、キャンプ道具の整理整頓とキャンプ棚DIYとキャンプに行きたい気持ちを抑えながら過ごしてきました…

ようやくオープンしたキャンプ場で、のびのびとキャンプを楽しんでくださいね!

ポジラボan

「Possibility.Labo*ポジラボ」では、あなたの明日がもっと楽しくなる情報を発信しています。

twitterでも北海道から最新の情報を届けますので、ポジラボan(@Possi_Labo)のフォローもよろしくお願いします!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!