Enjoy Life

ロイズ直営店でだけ!上江別店で人気のパンを食べてみた!【口コミレビュー紹介】

あなたはROYCE’(ロイズ)を知っていますか?

全国的に有名なのは、ロイズの生チョコレートだと思います。ご存知の方も多いかもしれません。

ROYCE'
生チョコの元祖といってもいいですよね!

パンもおすすめ!

実は、みなさんにご紹介したいロイズ1番のおすすめは、パンなんです!

大学からロイズのお店も近かったこともあり、すでに10年以上も前からファンだった私。

生チョコレートやポテトチップチョコレートももちろん大好きなのですが、ぜひ、ロイズ直営店で販売されているパンの美味しさを知ってもらたい!

あなたの知っているロイズ(ROYCE’)のイメージが、大きく変わるかもしれません!

ロイズ(ROYCE’)のパンは北海道の直営店でだけ!

限られた直営店にしか置いていないパンをぜひ食べていただきたい!

北海道のデパートにも、全国の空港にも並ばない、直営店で焼かれて販売されている、できたてのパンです。

ベーカリー部門人気No.1は生チョコクロワッサン[オーレ]

ROYCE'
ロイズの生チョコクロワッサン購入!

ベーカリー部門人気No.1は写真の左、生チョコクロワッサン[オーレ]です。

値段は195円(税抜き)です。

右は、6月限定の生チョコクロワッサン[エクアドルスイート]。

パンにしては高いと思う方もいるかもしれませんが、すでにケーキ並のクオリティ。私は箱に入れてもらい、手土産にしたこともあります。

中はとろける生チョコレート!

ROYCE'

生チョコレートがこの置き方だとどんどん流れ出てきます。写真では伝わらないのは残念…

間違いなく口周りにはチョコレート。パイ生地もポロポロこぼれます。

上品に食べたい方は、避けたいパンかもしれませんが、でも、一度食べた人は、また食べたくなってしまうのです…

チョコパイ

ROYCE'
ロイズだからチョコ系のパンを…

こちらもチョコレートがいっぱいの「チョコパイ」。141円(税抜き)

ロイズのチョコレート一枚がそのまま挟まっている「グテ」も美味しいけど…

写真にはないのですが、ロイズのチョコレート一枚がそのまま挟まっている「グテ」というパンがあります。

さすがに一人で食べるには、罪悪感が…

板チョコレート1枚の糖分って…

おそらく1位にならないのは、あまりのチョコの大きさに手が伸びないというのもあるのではないでしょうか。

メロンパン

ROYCE'
でもメロンパンも美味しそう!

チョコレートではないけれど、サクサクのクッキー生地についつい購入してしまったメロンパン。こちらも141円(税抜き)です。

お惣菜パンもありますよ!

今回は購入しませんでしたが、お惣菜パンもあります。

私が好きなのは、ベーカリー部門2位の「トマトとベーコンのカルツォーネ」です。とにかく焼き立てが美味しいですよ!

家で食べるときは、グリルでこんがり焼いて食べると香りもたって、美味しく食べられます。

イートイン専用の持ち出し禁止パンも気になります!

さらに、生クリームいっぱいのパンもあったのですが、イートイン専用となっていました。持ち出し禁止のパン。それも時間があるときに食べてみたいパンでした!

新千歳空港でも販売されています!

調べてみると、パンの価格が、新千歳空港の方が高めに設定されているようです。

大きさの比較はできませんでしたが、一番人気のチョコクロワッサンは空港では270円で販売されています。

実際に店に行かないと分からない!

ROYCE'
開店直後の上江別店

ロイズ(ROYCE’)の公式サイトには、商品紹介ページもあるのですが、パンに関する情報は掲載されていません。

つまり、どのような種類のパンが販売されているかは調べることができません!お店に行くしかありませんよ!

ロイズ直営店に行こう!

ROYCE'

正式には、株式会社ロイズコンフェクトといい、工場が北海道石狩郡当別町にあります。

ロイズコンフェクトは、1983年創業で、35周年を迎えました。

北海道を代表する銘菓

ロイズ(ROYCE’)は、新千歳空港にロイズチョコレートワールドもあり、北海道を代表する銘菓です。

ロイズ(ROYCE’)は、道外からのお友達が来た時に、連れていってあげたいお店の1つです。

札幌市内に8店舗、江別に1店舗、旭川市に1店舗、そして新千歳空港に直営店があります。

パンも取り扱っている直営店は、わずかに6店舗!

その中でも断然おすすめは、パンも販売されているイートンありの6つの直営店です。

  1. 東苗穂店(札幌市)
  2. 厚別西店(札幌市)
  3. あいの里公園店(札幌市)
  4. 屯田公園店西宮の沢店(札幌市)
  5. 西宮の沢店(札幌市)
  6. 上江別店(江別市)

※新千歳空港ターミナル3Fのロイズチョコレートワールドは、パンの販売はありますが、イートインはありません。

※当別町太美工場直売店は、イートインスペースはありますが、パンの販売はありません。

ロイズ直営店上江別店です

ROYCE'
ROYCE'

店内にイートインスペースもありますが、庭にもイスがありました。

美味しいアイスクリームやチョコレート、パンがあるなら、ドライブのひと休みに寄りたくなりませんか?

さらに、お庭でゆっくりできるスペースがあるとするなら―

北海道ドライブスポットにおすすめです!

直営店が人気の理由

ROYCE'

広い駐車場に広い庭。そして美味しいソフトクリームに、イートインスペース。もちろんトイレも。

札幌市にあるあいの里公園店も人気で、土日はたくさんのお客さんで賑わっていました。

平日でも夕方になると、ほとんどパンは売り切れていて品薄になっているほどです。

ドライブの休憩地にピッタリなんです。

それだけではありません―

ROYCE'
玄関を入ったら…

チョコレートの滝がありました!

ROYCE'
入り口からすぐにある、チョコレートの滝!!

美味しいだけではなく、見て楽しめるものもあり、訪れた人を喜ばせてくれます。

ROYCE'
3種類のチョコレートがガラスの向こうで流れ続けています

新千歳空港3Fには、「ROYCE’ Chocolate World」があります。

ガラス越しに見学できるチョコレート工場や、チョコレートに関する展示が楽しめるミュージアムです。

こちらもぜひお立ち寄りください!

ロイズ商品ラインナップ紹介!

ROYCE'

主なロイズ(ROYCE’)商品ラインナップ

  • 生チョコレート
  • ポテトチップチョコレート
  • 板チョコレート
  • ピュアチョコレート
  • バーチョコレート
  • プラフィーユショコラ
  • チョコレートウエハース
  • バトンクッキー
  • プチトリフ
  • ポップコーンチョコレート
  • マシュマロチョコレート
  • ポテチクランチチョコレート
  • 黒糖チョコ
  • かりんとうチョコレート
  • クッキーズ
  • ガレット
  • フィナンシェ
  • ちょこまん
  • チョコパウンドケーキ
  • オレンジパウンドケーキ
  • シュトーレン
  • バウムクーヘン
  • ロイズラスク
  • 詰め合わせ
  • ロイズ石垣島シリーズ
  • アイスクリーム

生チョコレートもいいけれど、こちらもいい!

ロイズのHPによると、現在のロイズ商品の人気No.1は、生チョコレートを抜いてポテトチップチョコレートなんです!

ROYCE'
ポテトチップ部門の1位はこちら

我が家の人気No.1は、上のポテトチップチョコレート「マイルドビター」。

ROYCE'
見ると ついついほしくなります…

ポテトチップチョコレート定番の「オリジナル」ほかにも、「マイルドビター」「フロマージュブラン」「キャラメル」があり、全部で4種類あります。

ポテトチップチョコレートの賞味期限は、3ヶ月。ポップコーンの賞味期限はそれよりも短い2ヶ月となっています。

ROYCE'
最近頂いた ポップコーンキャラメル味

お土産に持って行くにも、賞味期限が2,3ヶ月あるのは嬉しいですね。

ロイズ生チョコレートの賞味期限は1ヶ月です。

 


ロイズの定番!まだ味わったことがない 人はぜひ♪


おわりに 

パンを販売している直営店の営業は、朝9時から夜の7時まで。早くから遅くまでオープンしているのも嬉しいですね!

そして、広いお庭とチョコレートの滝があるのは、上江別店だけ!

2018年夏にローズガーデンが完成し、ロイズ直営店の中でも、上江別店は見どころいっぱいだと思います。

上江別店

北海道江別市上江別437―15

営業時間

9:00〜19:00

定休日

なし

駐車場

88台

TEL

050-3786-3760

新千歳空港ターミナルビル2Fの営業時間は8:00〜20:00となっていますが、ベーカリー販売は9:00〜20:00です。

お取り寄せもおすすめ!

北海道外の方は、店頭で買うのもいいですが、ポイントが付く楽天サイトで買う方がお得に購入できます。

自分へのご褒美に、外出の際の手土産に、ぜひ北海道スイーツを味わってみてください!

参考リンク

ROYCE’

ROYCE’公式オンラインショップ

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!