キャンプアイテム

印刷通販デジタDIGITAでオリジナルキャンプステッカーを制作!【印刷用紙&注文方法から価格まで公開します】

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

オリジナルキャンプステッカーを制作したいけれど、どのように印刷注文したらよいか分からない…

前回の記事では、キャンプステッカーが少し気になり始めた方へキャンプステッカーが人気の理由や印刷業者を決める前に知っておきたいことについて解説しました。

▼まだお読みでない方は、ぜひ先にこちらをチェックしてくださいね!

この記事では、これからキャンプステッカーを制作しようという方へ、実際に作成したステッカー写真を交えながら、印刷業者に依頼して制作した注文内容や、かかった費用等を詳細にお伝えします!

このような方におすすめの記事

✔ キャンプステッカーにおすすめの用紙が知りたい
✔ 印刷注文までの過程が知りたい
✔ 実際にどれくらいの価格がかかるのか知りたい
✔ 印刷通販デジタで印刷依頼した人の感想が知りたい
✔ なぜ印刷通販デジタを選んだのかを知りたい
✔ 実際の印刷されたキャンプステッカーを見てみたい

届いたキャンプステッカーを見て、テンションが上りましたよ!

ほしいと言ってくれる人がどれくらいいるのか、心配は未だにありますが…笑

この記事が、これからキャンプステッカーを制作する方の参考になれば幸いです。

別記事になりますが、「皆さんの制作したキャンプステッカーを見せてください企画」をしています。他の方の参考に、紹介しても良いよ!という方は、ぜひTwitter(@Possi_Labo)までお知らせください。よろしくお願いします♪

印刷通販デジタDIGITAで印刷依頼したキャンプステッカーが届きました!

作成したのは、白と黒の2バージョン!

デザインデータを公開

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿,いくら

※データ作成上の都合で、白文字印刷の下の画像は背景が黒になっています。

印刷注文後、約1週間で届きました!

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

100枚束になって、綺麗に包装されていますね!

100枚+10枚で届きました!

おまけの10枚も嬉しいですね

100枚束の他に10枚ずつのステッカー。試し印刷されたものでしょうか。

注文数が100枚で110枚貰えるので、得した気分です。

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

上の黒文字は、5✕10cm。下の白文字は、4×10cmで作成しました。

屋外用の耐水フィルム素材ステッカーで、背景が透明になる「透明塩ビ」に光沢ラミネート加工ありで注文。

その他の設定と注文価格については後ほどご紹介します。

文字の色だけではなく、白の方にはカメラとRECの文字を入れ、デザインも少しだけ変えてみましたよ!

さっそく1枚は車へ!

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

防犯カメラ作動中!!?

Keitan’s Campでは、SONYα7sⅢで絶景を撮影しYouTubeで公開中。

Keitan’s Campと言えば、カメラ、動画撮影ということで、カメラ&録画をイメージさせるデザインにしました。

このように、車に貼っていただければ、「防犯カメラ作動中!」という意味も込めてデザインしたものです。

必要なければ、カメラ部分はご自身でカットしてご活用ください笑

どちらにも対応できる要素を含めたオリジナルのキャンプステッカーです!

Keitan’s Campを知らない方へPR

このブログを運営しているポジラボでは、北海道キャンプの魅力を伝えるYouTubeでも発信中!

北海道ならではの絶景と四季折々の美しい景色でキャンプを楽しんでいる様子をお伝えしているので、お時間があれば、ぜひYouTubeもチェックしてくださいね♪

■Twitter:https://twitter.com/notifications
■Instagram:https://www.instagram.com/keitans_camp/

キャンプステッカーの解説に戻ります!

印刷通販デジタにしてよかった!DIGITAがおすすめの7つの理由

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

実際に他社とのサンプルを比較してデジタを選んだのですが、結果、価格も仕上がりも対応も大満足!

これから印刷を依頼するなら、印刷業者デジタがおすすめですよ!

おすすめの7つの理由について解説します

【理由①】価格が安い 1枚約52円で作れました!

サイズや印刷の注文内容によって価格は変動するため、あくまでも参考になりますが、写真にあるキャンプステッカーは100枚、100枚の合計200枚注文で、1枚あたり52.4円で作ることができました。

素材によってはさらに安く仕上げることも可能ですが、周りの人へお配りするステッカーですし、ある程度しっかりした素材で作りたいですよね。

それでも1枚50円前後で作れるなら、業者依頼もありではないでしょうか。

白塩ビや透明塩ビで制作したシールは、屋外使用でも耐久性が高く、仕上がりも綺麗なのでおすすめですよ!

デジタで、5✕10cmのステッカーを1枚のみの注文だと1600円。
しかし、100枚のまとめ印刷にすると、約6000円で制作が可能。
デジタの場合は1枚から注文できますが、価格のことを考えてもまとめ印刷がおすすめ!
印刷枚数も100枚単位ではなく、自由に決めることができます。

【理由②】少ない枚数でも印刷依頼が可能

デジタと最後まで迷ったのが、アドプリント。

アドプリントは500枚以上の注文で格安になるのがウリの業者です。

500枚印刷だと、1枚50円以下で制作できるのですが、500枚印刷となると、一度の注文で2万円を超えます。

2万円を超える注文して思うようなステッカーにならなかったら…という思いもあり、アドプリントでの印刷は断念。

デジタは、100枚印刷だと約6000円で印刷できる手軽さが良かったです。

デジタは、印刷用紙設定などを節約すれば、白塩ビで約5000円で100枚制作することも可能です。

【理由③】サンプルが多数あるためイメージが湧きやすい

失敗したくないなら、無料サンプル請求がおすすめ!

サンプルを3社から取り寄せし比較したのですが、印刷注文する際のラミネート加工ありと無しの違いまで比べられるサンプルの数だったのがデジタでした。

印刷用紙の素材だけ知りたいのでしたら、他の業者でもOKですが、デジタなら光沢ラミネートってどんな感じ?まで詳しく確かめることができますよ!

このサンプル量は他社に比べても圧倒的でした!

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

【理由④】HPで注文の見積もりが可能で安心

HPが充実しており、各素材の特徴や耐久度もわかりやすく書かれていました。

注文には、用紙を選択するだけではなく、ラミネート加工あり・なしなど細かい設定が必要です。

注文サイズによっても価格が変わるため、希望するキャンプステッカーが結局いくらかかるのかは絶対に注文前に知っておきたいこと。

注文価格を、メールで問い合わせせずに、HP上で算出してくれ、請求額がその場で確定されるのは安心材料の一つ。

もし間違った設定で注文し、カード決済しても、内容を確認したあとにカード決済されるので、万が一変更があっても大丈夫です。

【理由⑤】比較的印刷が早い

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

印刷希望日数を選択することができ、納期を短く設定すると料金は高くなります。

制作期間に余裕があれば、それだけ安く制作することができますよ。

私は営業7日印刷で依頼。祝日を挟む配送の日程だったのですが、注文時に知らされた到着予定日よりも2日早く届きました。

【理由⑥】分からないことは電話で確認可能

今回の印刷にあたって、透明塩ビはやや入稿データが複雑…

それもあって、注文前にカスタマーサポータへ問い合わせ、注文の仕方を電話で確認しました。

入稿データが心配な方は、注文時に「電話確認希望」と備考欄に記入すれば、最終確認ができるというお話だったので、「電話確認希望」と入力して注文を確定。

入稿翌日には、データの内容を確認する電話が午前中にかってきました。

結局、一部データの修正が必要だったのですが、それもデジタの方で対応して解決できたので、注文時の日程で印刷することができました。※費用にも変更がありましたが、対応してもらえました。

【理由⑦】仕上がりが綺麗!

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

仕上がりについては、印刷後にしか言えないことですが、大満足!

印刷用紙も厚みがあり、安っぽさはありません。

もっと安く注文することも可能ですが、印刷面も綺麗で、耐久性も良さそうなので、デジタのこの用紙で注文して良かったです!

★信頼が一番!★
注文する場所を決める前には、評判や実績、口コミは気になります。
デジタは、キャンプステッカー以外にも様々な印刷を請け負う大企業。顧客実績が多い業者で、対応も非常に良かったです。
過去に利用した人の情報発信もあり、参考にするデータがあるのは安心ですよ!

キャンプステッカー制作ににかかかった費用を公開!

今回デザインは、フォトショップを使用して自作しました。

デザインをプロに依頼する場合は別途費用がかかる場合があります。

印刷業者でも無料素材が用意されているので、そちらを活用すると費用はかかりません。

デジタの印刷依頼設定は…

白文字キャンプステッカー4✕10cm

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
見えにくくてすみません…
  1. フィルム素材ステッカー(耐水)/透明塩ビ
  2. 4✕10cm 40平方センチ以内
  3. 強粘着
  4. 光沢塩ビラミネート
  5. ホワイト使用
  6. 40パス以内
  7. 四角形裁ち落とし
  8. 7日営業日
  9. 100枚印刷

白キャンプステッカー4✕10cmは、100枚で5,402円でした。

黒文字キャンプステッカー5✕10cm

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
  1. フィルム素材ステッカー(耐水)/透明塩ビ
  2. 5✕10cm 50平方センチ以内
  3. 強粘着
  4. 光沢塩ビラミネート
  5. ホワイト使用
  6. 40パス以内
  7. 四角形裁ち落とし
  8. 7日営業日
  9. 100枚印刷

黒キャンプステッカー5✕10cmは、100枚で6,128円でした。

「ホワイト仕様」設定の注文ミスがあって修正が入りました

最初の注文ではこちらの価格

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿
デジタ印刷注文画面より

001は、ホワイト使用なし設定で注文したのですが、注文後、ホワイト使用が必要ということで価格は変更になりました。

※ホワイト使用ありなしの細かい印刷注文の仕方については、別記事で紹介する予定です。

※これらの条件が異なる場合、費用は変わりますのでご注意ください。
※デジタポイントも付与されます。

100枚、100枚合計200枚の注文で11,530円

■白文字バージョン(4×10cm)100枚:5,402円
■黒文字バージョン(5×10cm)100枚:6,128円

サイズが少し小さいこともあり、注文番号「001」の白文字ステッカーが5,402円、「002」の黒文字ステッカーが6,128円。

合計11,530円になりました。

それぞれ10枚ずつ追加され、220枚届きましたので、1枚なんと52.4円!

合計金額の11,000円超えは高く感じるかもしれませんが、1枚あたりの価格を見るとありですよね!

何より、前回記事にも書きましたが、キャンプステッカーにより新たな繋がりが楽しめるかもしれません。

ワクワク感が同時に届いた気分です♪

白塩ビで注文する場合は、比較的簡単なのですが、私が今回作成した透明塩ビは、より綺麗に印刷するために「ホワイト使用」での入稿データ必要でした。
そのため、フォトショップでの印刷設定ががやや複雑に。
普段からフォトショップを使用している私達でも初めての印刷設定に戸惑いました。
透明塩ビ以外では、レイヤーなどの複雑な指定は減りますので、より簡単に印刷したい方は、「白塩ビ」での印刷をおすすめします!

スポンサーリンク

【まとめ】初めての印刷業者注文 イメージどおりに制作できました!

初めて注文する方は、サンプル請求がおすすめですよ!

3社比較も無料 楽しく決められました

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

イメージどおりの厚さ、丈夫さを知るためにも印刷サンプルがあると安心。

注文時に色々と設定事項を選ばないといけないのですが、サンプルはその参考材料になります。

サンプルを請求することで、その業者の雰囲気や対応も感じ取れますし、後から後悔のない業者選びをしてくださいね!

さて、このステッカーを持ってどこへ行く?どこに貼る?

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

このステッカーを貼っている車を見たら嬉しいんだろうな…

キャンプステッカー,オリジナル,自作,印刷業者,おすすめ,ブログ,デジタ,DIGITA,サンプル,注文,価格,値段,口コミ,印刷方法,入稿

限定200枚のKeitan’s Campステッカー。

今後どのようにお配りするか決まりましたら、Twitterで報告したいと思います。

まだお配りもしていないので、先のことになると思いますが、もしKeitan’s Campステッカーを貼っている人を見かけたら、「あの記事でみたKeitan’s Campのステッカーだ!!」と思ってくださいw

みなさんも、キャンプステッカーを制作して、他の方と交換したり、好きな場所に貼って楽しんでくださいね。

ポジラボan

Keitan’s Campの右下にある「By Possi-Labo」。今回はカッティングシールにしなかったので、入れました!
オリジナルは自己満足(?)的なものがありますが、少しでもご視聴頂いている方、応援してくださっている方に愛着を持って使ってもらえたら嬉しいです。

今回のこの記事を通して初めてポジラボやKeitan’s Campを知ったという方がいましたら、ぜひ今後とも北海道キャンプ発信のメディアですので、どうぞよろしくお願いします!

■Twitter:https://twitter.com/Possi_Labo
■Instagram:https://www.instagram.com/possi.labo/

この記事が役立った!という方は、ぜひシェアしていただけると嬉しいです♪

ステッカーでカスタマイズを楽しみたい方へおすすめの記事です!

ブログ「Possibility.Labo*ポジラボ」では、北海道のキャンプ場やキャンプギア情報を発信しています!

愛用中のおすすめキャンプギアを多数紹介しています!

Rakuten広告

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!