キャンプアイテム

パラコードの使い道は?キャンプアイテムをお洒落にアレンジしよう!

あなたは、パラコードを知っていますか?

これがパラコード
正しくは「パラシュートコード」

正しくは、「パラシュートコード」と言って、パラシュートのサスペンションとして使用されていた軽量のナイロンカーンマントルロープを指します。

名前は知らなくても、それなら知っているという方もいるかもしれませんね!

キャンプを始めてる方なら、テントの張り綱としても馴染みがあるロープだと思います。

パラコードは、吸湿性が低く、速乾性に優れたナイロンやポリエステルで作られたものが広く使用され、雨が降ったあとでもすぐ乾き、カビないのが特徴です。

私のは、テンマクのサーカスTCテントの張り綱の色を白から赤へアレンジするために、Amazonで購入しました。

パラコードで検索すると、編み方、結び方、使い方の紹介がいくつも出てきます。

パラコードは、ストラップやブレスレット、キーホルダーやペット用の首輪やリードなどに使われ、最近では、100円ショップでも販売される人気商品です。

本来パラコードは、ロープとして使われているものですが、今ではアレンジの方がより広く使われているのかもしれません。

今回は、まだパラコードを持っていないという方へ、パラコードの使い道や、持っているキャンプアイテムがよりお洒落に、そして使いやすくなるというカアレンジ例をご紹介します!

また、パラコードを買ったら30mもあって、まだたくさん余っているから、何かに活用したいという方にも参考にしていただける内容です。

意外と気づかない活用方法がありますので、ぜひお試しください!

パラコードは何に使うの?意外としられていない使い道とは?

用途1:テントやタープの補助ロープの役割を果たします

かなやま湖畔キャンプ場
テントの赤い張り綱見えますか?
判官館森林公園キャンプ場
タープにも使います

テントやタープをきれいに張るために必要なのが、張り綱。

タープのせり上げ方を変えて楽しみたい時に、ロープが足りない…ということはありませんか?

ピンとロープを張らなければ、テントやタープも歪んだり安定しなかったりします。

パラコードは、補助ロープとは言えども、重要な役割を果たしてくれます。少し余分に持っていると、何かと役に立ちます。

用途2:物を干す時に大活躍!

木があれば幹と幹の間に、木がなくてもポールがあれば、すぐに寝袋などが干せる、即席の物干場が完成します!

これほどたくさんかけてしまうと、普通はたるんでしまうのですが、テンションがかかる結び方をすると大丈夫。

天気が良ければ、寝袋、マット、テントも干したいですね!

用途3:保護・補強対策ができます

キャンプをする方なら、薪割りのために斧を持っているという方も多いのではないでしょうか。

斧は使い込むと、柄の根元の部分にも木が当たってしまうため、斧の持ち手部分を痛めてしまいます。

刃が大丈夫でも、柄が壊れてしまっては、斧は使えなくなってしまいます。

上の写真のように、何度も当たってしまう根元の部分をパラコードで保護しました。

保護してから約1年。パラコードが少しずつ擦れてきてしまっていますが、それは、柄を守った証拠でもあります。

また新しく巻き直せばいいので、斧を長持ちさせるために、パラコードを巻いておくといいですよ!

用途4:電熱保護対策ができます

シェラカップの持ち手に付けました

シェラカップに珈琲を入れて温めなおしたり、牛乳を入れてミルクティーをつくることができます。

飲み物に限らず、シェラカップは、直接火で温めることができるので、大変便利です。

しかし、持ち手まで熱くなってしまうのが難点。

そこで、パラコードが役に立ちます。

写真のように保護すると、素手でも持つことができますし、滑り止めの役割も果たしてくれます。

☆合わせて用意したいキャンプアイテム☆

コベアキューブKoveaCube
そのまま温められるシェラカップは
1つあるだけで かなり便利!

用途5:色を統一してお洒落にカスタマイズ!

サーカスTC

購入当初、テンマクデザインサーカスTCの張り綱は白でした。

自在金具の赤と合わせて、張り綱も赤にしたい!ということで、5本の張り綱を赤のパラコードに変更しました。

自在金具での調整もしっかりとでき、すでに2年、劣化なく使用できています。

実は、新しくサバティカルのテント、スカイパイロットTCを購入したので、張り綱をアレンジしようと黒のパラコードを購入したのですが、自在金具を使ってうまくテンションがかけられませんでした。

パラコードの素材が滑りやすいのか、それとも自在金具に対して細すぎるのかなど、現在原因を探っているところです。

もしわかりましたら、こちらに追記していきたいと思います!

どのパラコードでも、太ささえ間違えなければ大丈夫!という訳ではなさそうですので、ご注意ください!

用途6:反射材が入りがキャンプにおすすめ!

白い模様部分が 光ります

これまで購入したパラコードは、全て反射材入のものを選んでいます。

凄く光を反射させるというわけではないので、キャンプ場で夜、テントの張り綱によく引っかかってしまうのですが、それでも少しの効果は見込めます。

新しく買ったパラコードの反射材は、特に光を当てると反射することがわかりました。

用途7:扱いやすくそして目印にも!

エリッゼのペグには穴があるので、そこにパラコードを通すことができます。

持ちやすくするためだけではありません。

暗い時に、ペグが見えにくいと思うことありませんか?

暗がりで地面にあるペグを探すのは大変。地面に刺さったまま忘れられているペグをよく見かけます。

☑ペグを見つけやすくする
☑他の人のペグとの見分けるための目印

お洒落のために通している訳ではなく、目印として必要なんです。

よくペグをなくしてしまうという方いませんか?

今使用しているペグが減って困っている方、ペグは穴付きのものを用意し、パラコードを通して目印を付けましょう!

☆合わせてチェックしたいキャンプアイテム☆

穴があるエリッゼのペグは、長さも選べて使いやすいですよ!

抜けにくいペグと打ちやすいハンマーはテント設営の効率を格段にアップしてくれる重要アイテムですよ。
ぜひ使いやすいものを選んで使用してくださいね!

用途8:ストラップの材料に!

紐を通せる穴がちょうどよくあります。ちょっとお洒落にしたいということで、ストラップも製作しました。

斧の根元のパラコードと同じ種類のものを使えば、よりスタイリッシュになりますね!

この編み方をマスターしたら、他のものにも色々使えそうです。

この他にもカメラ用にストラップを作りました。

キャンプで焚き火をする人の必需品!

パラコードを買う時のポイントは?どこで買えばいいの?

ポイント①芯の数→強度

パラコードを購入する時に、必ずチェックしてほしいことが、「耐荷重」。その耐荷重を支えるのが、中に入っているナイロン製の内芯と呼ばれるものです。

上のものは9芯なので、9本入っています。

その他、3芯、5芯、7芯など種類は豊富にあり、耐荷重250〜280kgのものも多数あります。

Amazonや楽天などのインターネットで購入する際は、硬さなど触って確かめられないので、この芯数もヒントにしてみてくださいね。

ポイント②太さ

テントやタープの張り綱として使用する場合、自在金具に通すこともあると思います。

直径Φ3mm、4mmなどの違いで使用感も変わってきます。すでに持っているロープの太さを調べるなどして、必要な太さを確認しましょう。

直径2mmのものは、耐荷重は100kg以下と強度は下がります。

アレンジ用としてはよいのですが、強度を望むなら3mm以上のものを選ぶなど、用途にあったものを購入しましょう。

ポイント③反射材入りがおすすめ

無地もいいけれど
実用性を望むなら反射材入り!

パラコードに入っている白い模様は、反射材の役割を果たしています。

キャンプ場で使いたいという方なら、夜の暗いところでも見やすい方がいいですよ!

街頭の明かりくらいだと、反射はあまり感じませんが、ヘッドライトの明かりを向けると凄く反射している様子がわかりますよ!

実際に購入してよかったパラコードは?

赤のパラコードは、サーカスTCの張り綱に使っています。すでに2年使用していますが、劣化は感じられません。

赤と緑色のパラコードは、色々なキャンプギアのアレンジにも使いました。

黒系のパラコード3種類は、最近買いました。

太さも芯数もメーカーも違うものを買ったのですが、ものによって全然違う!

芯が少ないものは、少しゆるい感じがして、触ってつぶすとごわごわしているかんじです。

キャンプ用に使うなら、強度の良い7芯か9芯のものをおすすめします!

販売店で探すのは大変!ネット購入がおすすめです

色々な太さ、色、メーカーがあるので、ネットで希望のもを選ぶのがおすすめ!

反射材入で、7芯で、黒で、とある程度欲しいものが決まったら、ネット購入がおすすめです。

ただし、在庫切れのことも多く、「黒で反射材入のものが、昨日まであったのに、ない!」とネットでさえ、探すのに苦労しました。

意外と入れ替わりの早い商品なのかもしれませんね。

上に紹介するパラコードも、常に取り扱いがあるかはわかりませんので、ご了承ください。

実際にカスタマイズしてみた例

パラコードでアレンジしたアイテムを集めてみました!

テンマクデザインサーカスTCとタープのコネクター

サーカステントのてっぺんに乗せて、タープと連結するために使用しているコネクターです。

100円ショップの園芸品として購入したフレームなのですが、テントの布地と触れるときに擦れてテントを痛めてしまうので、フレーム保護にパラコードを巻きつけました。

さらに上の部分は編んでいるので、伸縮性があり、センターポールがうまく支えられるようになっています。

このコネクターも1年以上使っていますが、パラコードに劣化はなく、テントとも相性よく使えてます。

斧の保護&ストラップ

用途でも説明した斧の保護とストラップです。

シェラカップの持ち手に

持ち手アレンジ、かなりいいです!

でも、パラコードに直接炎を近づけてしまうと、パラコードは溶けてしまうので、ご注意ください!

ペグの目印

赤8本、緑8本。管理するにも拾い上げるにも便利です。

先端は熱で炙って、ほつれないようにしています。

S字フック

100円で購入したS字フックのカスタマイズです。

ちょっとした統一感や、お洒落感がでますね。引っ掛けた部分が布地になっているため、滑りにくくもなっているようです。

こちらのS字フックのアレンジ方法を、下にご紹介します!

通すだけ簡単S字のアレンジ方法をご紹介!

あるサイトで紹介されていたので、私も作成してみました!

道具と材料があれば5分かからずできますよ。

用意するもの

  • ライター
  • はさみ
  • 工作マット(作業できる場所)

材料

  • S字フック
  • パラコード

製作の流れ

  1. S字の上にパラコードを乗せ、長さを計りとる
  2. S字よりも2㎝長めにパラコードを切る
  3. パラコードの芯を抜く
  4. パラコードにS字を通していく
  5. S字の両端の余分なパラコードを熱で溶かして閉じる
  6.   完成!!

S字のパラコードカバー製作方法

①S字の上にパラコードを乗せ、長さを計りとる
②2㎝ほど長くパラコードを切る
③パラコードの芯を抜く
④パラコードにS字を通す
⑤両端のパラコードを溶かして閉じる

ポイントは


両端を溶かす前に、片方を閉じた後、少し引っ張ります。

すると、S字にぴったり。

予め引っ張らないとゴワゴワしてしますので、片方を閉じた後に必ず引っ張ってください!

完成です!

おわりに パラコードでオリジナルのキャンプギアへ!

パラコードは多少、水を含みますが、乾燥させれれば大丈夫です。

シェラカップは食品を入れて汚れますが、巻きつけあるパラコードも一緒に洗ってOKです。

乾かしてもう1年以上使っていますよ。

パラコードは、1巻買えばかなりの長さがあります。

補助ロープとしてとっておくほかにも、アレンジにも使ってみると、自分のキャンプギアにもより愛着が湧きますよ!

あなたの用途にあわせて、ぜひパラコードを購入してみてくださいね。

合わせてカラビナもあるとキャンプに役立ちます!

自在金具があると長さ調整が簡単

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『Possibility.Labo*ポジラボ』では、北海道の絶景やあそびをお届けしています。


ポジラボan

最新情報は、Twitterでも発信しています!

気になる方は、ぜひ、ポジラボan(@Possi_Labo)をフォローしてくださいね!

 

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!