キャンプアイテム

【キャンプ初心者向け】焚き火必須アイテム&みんなは何を使っている?にお答えします

キャンプの楽しみの一つが、焚き火。

寒い季節は身体を温めてくれますし、暗闇の中で見る炎は、いくらでも見ていられる癒やしを与えてくれます。

初心者キャンパー

キャンプ場で焚き火がしたいけど、何を買って用意したらいいのかな?

色々な焚き火台があり、価格も様々なので、何を買ったらよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

手軽に使えるもの、料理も楽しめるもの、大きな炎で暖房として使えるものまで、本当にたくさんの種類があります。

この記事では、これから焚き火のためのキャンプ道具を揃えたいという初心者の方向けに、これだけあれば焚き火が楽しめるという「焚き火必須アイテム」をご紹介します!

an先生

焚き火アイテムによって、あなたのキャンプの楽しみ方が全く違うものになりますよ。

今回は必須アイテムをご紹介しますね!

焚き火を楽しむための必須アイテム

①焚き火台

②耐火グローブ・革手・軍手

③火ばさみ・薪ばさみ・トング

④ガストーチ

⑤斧・ナイフ

⑥プラスワンアイテム

⑦薪

必須アイテム①焚き火台

ここでは、私が愛用しているアイテム4選と、今注目の人気焚き火台をご紹介します!

初心者におすすめ①ファイアスタンド焚き火台

ファミリーパーク追分オートキャンプ場焚火
商品名kalili
ファイアスタンド焚き火台
価格1,668円
サイズ41.5✕41.5✕H30cm
収納サイズφ6✕65cm
重量約900g
材質メッシュシート:特殊耐熱鋼
スタンド:ステンレス鋼
付属品600オックスフォードクロス収納ケース

ファイアスタンド焚き火台は、安くて、シンプル。なのに、よく燃えて、THE焚き火という炎が楽しめます。

おすすめポイント

  1. 価格が安い!
  2. 組み立てが簡単
  3. コンパクトに収納できる
  4. 軽量
  5. メッシュシートは通気性抜群。良く燃える。火起こしが簡単
  6. メッシュシュートを交換購入することができる
  7. 目が細かいため、火や灰が下にほとんど落ちない

知っておきたいデメリット

  1. 大きい薪は乗せられない
  2. メッシュシートはいずれ交換が必要かも

価格が安いので、初めて買うという方には、かなり手軽に始められるおすすめ焚き火アイテムです。

初心者におすすめ②ロゴス(LOGOS)ピラミッドTAKIBI [M]

調理器具
調理器具
商品名ロゴス(LOGOS)
ピラミッドTAKIBI[M]
価格8,470円
サイズ36✕35✕22cm
網:35✕35cm
収納サイズ35✕19.5✕7cm
重量約2.2kg
材質ステンレス・スチール・ポリエステル
付属品本体・焚き火五徳
ワイヤーロストル
収納バッグ

バーベキューコンロと2WAYSだから、お得!

※旧型は五徳なしでしたが、新型は五徳がセットになっています。網は別売りで購入したものを使用しています。

おすすめポイント

  1. 収納がコンパクト
  2. 組み立てが簡単
  3. BBQと焚き火の2WAYS使いができる
  4. 安定している

知っておきたいデメリット

  1. 大きな薪が入らない
  2. BBQの炭を入れ替える手間がかかる

ティピー型と呼ばれる薪を立てて燃やす焚き火向けなので、市販の長めの薪を乗せて焚き火するのは、少々難しいです。

薪が倒れてこないように、焚き火台から目を離さないださいね。

初心者ファミリー向けです!

ロゴスのピラミッドTAKIBI[M]は、キャンプを初めてまだ道具が少なかった頃に、使っていたコンロです。

1人、2人でバーベキューするにはコンロとしては大きく、焚き火台としては小さいという、ややサイズに困る感じもあり、今はあまり使用していません。

荷物をなるべく少なくコンパクトにしたいという、ファミリー向けの焚き火台ですよ。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,470 (2020/02/27 14:41:07時点 Amazon調べ-詳細)

調理好きにおすすめ③ユニフレーム(UNIFLAME)薪グリルラージ

タークフライパンおすすめ調理器具
商品名ユニフレーム(UNIFLAME)
薪グリルラージ
価格18,500円
サイズ約68✕40✕40cm
収納サイズ約35.5✕56✕8cm
重量約4.6cm
材質ステンレス鋼
付属品収納ケース

ユニフレームの薪グリルラージは、大きな薪が乗せられて、焚き火を調理にも使えるので、かなり使える焚き火台ですよ!

おすすめポイント

  1. 焚き火調理ができる
  2. 大きな薪も入る
  3. 反射板があるので暖もとれる
  4. 組み立てが簡単
  5. 格好良い!

知っておきたいデメリット

  1. 値段が高い
  2. 収納性は他のものと比較すると△
  3. 焚き火観賞よりは調理や暖房向き

ユニフレームの薪グリルは3種類があります

  • 薪グリルソロ
  • 薪グリル
  • 薪グリルラージ

薪グリルは、焚き火を調理にも活用する進化系の焚き火台です。

ソロキャンプ用としては、薪グリルソロが大人気。

調理としても使いたい方なら、ラージがおすすめです。理由は、同時調理が可能ですし、左右で炎の大きさを変えて火力調整もすることができるからです。

調理を楽しみたい方へおすすめ!

キャンプと言ったら、炭と肉と野菜でバーベキュー!というイメージが多いかもしれません。

しかし、夏以外にもたくさんキャンプしたいという方はどうですか?毎回、焼き肉ですか?

鍋料理や炒め料理をするなら、焚き火の強火を使って調理ができます。

炭や網、BBQコンロは持たずに、薪だけ用意すれば、あれもこれも持たずに行けるのも楽ですね。

薪ストーブを使う冬キャンプ以外は、ほとんどこの薪グリルで焚き火&調理を楽しんでいます。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥24,800 (2020/02/27 14:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事でチェックしてくださいね!

ソロキャンにおすすめ④キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)バーベキューコンロ焚き火台B5型

北海道厚真大沼野営場

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)バーベキューコンロ焚き火は、薪グリルをぎゅっとコンパクトにした、焚き火台としてもコンロとしても使用できるものです。

焚き火写真がなかったので、焼き肉中の写真ですみません。

商品名キャプテンスタッグ
(CAPTAIN STAG)
バーベキューコンロ焚き火台
B5型
価格3,349円
サイズ約25✕18✕H25.5cm
収納サイズ約27.5✕18.5✕4.5cm
重量約1.4kg
材質ステンレス鋼・鉄・ポリエステル
付属品本体・炭受け・ゴトク
網・目皿・収納バッグ

※よりコンパクトなB6型もあります。

おすすめポイント!

  1. コンパクトなので持ち運びが楽
  2. 薪を使わずキャンプ場で拾った小枝で楽しめる
  3. 調理ができる
  4. ソロキャンプの楽しみに

知っておきたいデメリット

  1. 小さすぎて物足りなさを感じる方も…
  2. 炭が少ないと火力が大きくなりません

ソロキャンプがブームになり、車を使わず自転車やバイク、電車を使ってキャンプへ行く人も増えています。

最小限の荷物でキャンプを楽しみたい、でも焚き火も焼き肉もしたい!という方におすすめです。

たたむとかなりコンパクトになるので、私はいつもキャンプ場に持って行っています。

コンパクトな台で少しずつ焼いて食べるお肉が美味しい!

食べたあとに、拾い集めた小枝で焚き火遊びも楽しいですよ!

おすすめ人気商品⑤今注目の焚き火台はこちら!

ピコグリル

超軽量ピコグリル焚き火台が大人気!

なんと398g。シンプルで格好いいですよね。

created by Rinker
ピコグリル
¥17,200 (2020/02/26 22:13:21時点 Amazon調べ-詳細)

でも価格が…

まずは類似品で試してみる、というのも良いかもしれません。

ソロストーブ

最近気になっている人気のストーブ。

かなり火力が強く、見て楽しむというよりも暖が取れるまさにストーブです。ただ、大きいので、車載の関係で手が伸ばせていません。

created by Rinker
Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥36,300 (2020/02/27 14:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも価格はお高め…

コンパクトで調理も楽しめるタイプもたくさんありますよ!

初心者キャンパー

自分のキャンプスタイルに合わせて、お気に入りが見つけられればいいのか〜

始めは、他のキャンプ道具も買いたいし、手頃に買える安いものにしようかな。

上級者向けの薪ストーブ!

薪ストーブに、いずれ挑戦したいという方もいるのではないでしょうか。

寒い季節、テントの中で焚き火が楽しめる薪ストーブは、私にとっても憧れでした。

いつかのために、知っておきたい焚き火アイテムです。

直火禁止のキャンプ場が増えています

直火も楽しめるキャンプ場がありますが、多くのキャンプ場は「直火禁止」。

自然への影響を考えても、土や草を焦がさず灰を残さない焚き火台を使用しましょう。

また、焚き火台があるから大丈夫、という訳ではありません。

焚き火台の下は、かなり熱くなります。

焚き火台は高さがあると便利です

高さを出すために、ブロックが用意されているキャンプ場もありますので、必要に応じて使用しましょう。

「キャンプ場によっては、◯cm以上の焚き火台をご使用ください」という規約がある場所もあります。キャンプ場の約束を確認してくださいね。

必須アイテム②耐火グローブ・革手・軍手

安全対策として必要です

始めは、家にある軍手からスタートしてOK。

ただし、焚き火による火傷を防ぐためにも必ず用意しましょう。

持ち手が熱くなる鍋やフライパンを使用する際にも、絶対に必要です。

滑り止めのついた軍手はNG!

耐熱素材に特化している軍手なら大丈夫なのですが、よく市販で売られている滑り止め付きの軍手の使用は気をつけてください!

滑り止め部分が、熱で溶けてしまう事例があります。熱に強い綿か、革製のものを使用してください。

ちょっと硬いけれど革製が一番安心!

焚き火グローブといえば、革。熱に強い革製が安心です。

ただし、手にフィット感が少し劣ることと、硬いため、使い慣れるまでは使いづらいと感じる方もいるかもしれませんね。

キャンプ以外でも使いたいなら軍手も便利かも…

耐熱性に優れた軍手が販売されています。1組でこの価格?というものもありますが、汚れたら洗濯することができ、手にフィットすることを考えると、耐熱性の軍手は優秀ですよ!

永く愛用していきたいならお気に入りを用意しましょう!

永く使うなら、多少高価でもお気に入りの物を購入しませんか?

何年も使い込んだ革手、味わいが出て格好良くなりそうですね。

必須アイテム③火ばさみ・薪ばさみ・トング

タークフライパンおすすめ調理器具

100円ショップのトングでもOK

トングや火バサミなら、100円ショップにあるものでも十分です。

柄の長いものを使用しましょう。火が近いと熱いので、長さが重要です。

ただし、安いものは重いものがつかめない、つかんでもすぐに落ちてしまうという場合もあります。

もっとつかみやすいものがほしいという方は、キャンプ用の薪バサミを使いましょう!

薪ストーブ用に使用しているのはこちらです

テンマクデザインウッドストーブサイドヴュー薪ストーブ

created by Rinker
大五郎(Daigoro)
¥231 (2020/02/27 14:41:10時点 Amazon調べ-詳細)

凄く使いやすいかと言われるとそうでもありませんが、コンパクトで安いのが魅力。

薪を入れたり、ずらしたりするのは十分です。

お気に入りのアウトドアブランドのものはいかがですか?

滑らない仕組みになっているものは断然使いやすいですね。

必須アイテム④ガストーチ

タークフライパンおすすめ調理器具

奥まで入る 柄の長いライターを用意しましょう

チャッカマン

100円ショップでも購入できますが、風に強いタイプ、注入式の繰り返し使えるタイプがあります。

SOTO スライドガストーチ

SOTOのスライドガストーチは、ノズルが伸びるので、ライターよりもずっと楽に着火ができます。

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥2,200 (2020/02/26 22:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

そして、使用しない時に、ノズルが収納されてライターサイズになるのがとても便利です。

ただし、充填するガスをSOTOの純正にしなかったせいないのか、少々出が悪くなってしまいました。

充填できるので繰り返し使えるのがメリット。充填のガスには十分気をつけてご使用ください。

SOTOのフィールドチャッカーは便利です!

なかなか火が付かないというときに、ガスバーナー(フィールドチャッカー)を使用すると簡単!私が使用しているのは、こちらです。

created by Rinker
SOTO(ソト)
¥2,016 (2020/02/27 14:41:11時点 Amazon調べ-詳細)

寒い季節の焚き火なら、すぐに火を付けたいときもありますよね。ガストーチ(フィールドチャッカー)は、風も送ってくれるので、薪の火入れに効果抜群!

ライターやチャッカマンよりも、火入れの時短が可能ですよ。

スノーピークフォールディングトーチの火力が桁違いだった…

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥6,578 (2020/02/27 14:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピークフォールディングトーチは、威力が凄い!そして魅力は、液化ガスを使用しているので、寒さに強いということです。

寒い季節までキャンプする方の強い味方になってくれる、おすすめアイテムですよ。

必須アイテム⑤斧・ナイフ

テンマクデザインウッドストーブサイドヴュー薪

おすすめ①ハスクバーナー 手斧 38cm

ハスクバーナーは一流品!

商品名ハスクバーナー
手斧38cm
価格5,500円
サイズ38cm
重量0.6kg

created by Rinker
ハスクバーナ・ゼノア
¥5,500 (2020/02/26 22:13:22時点 Amazon調べ-詳細)

重みがないと、薪は割れません。このくらいの刃の大きさ、重さがいいですね。

始めに使っていた斧とは全然切れ心地が違いました。

節がある硬い薪は厳しいですが、大抵の薪はハスクバーナーの斧で割れますよ!

パラコードを巻くと柄を保護できます

パラコードガイロープ張り綱

おすすめ②モーラナイフ

パドリングのための必須アイテム

商品名モーラ・ナイフ
価格2,640円
ザイズ全長約22.4cm
刃:約10.4cm
刃厚:約3.2mm
重量ナイフのみ約101g

生産国はスウェーデン

プラスチックのケースが付属しています。

created by Rinker
Morakniv(モーラナイフ)
¥2,640 (2020/02/27 14:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

太い薪のままでは、火の付きが悪いので、薪の太さを大、中、小と用意します。

その時に必要なのが、ナイフ。

大きな斧を使って細く割ることはできません。

【おまけアイテム】火吹き棒・ふいご・送風機

おすすめ①火吹き棒

長さに注目!最長62cmまで伸びますよ!

バーベキューではうちわを使用するという方もいるかもしれませんが、焚き火でうちわを使用すると、灰が舞ってしまいます。

火吹き棒は、薪と薪の間の、ここ!という場所にピンポイントで空気を送り込むことができます。

長さの違いでたくさんあります

おすすめ②送風機

火吹き棒は、衛生的に気になるという方は、送風機もおすすめ。私も以前使用していました。

送風機はノズルに長さがありませんが、息を使わずに風をおくることができます。

送風時のモーター音が気になるかもしれません。

おすすめ③ふいご

ふいごは、それほど多くの風を送り込むことはできませんが、レトロで味わいがあっていいですね。

でも私の1番のおすすめは、火吹き棒です!

薪は種類や大きさで焚き火が変わります

冬の焚き火

毎回の焚き火費用がかかります

ホームセンターで買うと1束、500〜1,000円で売られている薪。

結構重いですし、すでに他の荷物が多くあるという方なら、準備も大変。

キャンプ場で、現地調達が一番楽ですが、売り切れてなかったら、焚き火ができません!悲しすぎますね…

キャンプ場に落ちている木は、雨で湿っていたり、生木と言われる水分がまだ残っている木。乾燥していない木は、焚き火には不向きですよ。

乾燥してない木を使うデメリット

  1. 煙がたくさん出る
  2. 火の付きが悪く、燃えにくい
  3. パチパチと火の粉が飛びやすい

乾燥した薪を用意するのは大切なことだとわかりますね。

薪の太さや長さにも注意して!

自分が持っている焚き火台の大きさに合った薪を、用意しなければいけません。

斧やナイフ、薪割り台があれば、割って太さは調整できますが、長い木は、のこぎりで切らなければいけないので、大変です。

燃えやすい針葉樹、長持ちする広葉樹などの木の種類もそうですが、特に薪の大きさには注意が必要です。

買う前に、薪の長さを確認しましょう!

薪の種類については、また別の記事で解説する予定です。

焚き火の魅力とはー

焚き火は、炭よりも技術が必要です。空気を送り込まないと消えてしまいますし、不完全燃焼すると煙が多く出てしまいます。

薪の並べ方を工夫したり、空気を送り込んで炎の大きさを調整。

パチパチと燃える音や炎の明るさ、そして温かさを感じながら過ごす時間は本当に贅沢ですね。

an先生

自分にあったキャンプ道具、焚き火アイテムを揃えて、ぜひキャンプ場で焚き火を楽しんでみてくださいね!

焚き火がもっと楽しくなるキャンプ道具もご紹介します!

今回は必須アイテムをご紹介しました。

次回は、なくても良いけれど、あるともっと焚き火が楽しくなるというアイテムをご紹介する予定です。

ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。<記事作成中>

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『Possibility.Labo*ポジラボ』では、北海道の絶景やあそびをお届けしています。

ポジラボan

ツイッターでも、ブログ更新情報を日々発信中♪

気になる方は、ぜひ、ポジラボan(@Possi_Labo)をフォローしてくださいね!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!