キャンプ場

北海道三石町道の駅に温泉&2つのキャンプ場!海浜公園&ふれあいビーチをご紹介!

北海道三石町の海岸沿いにある、「道の駅みついし」と海水浴場。

ここは、太平洋に沈む夕陽を見ることができる素敵な場所です!

三石ふれあいビーチ

実はこの道の駅みついしには、三石海浜公園オートキャンプ場と三石ふれあいビーチという2つのキャンプ場があります。

キャンプ場が2つ?と思う方もいるかもしれません。

私が利用したのは、三石ふれあいビーチ。ビーチという名称にも関わらず、こちらにもオートサイトがあるのです!!

しかも“宿泊は、昆布漁業体験を行うことが条件”という珍しいキャンプ場です。

この記事では、三石海浜公園オートキャンプ場と比較しながら、三石ふれあいビーチの魅力についてご紹介します!

以前まで海水浴場7月20日〜8月20日とありましたが、平成29年度より、三石海水浴場の遊泳は禁止されています!!

三石ふれあいビーチ

浅瀬での水遊びや砂遊びはできますよ。

「三石ふれあいビーチ」魅力まとめ

  • 海がすぐそば
  • 防波堤に囲まれた海水浴場がある
  • トイレが綺麗
  • 炊事棟が綺麗
  • コインシャワーがある
  • 広い駐車場がある
  • みついし昆布温泉蔵三まで徒歩圏内
  • 昆布漁業体験ができる
  • デイキャンプが1,020円でできる
  • オートサイト料金が海浜公園オートキャンプ場より安い
  • 利用者数が海浜公園オートキャンプ場より少ない

オートサイトの料金を比較してみると―

 三石ふれあいビーチ海浜公園オートキャンプ場
1区画料金2,570円 《電源なし》
+1人500円(漁業体験料)
5,240円 《電源あり》
サイト料金のみ
《例》
1家族(4人)
宿泊した場合
2,570円+1,000
3,570円
※漁業体験2名なら
5,240円

電源サイトにこだわらないなら、三石ふれあいビーチがお得!

それでは、詳しく三石ふれあいビーチをご紹介します!

三石ふれあいビーチ アクセス・駐車場

三石ふれあいビーチ
芝まで綺麗に整備されています

所在地&駐車場

北海道新ひだか町三石鳧舞132−2

アクセス

道央自動車道苫小牧東I.Cから日高自動車道→日高厚賀I.C→国道235号

  • 札幌から車で約2時間30分
  • 新千歳空港から車で約2時間
  • 苫小牧から車で約1時間45分
  • 帯広から車で約2時間30分
  • 富良野から車で約3時間
  • 襟裳岬から車で約1時間30分

お問い合わせ先 ※三石海浜公園とは異なります

0146-34-2588

三石ふれあいビーチ駐車場(みついしふれあい交流センター

みついしふれあい交流センター前に、三石ふれあいビーチの駐車場があります。

道の駅みついし駐車場横のゲートがある三石海浜公園オートキャンプ場の入り口とは異なりますので、間違えないでください!

苫小牧方面から来る場合、道の駅みついしより手前に入り口があります。「みついしふれあい交流センター」を目指してください。

みついしふれあい交流センターで受付をすると、オートサイト宿泊者は、柵を自分で外して、「パーキングサイト」へ入ります。

三石ふれあいビーチのオートサイトは、三石海浜公園オートキャンプ場の一部になっており、「パーキングサイト」と呼ばれる場所にあります。

2つのキャンプ場は、料金も受付場所も違うのですが、トイレやオートサイトに常設されているコンロは、三石海浜公園オートキャンプ場と同じ仕様でした。

なので、一見同じキャンプ場だと思うのですね!

受付時には、三石海浜公園オートキャンプ場のゲートを通るためのカードももらいます。※デイキャンプ利用では、ゲートのカードはもらえません。

三石ふれあいビーチの宿泊者も、道の駅みついしや昆布温泉「蔵三」へ車で自由に行き来することができます。

三石ふれあいビーチ 基本情報

三石ふれあいビーチ

所々に平らな石があって 座って海を眺めるのもいい!

海岸には防波堤があり、浅瀬の砂浜です。波打ち際では、小さなお子さんも磯遊びができます。

サイト近くは芝や遊歩道がとてもきれいに整備されています。海岸へも行きやすい高低差です。

利用基本情報

営業期間

 7月1日〜8月31日

電話受付時間

8:45〜17:00
※予約開始は6月21日

チェックイン

11:00〜

チェックアウト

11:00

デイキャンプ

9:00〜17:00

利用料金

※要予約

区分料金
デイキャンプ1サイト1,020円
キャンプサイト1サイト《電源なし》2,570円

昆布漁業体験料1人500円が別途かかります。宿泊者のみ体験可能で、宿泊する方は体験必須です!

施設・設備

  • オートサイト
  • フリーサイト
  • 椅子
  • トイレ
  • 炊事棟
  • ふれあい交流センター(受付)
  • コインシャワー

トイレ・炊事棟

三石ふれあいビーチ

こちらのトイレと炊事棟、三石海浜公園オートキャンプ場の敷地内のものを利用するんです!

ゴミ

ゴミ捨て場があるので、捨てることができます。

オートサイトは13区画

三石ふれあいビーチ
サイトの広さがすばらしい!

オートサイトは13あり、1区画ごとに車1台とコンロ1台、ブロックがあります。

しかも、1サイトの広さががすごい!グループキャンプに最適ですよ。

サイトは芝生!砂の心配はいりません!

砂浜が近くにありますが、テントサイトとは距離があり、テントに砂が入る心配もありません。

砂浜近いキャンプ場で、車やテント、道具に砂が入らないのはかなり嬉しい!

波音を聞きながら、とても快適なキャンプができましたよ。

芝生は、テントのペグも打ちやすくとても設営しやすかったです。

禁止事項

  • ペット持込み
  • カラオケ、発電機の使用
  • 焚火
  • 直火
  • 釣り
  • 遊泳

三石ふれあいビーチ&三石海浜公園オートキャンプ場比較

2つのキャンプ場の利用料金を徹底比較!

 三石ふれあいビーチ三石海浜公園オートキャンプ場
デイキャンプ1,020円 
1区画
オートサイト料金
2,570円《電源なし》
1人500円(漁業体験料)
【13区画】
5,240円《電源,上水道あり》
サイト料金のみ
【30区画】
バンガロー4人用なし13,160円
バンガロー身障者用なし13,160円
バンガロー8人用なし19,640円

※三石海浜公園オートキャンプ場のバンガローは計16棟あります。

ふれあいビーチのオートサイトは電源なし三石海浜公園オートキャンプ場のオートサイトは電源ありで上水道付きという違いもあり、価格に大きな差があります。

昆布採集漁業体験料が1人あたり500円追加

注意していただきたいのは、三石ふれあいビーチ宿泊には、昆布採集漁業体験料が1人あたり500円追加されるということです。

※高波などで漁業が行われない場合は、昆布採集漁業体験も中止となり、追加料金はかかりません。

1家庭1名以上参加することが、宿泊の条件となっています。

とても特徴的!面白いシステムですね!

三石海浜公園オートキャンプ場 基本情報

チェックインの時間帯や問い合わせ先、受付場所が、三石ふれあいビーチとは異なりますので、ご注意ください。

所在地

北海道新ひだか町三石鳧舞161−2

営業期間

4月第4土曜日〜9月30日

受付

道の駅みついし併設の三石海浜公園センターハウスで行います。

電話予約受付

8:45〜17:00
 ※予約開始は、4月第2水曜日

チェックイン

13:30〜17:00

チェックアウト

8:30〜11:00

施設・設備

  • オートサイト
  • バンガロー4人用
  • バンガロー身障者用
  • バンガロー8人用
  • トイレ
  • 炊事棟
  • ゴミ捨て場
  • コインシャワー
  • コインランドリー

三石海浜公園オートキャンプ場のバンガローサイトが大人気!

バンガローは、三石海浜公園オートキャンプ場にあります。

バンガローには、冷蔵庫、トイレ、シャワー、寝具も付いています。

三石海浜公園オートキャンプ場は、4月第2水曜日が予約開始なのですが、夏休み期間やそれ以外の土日祝日は、バンガローもオートサイトもあっという間に予約でいっぱいになるようです。

三石海浜公園オートキャンプ場の予約が取れなかったという方にも、三石ふれあいビーチはおすすめですよ!

私が宿泊した8月上旬は、三石ふれあいビーチはまだ空きがあり、とても静かでした。

お問い合わせ先

  1. 三石ふれあいビーチ
    0146-34-2588
  2. 三石海浜公園センターハウス
    0146-34-2333

最寄りのみついし昆布温泉「蔵三」情報

みついし昆布温泉「蔵三」

所在地

北海道日高郡新ひだか町三石鳧舞162

泉質

冷鉱泉(源泉10.4℃)
無色・無味・無臭循環ろ過式

種類

昆布湯、ジャグジー、水風呂、サウナ、舟形露天風呂

利用料金

大人440円
子ども140円
幼児 70円

お問い合わせ先

0146-34-2300

みついし昆布温泉「蔵三」は、客室16室、宿泊もできますよ!

各営業時間をチェックしよう!

みついし昆布温泉「蔵三」

10:00〜22:00

レストラン「旅篭」

ランチタイム  11:00〜15:00
ディナータイム 16:30〜21:00

特産品販売センター

4月〜9月 9:00〜18:00
10月〜3月 9:00〜17:00

おわりに 高波で漁業体験は中止…

昆布体験の様子をレポートできたらよかったのですが、私が宿泊した翌朝は波が高く、昆布漁が行われなかったため、漁業体験は中止になりました。

日高昆布を並べる体験は、そうできることではありません。

自分たちの生活に身近な昆布が、どのようにして生産されているのかを学ぶことができます。体験以降、昆布への見方が変わってしまいそうですね。

三石は海水浴場の遊泳が禁止に

平成29年から海水浴場の遊泳が禁止になったのは、非常に残念です。

それでも浅瀬で足を入れて歩いたり、砂遊びしたり、海を楽しむことはできます。

2つのキャンプ場の特徴を比べて、ぜひ家族みなさんのお好みのキャンプ場をご利用ください。

私は電源サイトにこだわらないので、人が少なめの三石ふれあいビーチがおすすめですよ!

同じく海浜公園キャンプ場に行きたい方へご紹介!

キャンプ場をお探しの方へおすすめの記事!

参考リンク

新ひだか町 −三石海浜公園オートキャンプ場・三石ふれあいビーチ−

みついし昆布温泉「蔵三」

北の道の駅 −みついし−

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!