北海道の絶景 と あそび と 美味しい を 届けます!

ニセコサヒナキャンプ場予約はお早めに!焚き火と冬が楽しいキャンプ場

2019/11/07
 
ニセコサヒナキャンプ場
この記事を書いている人 - WRITER -
北海道在住。登山歴15年以上。春夏秋冬、北海道の四季を味わうキャンプの魅力にはまる。雷雨の日も、氷点下18℃まで冷え込む真冬のキャンプ経験もあり。朝陽、夕陽、星空、北海道の大自然、絶景スポットを写真とともに「Possibility.Labo」からお届け! あなたの明日の楽しみが広がる情報を発信をします!日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター取得

今回は、“凄くよかった!”、“絶対また行きたい!”というニセコにあるニセコサヒナキャンプ場をご紹介します。

何が良いかと言いますと、この景色!ニセコサヒナキャンプ場のカーサイトから見える景色です。

ニセコサヒナキャンプ場
星空がすごかった!
ニセコサヒナキャンプ場
フリーサイトからはこの景色!羊蹄山が見えます

そして、他のキャンプ場ではなかなか味わえない直火での焚き火が楽しめる「石炉」!

ニセコサヒナキャンプ場
焚き火を使って
地元ルスツ豚のステーキを豪快に調理!

ニセコ、ルスツ方面にはいくつかキャンプ場がありますが、ここでしか味わうことができないキャンプがあります。

北海道でキャンプ場を探しているあなたに、絶対おすすめのニセコサヒナキャンプ場。魅力が伝われば、きっとあなたも行きたくなりますよ!

ニセコサヒナキャンプ場の魅力まとめ

  • 直火でダイナミックな焚き火が味わえる
  • 羊蹄山とニセコアンヌプリが見られる
  • 天候次第で素晴らしい星空が満喫できる
  • 通年営業している
  • 冬までテント泊ができる
  • オートサイトが楽しめる
  • バンガロー泊ができる
  • センターハウスが利用できる
  • 売店がある
  • レンタル用品が豊富
  • 電源が利用できる
  • スタッフが丁寧に対応してくれる
  • サイトがきれい
  • キャンプ場全体の雰囲気がいい!
  • 薪(1,000円)は乾燥していてよく燃える
  • 温泉割引券がもらえる(400円引き!)

バンガローは2棟、フリーサイトは15区画、カーサイトは9区画と、それほどサイト数は多くありませんので、早めの予約をおすすめします!

ニセコサヒナキャンプ場
ニセコの景色をあなたも楽しんでみませんか?

1.ニセコサヒナキャンプ場 アクセス

ニセコサヒナキャンプ場

■所在地 北海道磯谷郡蘭越町字湯里224−19

■車でのアクセスと所要時間

  • 札幌から国道230号(中山峠経由)約2時間
  • 新千歳空港から国道276号(美笛峠経由)約2時間
  • 函館から函館新道・道央自動車道・国道5号 約3時間

■JR
・札幌駅〜ニセコ駅(約2時間)

■ニセコバス(アンヌプリスキー場まで)
・小樽から約2時間
・札幌から約3時間
・新千歳空港から約2時間30分

駐車場

ニセコサヒナキャンプ場
この奥がニセコサヒナキャンプ場

「ニセコサヒナキャンプ場」でナビ検索できると思いますが、入り口が少々わかりにくいです。この2つの看板を見逃さないでください。

ニセコサヒナキャンプ場
暗いと見えづらい!
ニセコサヒナキャンプ場
入り口脇の電信柱に看板があります

そして、キャンプ場へ続く道に入ったときに見える景色がこちら!羊蹄山がきれいに見えました!

>>羊蹄山:標高1,898mの成層火山。蝦夷富士とも呼ばれる日本百名山。

ニセコサヒナキャンプ場
ニセコサヒナキャンプ場へ向かう道
目の前に羊蹄山!

管理棟で受付をするので、建物の近くに駐車します。

管理棟前以外に2ヶ所駐車スペースがありますが、それぞれ3〜4台ほどしか停められません。

ニセコサヒナキャンプ場
こちらが管理棟
ニセコサヒナキャンプ場
カーサイト奥にある駐車スペース

カーサイト利用の方は、スタッフが案内してくれるので一緒に車を移動させます。フリーサイト利用の方は、サイトの場所を地図で確認後、フリーサイト入口まで車を移動させ、荷降ろしします。

サイトには番号の看板などの印がないため、スタッフがていねいに誘導してくれます。

予約について

グリーンシーズン(5〜10月)3月1日より受付開始
ウィンターシーズン(11月〜4月)9月1日より受付開始

フリーサイトも事前に電話予約することができます。サイトの数が多くないので、土曜日は予約でいっぱいになります。利用の際は必ず事前に連絡し、予約しておきましょう。

予約時には、名前と電話番号、利用人数やテントやタープの利用数、車の利用台数も伝えます。

キャンセル・変更にかかる料金について

キャンセル料は予約日の3日前より発生しますので、ご注意ください。

3日前から前日まで50%
当日100%

■お問い合わせ先

0136-58-3465

2.ニセコサヒナキャンプ場 基本情報

ニセコサヒナキャンプ場
林間キャンプが楽しめるキャンプ場
星空わかりますか?

ニセコサヒナキャンプ場は、素晴らしいロケーションと、直火の焚き火が味わえる場所です。

子連れのファミリーキャンプというよりは、ソロキャンプや大人のキャンプというイメージです。

その日利用する客層にもよりますが、私が利用したときは、とても静かに楽しめました。

そして、景色も焚き火も最高なのですが、キャンプ場全体がきれいに清掃されていて、とても心地いいキャンプが楽しめました。

■営業期間    通年営業

■チェックイン  13:00〜
※17時を過ぎる場合は要連絡

■チェックアウト 11:00

■デイキャンプ 〜17:00

■施設・設備

  • フリーサイト
  • カーサイト
  • バンガロー
  • 管理棟
  • センターハウス(炊事場)
  • 簡易水洗トイレ
  • 休憩コーナー
  • 灰捨場
  • 生ゴミステーション
  • 駐車場泊スペース
  • レンタル用品
  • 売店
  • ねっぱるキッチン

■トイレ
・センターハウス内1ヶ所のみ
 女子トイレ個室3・男子トイレ個室2+小2
※冬季間は男女兼用になります。

■ゴミ
生ゴミ以外は持ち帰り
生ゴミはさらに分別してバケツに入れる

管理棟 受付・売店

ニセコサヒナキャンプ場
販売品あり
ニセコサヒナキャンプ場
気になるオーブン
ニセコサヒナキャンプ場
素敵な雰囲気ですよね!

センターハウスが充実!

ニセコサヒナキャンプ場
センターハウス内に炊事場があります
ニセコサヒナキャンプ場
洗面台は野外に
ニセコサヒナキャンプ場
センターハウスの中には、薪ストーブ!
ニセコサヒナキャンプ場
管理棟前にも水場あり

注意事項《サヒナルール》

ニセコサヒナキャンプ場

■主な禁止事項

  • 場内でのボール遊び、バドミントン、フリスビーは禁止
  • 場内での音楽、楽器、発電機の使用は禁止
  • 場内でのドローンの使用は禁止
  • 打ち上げ花火、音の出る花火は禁止
    ※手持ち花火のみ管理棟前で実施可

サヒナルールと呼んでいるキャンプ場利用についての約束があります。利用前にしっかりと読んで守り、キャンプ場でみんなが気持ちよく過ごせるといいですね。

ニセコサヒナキャンプ場
左:灰捨場
ニセコサヒナキャンプ場
右:生ゴミもさらに分別

3.ニセコサヒナキャンプ場 サイトと利用料金

ニセコサヒナキャンプ場
ねっぱるキッチン
イベント用にも使われるようです

2019年10月の増税に伴い、料金システムが改定されます。利用料800円→900円等、大幅に変わっていますので、ご確認ください。
※すでにサイトは改定後の料金設定変更されています。

利用料金がかかります!

ニセコサヒナキャンプ場は、一人ずつに利用料がかかります。

利用料キャンプ
(1泊2日)
デイキャンプ
(〜17:00)
大人800円→900円600円→650円
子ども500円→600円300円→350円

※子ども→4歳〜小学生
※冬期間(12月1日〜3月31日)は暖房代として200円加算されます。

カーサイトは9区画・フリーサイトは15区画あります

ニセコサヒナキャンプ場

フリーサイト:大自然を満喫 石炉付きサイト

ニセコサヒナキャンプ場
フリーサイトにも石炉があります!
テント(ワンルームタイプ)1張800円→850円
スクリーンテント(ツールームタイプ)1,000円→1,050円
タープ・スクリーンタープ1張
【追加の場合】
800円→850円

《大人2人で利用する場合》
利用料850円×2人+テント850円+タープ850円=合計3,400円

フリーサイトと言っても、車の乗り入れができないというだけで、1つずつ石炉があり場所が区割りされています。

サイトは木に囲まれており、隣サイトはあまり気になりません。サヒナキャンプ場の一番奥になる⑫〜⑮のロケーションは素晴らしいですよ!

冬期間はカーサイトが閉鎖されます。冬に利用したい方は、フリーサイトでテント泊することができます。雪に囲まれたテント泊も一度、挑戦してみたいですね!

カーサイト:木々に囲まれたプライベート空間!

ニセコサヒナキャンプ場
私が利用したカーサイト(ススキ)
ニセコサヒナキャンプ場
一番手前のカーサイト(ツユクサ)
ニセコサヒナキャンプ場
一番奥のカーサイト(ナズナ)
カーサイト1区画2,700円→2,850円

《大人2人で利用する場合》
【改定前】利用料800円×2人+カーサイト2,700円=合計4,300円
【改定後】利用料850円×2人+カーサイト2,850円=合計4,550円

今回、カーサイトを利用したのですが、大人2人で4,300円でした。さらに薪を購入したので5,300円。2人で利用するには、かなりお高めの利用料金になりました。

利用料金+キャンプサイト料なので、全体的に価格は高めです。カーサイト1区画に、テント2張、車2台駐車できる場所もあったので、2家族利用もおすすめです。

少しずつ形や広さが違います!

カーサイトは基本的には場所指定はできません。

こちらはその日に予約された車の台数や人数、テントとタープの数などをもとに、サヒナキャンプ場のスタッフで割り当てを考えます。予約が少なく空いている場合は、希望の場所をスタッフにご相談ください。

バンガローは2棟だけ!

ニセコサヒナキャンプ場
5〜7人用のコクワ棟
ニセコサヒナキャンプ場
7〜8人用のドングリ棟
コクワ棟(5〜7人)4,900円→5,200円
ドングリ棟(7〜8人)5,200円→5,500円

私が訪れた日も利用者がいました。ドングリ棟は人通りのある駐車場の近くにあります。バンガロー前でゆっくりキャンプも楽しみたいななら、コクワ棟をおすすめします。

どちらも炊事場のあるセンターハウスが近く、兼用スペースではありますが、こちらで過ごす方が多いようです。

※ゲージやシートを用意すれば、ペットの利用も可

デイキャンプのサイト料金

フリーサイト1区画600円→800円
カーサイト1500円→1,300円
センターハウス800円→800円

日帰り利用や、チェックアウトを17時まで伸ばしたい方は「宿泊+デイキャンプ」になりますので、こちらの料金設定をご確認ください。

駐車場泊

ニセコサヒナキャンプ場
夏期(4月〜11月)800円→850円
冬期(12月1日〜3月31日)1,000円→※利用できません

※2019年の冬期間から駐車場泊は利用できなくなっています。

ニセコサヒナキャンプ場は、ペット可です。
リードを付けて利用ください。

レンタル用品が充実!

種類が豊富!手ぶらキャンプセットがお得ですね。

レンタル用品料金
テント
タープ(大)
タープ(小)
3,000円
2,500円
2,150円
シュラフ
マット
550円
250円
テーブル
チェア
550円
350円
LEDランタン(電池付)
ランタンスタンド
850円
250円
BBQ台(特大)
BBQ台(小)
2,150円
550円
鉄板(特大)
鉄板
1,600円
1,000円
ガスツインバーナー※ガス別売り
ガスカセットコンロ※ガス別売り
750円
500円
焚き火台2,150円
ダッチオーブン(大)
ダッチオーブン(小)
3,000円
2,500円
鍋(中)
鍋(小)
550円
350円
包丁
まな板
350円
250円
おたま
トング
150円
150円
【手ぶらでキャンプセット】1人
 テント・タープ・テーブル
 チェア・シェルフ・マット
 LEDランタン(電池付)・BBQコンロ
※5月〜10月のみのレンタル
7,000円

※1名追加は
 +1,200円

4.サヒナキャンプ場の楽しみ方はこれ!焚き火&山小屋&冬キャンプ

ニセコサヒナキャンプ場

サヒナキャンプ場へ来たら焚火を楽しもう!

薪は1,000円で販売

ニセコサヒナキャンプ場
薪がこんなにたくさん!
ニセコサヒナキャンプ場
乾燥してよく燃える薪

薪は一輪車1杯分で1,000円でした。薪の太さは色々、木の皮も入れてくれるなど、すぐに焚き火が楽しめるよう材料にまで配慮されているのが素敵!

ニセコサヒナキャンプ場
灰は自分で捨てます

使用後は、管理棟前に灰を取るスコップと缶がありますので、自分で取りに行き、灰捨場に灰を捨ててください。

センターハウスで過ごすこともできます!

ニセコサヒナキャンプ場
この先にあるのがセンターハウス

センターハウスには、テーブルと椅子、調理台と流し台、そして薪ストーブがあり、夜10時まで利用することができます。

調理台もあるのでこちらで材料を切って、薪ストーブを使って料理をすることもできます。飲食もOKです。

私が行った日は25℃を越える日だったので、薪ストーブは使用されていませんでしたが、寒い日に薪ストーブで温められた室内があるのは嬉しいですね。

ニセコサヒナキャンプ場
雰囲気のある山小屋にジャズ音楽が流れてる――

※センターハウスの禁止事項※
・炭火の使用
・ペット
・喫煙
・私物置き等の場所確保

冬期間のバンガロー泊も人気です

ニセコは雪の多い豪雪地帯。一面雪に覆われた銀世界、北海道の冬を満喫できる最高の場所です。

11月以降のカーサイトは閉鎖されますが、フリーサイトでテント泊をすることもできます。

センターハウスにある水洗トイレ、炊事場は冬でも利用することができます。お湯は出ませんが、センターハウス内の薪ストーブで温まることができますよ!

※サイトは除雪されていません。各自除雪が必要です。
※トイレは男女兼用になります。

5.ニセコは温泉地!周辺の温泉情報お伝えします!

ニセコ周辺は、なんと10ヶ所もの温泉がある温泉地です。

紹介する4つの温泉は、入浴料の割引券がもらえます!しかも400円引きの場所もありますよ!

私のおすすめ順にご紹介します!

ニセコサヒナキャンプ場

①ニセコ昆布温泉 甘露の森

ニセコサヒナキャンプ場から約3.1kmと距離も近い温泉。露天風呂も内風呂も広く、とてもいい温泉ですよ!

■所在地  北海道虻田郡ニセコ町ニセコ415

■泉質
 含硫黄―ナトリウム・カルシウム
 炭酸水素塩泉(硫黄化水素型)(低張性中性高温泉)

■種類
・露天風呂
・内風呂
・サウナ
・貸切露天風呂
・貸切ファミリー風呂
・エステ

DHCシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ドライヤー完備

■休館日 なし

■営業時間
 11:00〜22:00 ※最終入館21:00

■利用料金
大人 900円→500円
子ども300円→300円
幼児 無料

■お問い合わせ先

0136-58-3800

泉質も広々とした露天風呂もいい!私も宿泊しました!


②ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭

内風呂はあまり広くはありませんが、源泉掛け流し100%の温泉です。無料のマッサージチェアもある休憩スペースがあります。

■所在地 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ438

■泉質
 ナトリウム―炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)

■種類
・露天風呂
・内風呂

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ドライヤーあり

■休館日  なし

■営業時間
 割引券有効時間9:00〜21:00
 通常6:00〜24:00(最終入館23:00)
※温泉清掃日はオープンの時間に変動あり

■利用料金
大人  1,000円→600円
中学生 700円
小学生 500円 
乳幼児 無料

■駐車場 40台

■お問い合わせ先

0136-58-2500

日帰り温泉利用も多いけれど お宿も魅力的!


③ニセコ昆布温泉 グランドホテル

最大級の庭園風混浴露天風呂があります!家族みんなで楽しめるのがいいですね!源泉掛け流し100%の温泉です。

■所在地 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412番地

■泉質 ナトリウム―塩化物泉・炭酸水素塩泉

■種類
・露天風呂
・内風呂
・大庭園露天風呂 ※一部混浴

■休館日 なし 年中無休
     ※団体貸切で休館の場合あり

■営業時間
 11:30〜22:00(最終入館21:00)

■利用料金
大人  900円→700円
小学生 450円→400円
4歳未満 無料

■お問い合わせ先

0136-58-2121

混浴露天風呂がある温泉ですよ!


④蘭越町交流促進センター幽泉閣

約5.8km先車で約10分と上の3つよりもやや遠い場所にある温泉です。

■所在地 北海道磯谷郡蘭越町昆布町114−5

■泉質
 炭酸水素イオン、アルカリ性温泉

■種類
・露天風呂
・内風呂
・打たせ湯
・湿式/乾式サウナ
・足湯(無料:冬季閉鎖)

■休館日  なし

■営業時間
 10:00〜21:30(最終入館21:00)
 ※月曜日は12:00〜

■利用料金
大人  500円→400円
小学生 300円→250円
乳幼児 無料

■お問い合わせ先

0136-58-2131

その他のサヒナ周辺の温泉 ※割引券なし

>>雪秩父     大人700円

>>五色温泉旅館  大人700円

>>いろは     大人800円

>>黄金温泉    大人500円

>>綺羅乃湯    大人500円

>>アルペンホテル 大人700円

6.利用した私が感じたこと

ニセコサヒナキャンプ場
ニセコサヒナキャンプ場隣に広がるじゃがいも畑

この景色は他では味わえない!

土曜日は予約でいっぱいなのですが、日曜日だとカーサイトもフリーサイトにも空きがありました。

数年前にサヒナキャンプ場のフリーサイトを利用しました。そのときに利用したサイトからは、羊蹄山やアンヌプリは見えづらかったのですが、場所によってはかなりいいロケーションが楽しめます。

ニセコサヒナキャンプ場

今回利用したカーサイトは、羊蹄山とは全く方向が違うサイトでした。ですが、見上げると満天の星空、ちょうど南の方角に天の川が見える時期だったので、サイトから星空が楽しめたのがよかったです。

大人向けのキャンプ場です!

ニセコサヒナキャンプ場

花火はできますが、ボール遊び、バドミントン、フリスビーなどで遊べる広場はありません。遊具もありません。景色や焚き火をじっくり楽しみたい方におすすめの場所です。

また、トイレ、水場のあるセンターハウスは1ヶ所に集中しています。やや距離のあるのが気になる方もいるかもしれませんが、木々に囲まれたプライベート空間でキャンプができるので、満足感は高いと思います。

林間サイトなのにも関わらず石炉を使った焚き火が楽しめるのは、他のキャンプ場ではなかなかありませんよ!

北海道ニセコ旅の思い出づくりに!

さらにセンターハウス、水場、トイレ、サイトがとてもよく清掃されており、手入れの行き届いたキャンプ場です。スタッフも笑顔で対応してくれ、本当におもてなし感のあるキャンプ場です。

北海道外から旅行で来られる方にも、北海道の自然の良さが伝わるいい宿泊地ではないでしょうか。こんな人のよさも味わっていっていただきたいと思いました。

番外編》私はニセコ旅でこの景色に出会いました!

羊蹄山と天の川

ニセコサヒナキャンプ場
羊蹄山と天の川 2019年9月撮影

実はこの構図で写真が撮りたくて、キャンプ場のあるニセコ町から倶知安町へ夜、移動して撮影しました。月の入りの時刻は19:30。天の川を羊蹄山のバックに写すには、どのあたりなら撮れるかを考えました。

羊蹄山は雲の帽子をかぶってはいますが、天気が味方してくれたおかげで天の川もしっかり写ってくれました!

双子のさくらんぼの木

グーグルマップでも紹介されるほどの、撮影スポット。細い1本の砂利道を進むと4台ほど停められるスペースがあり、この看板が立っていました。

ニセコサヒナキャンプ場
ニセコサヒナキャンプ場
朝の羊蹄山 2019年9月撮影
ニセコサヒナキャンプ場
夜の羊蹄山 2019年9月撮影

ニセコサヒナキャンプ場からは、車で8.8km約13分の場所にあるのですが、夜と翌日の2回、撮影のために訪れました。雲がかかっていたのは残念ですが、夜の星空は凄かった!

何枚写真をとっても流れ星がうっすら映るという奇跡が―

羊蹄山と星空、これが撮影したくてニセコに来ました。今回も大満足のキャンプ旅行になりました!

次回、ニセコのおいしい話についてもご紹介したいと思います!

地元野菜を使ってキャンプ場で食べるのが最高に美味しいですよ!

ニセコサヒナキャンプ場

参考リンク

ニセコサヒナキャンプ場

ニセコサヒナキャンプ場

ニセコ昆布温泉 甘露の森

アンヌプリ温泉 湯心亭

ニセコ昆布温泉 グランドホテル

この記事を書いている人 - WRITER -
北海道在住。登山歴15年以上。春夏秋冬、北海道の四季を味わうキャンプの魅力にはまる。雷雨の日も、氷点下18℃まで冷え込む真冬のキャンプ経験もあり。朝陽、夕陽、星空、北海道の大自然、絶景スポットを写真とともに「Possibility.Labo」からお届け! あなたの明日の楽しみが広がる情報を発信をします!日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター取得
関連記事



Comment

  1. […] 私が利用したときの記事、キャンプ情報はこちら!>>ニセコサヒナキャンプ場は冬も営業!直火で焚き火&星空も最高でした! […]

Copyright© Possibility.Labo , 2019 All Rights Reserved.