キャンプ場

エルム高原オートキャンプ場【2019情報】家族旅行村にも行ってみたい!

ずっと気になっていたキャンプ場に行ってきました!

エルム高原リゾート

何があるの?と思う方もいると思います。リゾートと言いますが、遊園地はありません!

北海道の心地よい高原で、テニスコートや遊具があり、キャンプと温泉が楽しめるのが、「エルム高原リゾート」です。

その「エルム高原リゾート」の中には、2つのキャンプ場があります。

1つは、北海道では珍しい通年営業している「エルム高原家族旅行村」

もう1つは、電源、流し台、野外卓や野外炉常設のオートキャンプができる、高規格「エルム高原オートキャンプ場」です!

エルム高原オートキャンプ場は高規格キャンプ場でした!

「高規格キャンプ場」という言葉を聞いたことがありますか?

高規格キャンプ場の基準

・施設内は手入れが行き届いている
・水洗トイレ、風呂(シャワー)がある
・キャンプに必要なアイテムを販売している
・レンタル品が充実している
・管理棟があり管理人が常駐している

“設備が充実していてきれいで、キャンプ初心者でも安心&快適に過ごせるキャンプ場のこと”

CAMP HACK

エルム高原オートキャンプ場にも、温泉やコインランドリー、シャワーがあるなど、設備の充実が際立ち、高規格キャンプ場と言えます。

そのため、入場料(1泊目のみ)が一人1,000円と高めですが、施設が整っているので、快適キャンプが保証されていますよ!

エルム高原オートキャンプ場の魅力まとめ

  • オートサイトの種類が豊富
  • 2階建てのケビンが8,000円で使用できる
  • 温泉がエルム高原リゾート内にある
  • トイレがきれい
  • 炊事棟がきれい
  • オートサイトAとBは流し台付き
  • 道が整備されている
  • 水遊び、虫とりが楽しめる
  • 天気が良ければ星空が期待できる
  • ゴミは有料で分別回収してもらえる

初めての方でも、安心して利用できるキャンプ場ですので、ぜひ参考にしてみてください!

エルム高原キャンプ場 アクセス

エルム高原オートキャンプ場
今回利用したのは、エルム高原オートキャンプ場です!

所在地&アクセス

北海道赤平市幌岡町377番地1

国道38号線からは約2km。

道路には看板も出ていますが、エルム高原キャンプ場と家族旅行村・高原温泉「ゆったり」は、少し違う場所になりますので、ご注意ください。

アクセス

  • 札幌から車で約1時間20分 (道央自動車道札幌I.C〜滝川I.C)
  • 札幌からJRで約1時間10分(札幌駅〜滝川駅〜赤平駅)
  • 札幌からバスで約1時間40分(札幌駅前ターミナル〜赤平駅前)
  • 旭川から車で約1時間20分(道央自動車道利用)
  • 旭川からバスで約1時間30分(乗り換えあり)

お問い合わせ先

0125-32-5221(エルム高原リゾート)

エルム高原オートキャンプ場と家族旅行村

エルム高原オートキャンプ場
利用したのは⑤オートキャンプ場

エルム高原リゾートは、大きく4つのエリアに分かれています。

  1. ケビン村「虹の山荘」
  2. 日帰り温泉「ゆったり」
  3. 家族旅行村
  4. オートキャンプ場

入り口も駐車場も全然違う場所にあります!

エルム高原オートキャンプ場

赤い矢印で右折すると、エルム高原オートキャンプ場があります。

手前で右折すると「エルム高原オートキャンプ場」

さらに直進すると「エルム高原家族旅行村」「虹の山荘」

中央には川が流れており、2つのキャンプ場への入り口は異なる道路になるのでご注意ください!!

温泉へ行くには、車の利用をおすすめします!

2つのキャンプ場をつなぐ遊歩道があり、徒歩で自由に行き来できますと案内されますが、坂道も続きます。

「家族旅行村」と「オートキャンプ場」は、徒歩で行き来できますが、車の通行はできません。

家族旅行村の近くに「エルム高原温泉ゆったり」がありますので、オートキャンプ場から車で温泉へ行くには、赤矢印の交差点まで出てくることになります。

キャンプ場 基本情報

エルム高原オートキャンプ場
6月上旬は、人も少なくさらに快適!

利用期間

 5月上旬から10月中旬

チェックイン

13:00〜18:00
※ケビンは14:00〜18:00

チェックアウト

8:00〜11:00

閉門  22:30

施設・設備

  • キャラバンサイト
  • オートサイトA・B・C
  • テントサイト
  • ケビンサイト
  • ランドリー(3台)
  • 乾燥機(2台)
  • レンタル用品
  • シャワー室
  • レンタルマウンテンバイク
  • 炊事棟
  • トイレ
  • キャンプファイヤーサークル
  • センターハウス
  • ゴミステーション
  • 駐車場
  • リヤカー

炊事棟

エルム高原オートキャンプ場
炊事棟・残火捨て場
エルム高原オートキャンプ場

炊事棟には、食器を置くことができるスペースが豊富にあるなど、使い勝手が凄くよかったです。

トイレ

エルム高原オートキャンプ場
トイレもきれい
エルム高原オートキャンプ場
個数も多く、洋式トイレ有
エルム高原オートキャンプ場

トイレの個室にも棚がついており、さらには、ベビーベッドも有りました!

オートサイトですがリヤカーもありました

エルム高原オートキャンプ場

テントサイト近くの駐車場に置いてありました。

キャンプファイヤーサークルがありました!

エルム高原オートキャンプ場

テントサイト上の方に駐車場があるのですが、そのさらに上にある一番高い場所にありました!

レンタル用品も豊富にあります

※単品はなし、セットのみです。

レンタルキャンプセット用品(5,500円)

・テント
・マット
・寝袋4つ
・テーブル
・コンロ
・チェア4つ

これらのほかに、食材と炭、ランタン(照明)があればキャンプができそうですね!

注意事項

  • 打ち上げ花火、ペット持込禁止
  • 指定場所以外のキャンプファイヤー禁止
  • カラオケ及び発電機の使用禁止

ゴミ回収料金400円

エルム高原オートキャンプ場
エルム高原オートキャンプ場
炊事棟にも掲示されています

申込みの際に、「ゴミは置いていかれますか?」と質問されます。

ごみ処理料金400円を支払えば、分別してキャンプ場に捨てて帰ることができます。

受付時にもらう指定のゴミ袋を使用して、捨てましょう。

お問い合わせ先

0125-34-2164(オートキャンプ場:直通)

>>エルム高原キャンプ場HPインターネット受付ページ

7月8月は予約が取りづらいです!

予約しようと電話連絡したのですが、6月は混み合うことがないので、実際のサイトの様子をみて場所を選んでいいので、予約なしで来て下さいと教えてくれました。

高規格キャンプ場は、7〜8月は特に予約が取れないほど混み合う場合があります。

サイトを自由に選びたい方や、静かにキャンプしたい方は、5、6月や9、10月がおすすめですよ!

キャンプ場 利用料金

エルム高原オートキャンプ場
6月上旬 たくさんのお花が咲いていました

利用料金

入場料(1泊目のみ)

  • 大人(中学生以上)  1,000円
  • 小人          500円

サイト使用料

キャラバンサイト(電源、流し台と野外炉付き)6,000円
Aサイト(電源、流し台と野外炉付き)5,000円
Bサイト(電源、流し台と野外炉付き)4,000円
Cサイト(野外炉付き)3,000円
テントサイト2,000円
ケビンサイト8,000円
エルム高原オートキャンプ場
エルム高原オートキャンプ場 サイトマップ

支払うのは、入場料(人数分)+使用料(サイト分)+ゴミ処理料(400円)になります。

デイキャンプは全て半額です

ただし、混雑時期にはデイキャンプができない場合もあります。

オートサイトA・B

エルム高原オートキャンプ場

オートサイトAとBには、電源、流し台と野外炉があります。

オートサイトC

エルム高原オートキャンプ場

オートサイトCには、電源と流し台はなく、A・Bよりもコンパクトな野外炉がありました。

オートサイトCについている野外炉はコンパクト。右は野外卓のことかな?

テントサイトF

エルム高原オートキャンプ場

テントサイトFの区割りは小さめ 左が駐車場です。

ケビンサイトも魅力的!

エルム高原オートキャンプ場
(K-5)

地下部分に野外炉、野外卓があり、ひさしの下で食事ができるケビンがありました。

どのケビンの前にも、駐車スペースと芝スペース、野外卓と野外炉があります。芝スペースには、タープなども張れますよ。

「地下あり」と「地下なし」があります

エルム高原オートキャンプ場
(奥がK-3,手前がK-5)

全てこの形ではなく、K-3,5,7,8が地下ありタイプのケビン。

K-1,2,4,6は地下のないタイプのケビンです。

エルム高原オートキャンプ場
(K-4)

こんなに充実していて1棟8000円!

こちらのケビンには、暖房、マットレス、電気コンロも付いています!

ちょっと寒い時期に暖房があるのは、嬉しいですね!

暖房付きで、1棟8,000円です!

オートサイトABCを2区画借りると、支払い金額にあまり差がありませんので、小さなお子様がいる家族には、ケビン利用もおすすめです!

2階建てで広さもありますので、2家族でも利用できそうでしたよ!

キャンプ場 ワンポイント情報

エルム高原温泉「ゆったり」

エルム高原オートキャンプ場
こちらの看板を見逃さないように!

こちらの看板がある交差点で、まっすぐ行くと温泉右折するとエルム高原家族旅行村になります。

エルム高原オートキャンプ場
このような看板も出ています

※高原家族村からも歩いてエルム高原温泉に行くことができますが、温泉の駐車場へ行くには直進してください。

エルム高原オートキャンプ場
100円割引券がもらえます

営業時間

10:00〜22:00(最終入館21:30)

休館日 

通年営業

入館料

  • 大人(中学生以上) 500円
  • 小人(小学生)   300円
  • 幼児        無料

研修室利用

・1時間 1,200円
・2時間 2,400円
※以降1時間600円

毎月月末の平日に半額Dayがあります。

入館半額以外にも「ゆったりイベントカレンダー」には、お得な情報がいっぱいありますので、HPでご確認ください!

エルム高原家族旅行村

エルム高原家族旅行村
エルム高原家族旅行村
受付はこちらの管理棟

“エルム高原家族村で、いつか冬キャンプをしてみたい”と思っているので、下見をしてきました!

オートサイトやケビンなどはなく、フリーテントサイトのみになっています。

※コテージは、「虹の山荘」に6棟あります。

利用料金

小学生以上1人 500円 ※幼児無料

料金がオートキャンプ場と全く違います!

区割りされていない、広い公園に自由にキャンプするスタイルで、トイレなどもオートキャンプ場のものを見てしまうと…

家族旅行村のおすすめポイント

  • 価格が安い
  • 温泉が近い
  • 大きなバーベキューハウスがある
  • 広場や遊具がある
  • 水遊びができる
  • 野外ステージがある
  • テニスコートがある

利用期間、チェックイン、チェックアウトの時間や注意事項などは、エルム高原オートキャンプ場と変わりません。

施設・設備

  • テントサイト
  • バーベキューハウス
  • テニスコート(2面)
  • 野外ステージ

バーベキューハウス

エルム高原家族旅行村

温泉がすぐそば!

エルム高原家族旅行村

奥に見えるのが温泉「ゆったり」です。

虹の山荘(コテージ)が6棟

エルム高原家族旅行村
温泉の隣にあります

通年営業

チェックイン    15:00〜

チェックアウト   10:00

利用料金

山荘Aタイプ1泊
8名用
15,000円
山荘Bタイプ1泊
6名用
12,000円

テラスやバーベキューコーナーもあるので冬のコテージ泊、良さそうですね!温泉すぐ隣が嬉しいです!

家族旅行村は、広い公園のよう

水遊びができる「幌倉川」が流れています。

大きな公園型のキャンプ場になっていて、野外ステージやテニスコート、バーベキューハウスがあることも特徴的です。

フリーサイトでお考えの方なら、どちらのキャンプ場を利用するのか、季節や混み具合を見て決められるといいかもしれません。

レンタル用品セット

テント、マット、寝袋4つ、コンロ、チェア4脚セットで5,500円。オートキャンプ場と同じですね。

お問い合わせ先

0125-32-6160(家族旅行村:直通)

ぜひ雨対策をして行きましょう

エルム高原オートキャンプ場北海道赤平市

天候が急変!

土日の天気予報は“晴れのち曇り”と聞いて安心して向かったキャンプ。

山間では大気が不安定ですのでご注意ください―

途中からポツポツ雨が降り始めました。

さすが、「高原だ」なんて話してて、雨雲レーダーで確認したところ、結構な雨雲が迫っていることに気づきました。

その後1時間に渡って、アスファルトに叩きつけられて跳ね返るほどの豪雨。

テントもタープも設営完了していて、本当によかった。

通り雨が降る確率高い!?

「急に雨が降っても安心の高床式ケビンです!」

エルム高原キャンプ場HPより

この言葉からも、実は通り雨が多い地域ということが垣間見えますね。

「虹が映えるまち・赤平」

調べてみると、赤平市のキャッチフレーズ、「虹が映えるまち・赤平」だったんです!

きっと、通り雨が多く、虹がよく出る地域なんでしょうね。

もっと真剣に空を眺めて、虹を探せばよかったです。

おわりに 雨キャンプの思い出

“雨が近づいてくる気配”を感じたことがありますか?

森の向こうの木の葉に、大粒の雨があたる音が響きました。どんどん近づいてきて、今度はタープに!

トイレに行った家族が、雨宿りしなければいけなくて、傘をさして迎えにいかなければいけないほどの雨、想像できますか?

そんな体験も楽しいものです。

★教訓★

①高原の天気は変わりやすい!
②雨雲レーダーは、最強!
③笑えるほどの豪雨は、思い出になる!

高原に行く際には、天候の変化に充分気をつけてください!

急な天候の変化に対応できたら、それも嬉しいというキャンプでした。

芝のサイトに雨水は含みましたが、水たまりにはならず。そんなキャンプサイトは凄いと関心しつつ。

翌日の午前中に晴れてくれたので、芝もテントもタープもしっかり乾いてくれたのがラッキーでした!

キャンプ場をお探しの方へ

参考リンク

エルム高原リゾート

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!