キャンプ場

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜には、登山前泊に最適キャンプ場

行き先は、北海道の利尻島。

日本海に浮かぶほぼ円形の島は、周囲は約63Km

そして、利尻島の中央には日本百名山の利尻山

別名「利尻富士」。『日本最北の孤高の名峰』とも言われるその特別な山に、登山したいという人は多いのではないでしょうか。

そういう私も、利尻山登山のために利尻島を訪れました。

しかし欲張りな私は、登山だけではなく、せっかくならキャンプもしたい!ということで、

車にキャンプ道具を積み込み、フェリーで利尻島へ渡りました!!

※キャンプ場には豊富なレンタル用品がありましたので、車で行かないとキャンプできないという訳ではありません。

フェリー
それでは旅へ 出発!

ハートランドフェリーに乗って利尻島へ行こう!

ハートランドフェリー
ハートランドフェリー

ハートランドフェリーは、稚内と北海道最北端の島「利尻島・礼文島」を結んでいます。
※江差から最西端の「奥尻島」への航路もあります。

私が利用した8月上旬は、登山リュックを持つ登山者や帰省客で混雑していました。

軽自動車を積載しての乗船の様子、価格などについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。車利用の方はぜひチェックしてくださいね!

利尻島のキャンプ場は?

利尻島には、利尻富士町に3つ、利尻町に2つ、合計5つのキャンプ場があります。

キャンプ場名所在地
利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に利尻富士町鴛泊字栄町
利尻北麓野営場登山口すぐ
自然休養林内
沼浦キャンプ場 ※無料鬼脇字沼浦
沓形岬公園キャンプ場利尻町沓形富士見町
利尻町森林公園 利尻町沓形富野

私が宿泊したのは、利尻富士町にある、利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にです。

予約をせずにキャンプ場探しをした結果…

一番近い利尻北麓野営場とも考えたのですが、すでにオートサイトがいっぱいでした。

登山客は荷物も多いですし、登山口までも車で利用したいと考えると、レンタカー利用の方もいるのかもしれません!

キャンプ道具が多く運ぶのは大変だから、少し戻って利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜にを利用した方がいいよと勧められ、そちらへ行くことにしました。

「利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に」に宿泊!

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に
利尻岳の山頂が少しだけ見えます

利尻島ファミリキャンプ場ゆ〜には、鴛泊港から車で約5分の「利尻富士町アメニティパーク(都市公園)」の中にあるキャンプ場です。

2005年に誕生した、とても整備されたきれいなキャンプ場でした。

アメニティパーク内には、日本最北の天然温泉「利尻富士温泉保養施設」があります。

勧められて来たのですが、「利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に」にしてよかった!というのが私の感想です。

利尻島ファミリキャンプ場ゆ〜に おすすめポイント

  • 利尻富士温泉保養施設で温泉が楽しめる
  • バンガローがある
  • コテージがある
  • レンタル用品が豊富
  • 携帯が充電できる
  • トイレがきれい
  • 炊事棟がきれい
  • テントサイトはが平らで張りやすい
  • 芝生がきれい
  • バーベキュー棟がある
  • 利尻山の山頂が見える

アクセス&駐車場

所在地

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町

利尻島ファミリキャンプ場ゆ〜に 基本情報

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に
大人2人で1,000円でした

営業期間

5月1日〜10月31日

チェクイン

14時〜19時

チェックアウト

7時〜10時

登山口まで

2.4㎞(徒歩約40分)舗装された坂道です。

利用料金

入場料

大人1人500円
身障者・小学生以下300円

施設利用料金

区分設備料金
コテージ
(5人用)
シャワー・洗濯機
キッチン・食器類
16,000円
バンガロー
(6人用)
電源・電気ポット
テーブル
7,000円
バンガロー
(4人用)
電源・電気ポット
テーブル
5,000円
フリー
テントサイト
30電源なし入場料のみ
BBQコーナー炉、丸太椅子無料(2h)

設備

  • 炊事棟(1棟)
  • トイレ(1棟)
  • 芝生広場
  • フリーサイト(約30張)
  • コテージ(4棟)シャワー・トイレ付き
  • バンガロー(6棟)寝具付き
  • 駐車場
  • バーベキューコーナー(3卓)
  • 管理棟
  • リヤカー
  • 一輪車
  • 台車

トイレは、バリアフリー対応でウォシュレット、ベビーシートの設備もありましたよ!

レンタル用品が豊富!

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜には、有料のレンタルが豊富で、テントからシュラフまで様々なものに対応してくれます。

※数には限りがあるので、予約して利用することをおすすめします!

レンタル品1日利用料金
テント(6人用)1,500円
タープ(6人用)
ヘキサタープ
1,000円
1,000円
バーベキューコンロ1,000円
カセットコンロ ※ガスは別売り500円
七輪 ※網・炭は別売り 500円
ランタン500円
シュラフ(封筒型)500円
キャンピングテーブル(4人用)500円
キャンピングチェア300円
キャンピングマット300円
毛布300円

コテージ・バンガロー利用者へは、レンタルが無料のものもあります。予約の際にご確認ください。

私は車にキャンプ用品を積んで行ったので、レンタル用品は利用しませんでしたが、島外からの登山客や観光客が荷物を減らして旅行ができるので、嬉しいサービスです。

消耗品販売もあります!

  • 木炭・練炭
  • バーベキュー用網
  • 鉄板
  • 着火剤
  • LPGガス
  • カセットボンベ

受付は坂道の上の管理棟

「利尻島ファミリキャンプ場ゆ〜に」に入ると、こちらのキャンプ場も傾斜があります。

坂道の上に管理棟があるので、そちらで受付をしましょう。

バンガローやコテージにはそれぞれ車を停められるスペースがあり、フリーサイトの周りにも近くに停められる駐車場がいくつもあります!

フリーサイトなのに、横付けとはいきませんが、サイトの近くに車を停められれるので快適ですよ!

ゴミ

分別して回収してくれます。

禁止事項

  • ペット同伴
  • 花火
  • 焚火
  • 発電機の使用

利用してわかったこと

  • 新しくてきれいなキャンプ場
  • 登山前泊に利用している方多数
  • 登山したあとに宿泊している方多数
  • レンタル品が豊富なので人気
  • 予約なしでもフリーサイトは30区画あるので大丈夫!
  • キャンプ場から利尻山の山頂が見える!
  • 温泉まで徒歩で行ける近さが何よりいい!
  • 整備が行き届いているきれいなキャンプ場!

お問い合わせ先

【期間中】管理棟 0163-82-2166
【期間外】産業建設課商工観光係 0163-82-1114

※施設の詳細については、下のベージでご確認ください。
>>アメニティパーク施設詳細

登山口に近い「利尻北麓野営場」もチェック!

登山口に最も近いキャンプ場。利用の多くは登山者です。

利尻山の3合目にあり、登山口の目の前です。利尻島ファミリキャンプ場ゆ〜にから、さらに2.4㎞先にあります。

自然休養林内にあり、観光最盛期には登山者の基地になります。

所在地

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町

登山口まで  すぐ目の前

アクセス

  • 鴛泊フェリーターミナルから:約3.6㎞(徒歩約60分)
  • 一番近いバス停「温泉前」下車:約2.2㎞(徒歩40分)

利尻北麓野営場は、フェリーターミナルから約3.6㎞あります。

徒歩で1時間、車で約10分かかります。荷物があることを考えると、車で移動したい場所です。

傾斜がきつかった!

利尻北麓野営場は、すでに登山口目の前だけあって、荷物を運ぶにはきつい傾斜!

キャンプ道具が多い方は、オートサイトを利用するか、利尻ファミリーキャンプ場ゆ〜にの利用をおすすめします。

利尻北麓野営場 基本情報

利用期間

5月15日〜10月15日

サイト料金 (テントサイト60張)

大人 500円
中学生以下300円
小学生以下無料 

オートサイト

オートサイト1泊1台2,500円

ケビン  4人用7棟 ※要予約

ケビン1泊1棟 5,000円

利尻北麓野営場の設備

  • 管理棟
  • 駐車場(10台)
  • テントサイト(60張)
  • ケビン(4人用7棟)
  • 炊事場
  • トイレ
  • 公衆電話
  • 簡易売店

お問い合わせ先

【期間中】管理棟 0163-82-2394
【期間外】役場商工観光課 0163-82-1114

買い出ししてからキャンプインしよう!

利尻島
鴛泊港

食材買い出しはセイコーマート利尻店

重い荷物を持っての徒歩は大変かもしれませんが、利尻島ファミリーキャンプゆ〜にまでなら、歩けるくらいの距離です。車だと5分の距離にあります!

利尻北麓野営場までとなると、ちょっと大変です。

フェリーターミナル鴛泊港⇔セイコーマート1.2㎞
セイコーマート⇔利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に1.3㎞

営業時間

7:00〜23:00

所在地

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町1

大体の食材は揃います。登山前に用意したい行動食から、キャンプ場で食べたい食材も買うことができますよ!

ガス缶などは隣のサニータウンで購入できます!

所在地

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町1

営業時間

9:00〜19:00

品揃えが豊富で驚きました。ホーマックのようなホームセンターです。

キャンプ用品や釣り道具などを販売しており、この店で一通り必要なものは揃いますよ!

利尻富士温泉いい!

露天風呂からは、利尻富士を眺めることができます。

日本最北の天然温泉「利尻富士温泉保養施設」

所在地

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町

営業時間

12:00〜21:00
※6〜8月は、11:00〜21:30

休館日

11月から4月のみ月曜日

入浴料

大人(中学生以上)500円
中人(小学生) 250円
小人(3歳以上就学前)150円
高齢者(70歳以上の島民)250円

お問い合わせ先

0163-82-2388

登山者旅行者に嬉しいコインランドリーがありますよ!

その他、レストラン、休憩談話室もあります。

おわりに 利尻登山の前泊でまた来よう!

半日だけ利尻島観光しました

利尻島

鴛泊フェリーターミナルすぐにある、「ペシ岬」はゴリラの背中のように見えることで有名です。

ちょうどゴリラの肩から、頭の上に登っていく感じになります。

利尻島

利尻山登山前に足慣らしができます。私は暑い時間に日陰がなくて、かなりバテてしまいました…

沓形(くつがた)の町の様子を見ながら島をぐるっと周って「白い恋人の丘」と「オタトマリ沼」に立ち寄りました。

全然見えなかった利尻山が、徐々に雲の間から見え始めました!

利尻岳
白い恋人の丘より
利尻島
パッケージの山のモデルは「利尻富士」は有名

到着した昼頃に比べ雲がどんどん薄くなり、ついには利尻山の山頂まで見えるようになってきました!

利尻島
利尻礼文サロベツ国立公園
オタトマリ沼にて撮影

まさかのハプニング…

実は一緒に行っていた主人が、夕方から発熱…

キャンプ場についた頃から調子がわるく熱っぽい。その後、高熱で夜間診療へ駆けつけるという事態に…

翌日の朝1番のフェリーで利尻島を後にしました―

続きの登山レポート記事が書けず、本当に残念です。

いつか挑戦したい利尻山。きっとそのときも、この利尻島ファミリーキャンプゆ〜にを利用するに違いありません!

旅行は体調管理が大切なので、無理のない旅行計画を立てましょうね。

利尻に行く予定がある方、ぜひ楽しんできてください!

キャンプ場をお探しの方へおすすめ記事!

参考リンク

ハートランドフェリー

利尻富士町 キャンプ場情報
・利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に
・利尻北麓野営場
・沼浦キャンプ場

利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に 施設詳細

利尻山 登山

 

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!