登山

オロフレ山登山は花も景色も最高!オロフレ峠展望台も絶景スポット!

北海道白老町と壮瞥町にまたがる山。登山口があるオロフレ峠展望台は、登別温泉と洞爺湖のちょうど中間地点にあります。

オロフレ山は、支笏洞爺国立公園内にあり、標高は1230.8mと、この地域では高い山です。

オロフレ山の魅力まとめ

  • 山頂からの景色が最高!
  • 途中も視界を遮るものが少なく景色がよい。
  • 尾根歩きを味わうことができる。
  • 高山植物を楽しむことができる。
  • 登り下りが小刻みにあり変化に富んだ道が楽しめる。
  • 駐車場が広い。
オロフレ山
最高の景色でした!

オロフレ山 登山口アクセス

アクセス

  • 登別東I.Cより車で35分(約23km)
  • 伊達I.Cより車で50分(約33Km)

駐車場

オロフレ峠展望台にあり、約100台も停められる広さがあります。

オロフレ峠展望台

所在地

北海道登別市カルルス町

標高約930mのオロフレ峠展望台から、天気がよければ羊蹄山や噴火湾、太平洋、洞爺湖、倶多楽湖(くったらこ)などが一望できます。

オロフレトンネルが開通するまでは、登別温泉と洞爺湖を結ぶ道道2号にあったため、観光バスも立ち寄る峠でした。

そのため、お土産屋やレストハウスなどもあったのですが、現在はトイレと広い駐車場のみが残されています。

秋には紅葉、冬には一面の雪をまとった山々も見ることができます。

オロフレ山登山をする方以外にも、道南の景色を味わうことができる、北海道のおすすめドライブスポットですよ!

オロフレ駐車公園もあります

道道22号のオロフレトンネル付近(壮瞥側入口)に、「オロフレ駐車公園」もありますが、登山口はさらに旧道に入った場所にありますので、ご注意ください。

オロフレ山 登山コース

オロフレ山には、断崖絶壁があるため、難しいイメージを持たれる方がいるかもしれませんが、難易度としてはそれほど高くはありません。

登山コースは1つのみです。登山経験があれば、足元に充分注意しながら親子での登山も可能な山です。

標高 1230.8m

標高差 300m

【オロフレ山】

標高930mのオロフレ峠が登山口だから、頂上までの標高差はわずかに300mしかなく、手ごろな山を求める家族連れには樽前山とともに貴重な存在だ。

1988年の峠の下を通るトンネルが完成し、峠は通過しなくなったため、以後は枝道となった旧道から入ることになった。

オロフレはアイヌ語でウオロ・フレ・ペッ(水中の赤い川)である。

北海道夏山ガイド①より
オロフレ山
オロフレ山コース SUUNTOより

総距離

4.77km

登り

約1時間30分

下り

約1時間

難易度

初級レベル

登山道チェック!

オロフレ山
SUUNTOより

登山道は、全体的に整備され、必要な場所には危険防止のためにトラロープも張られています。

オロフレ山の特徴は、SUUNTO(スント)の計測結果からもわかるように、細かいアップダウンがあることです。

上のSUUNTOの計測結果の見方がわかりますか?

間の空いているところが、頂上での休憩時間を表し、左が登り、右が下りです。

時間ごとの標高を記録したもので、同じ道を往復していますので、左右対称になりますが、速度が違うため、右がギュッと縮まった形になっています。※多少の誤差もあります。

細かいアップダウンが楽しい山

登り下りがあるため単調な山歩きにならず、私は、アクレチック気分で登山が楽しめました。

ただし、デメリットとしては、下山であっても登る箇所がいくつもあるということです。

風が強い日は気をつけましょう!

オロフレ山
左がオロフレ山山頂です
オロフレ山
登山道の脇が断崖絶壁!

私は天気の良い日に登山できたので、よい景色をみながら歩くことができましたが、断崖ですので、強い風が吹いている日は要注意です。

下山の景色を楽しもう!

オロフレ山
下りの尾根歩きが最高に楽しかったです!

オロフレ山は登りの景色と下りの景色が全く違います。

登りのときには前にある山頂をめざして登っていますから、後ろの素晴らしい景色に気づかないこともあります。

山頂近くで振り返ってみると、素敵な景色が広がっています。

オロフレ山は、特に下山の景色を楽しむことができます。

ただし、尾根歩きもありますので、足元には充分注意してくださいね!

GPS機能付きの時計SUUNTOは、登山のよき相棒!

値段はやや高めではありますが、記録にも残るので、凄くいいですよ!

登山を楽しむために

写真撮影に熱中するかもしれません!

登山口のオロフレ峠展望台、登山道、そして山頂、みどころが満載の山です。

視界が開けていて見晴らしもいいので、写真をたくさん撮りたくなるのですが、登山道を外れると断崖という箇所も多くあります。

身を乗り出しての撮影は危険ですので、絶対にロープを越えないでください!

高山植物も楽しめる!

オロフレ山は、イワヒゲやチングルマ、ミヤマオダマキ、シラネアオイ、ヨツバシオガマ、イワオトギリ、コケモモなどの高山植物も楽しむことがでます。

景色が良いため、どうしても遠くの景色に気がとられがちですが、足元にも目を向けてください!

実際、私が登ったときは、景色に見とれすぎて、あまり花の写真をとることができませんでした…

オロフレ山情報

山小屋

なし

水場

なし

トイレ

  1. オロフレ峠展望台駐車場敷地内にあり(相当古い)
  2. 新しいトイレを利用したいという方は、道道22号沿いにあるオロフレ駐車公園のトイレがおすすめ!

お店

  • 付近にはありません。
  • 登別市街か温泉街周辺が一番近いです。

登山レポート

オロフレ山の景観を代表する「羅漢岩」

何度も足を止めて写真撮影するのですが、その先にもまたよい景色が広がっているという繰り返しです。

登山口からおよそ20分で、オロフレ山の景観を代表する「羅漢岩」が見えます。

私は、こんなに大きな岩の壁を見たことはなかったかもしれません。

オロフレ山は切り立った崖もあり、標高の高さも味わえます。

とは言っても、壁を伝ってあるく道はありませんので、ご安心ください。

洞爺湖の中島が見える!

その他登山道が大きく左に曲がるあたりで、洞爺湖がきれいに見える場所があります。洞爺湖に浮かぶ4つの島が見える角度で、珍しいそうですよ!

1,000mケルンは、広々とした平らな場所ですので、休憩にいい場所です。さらに30分ほどで山頂に到着します。

山頂到着!

オロフレ山
奥にはたくさんの山が見えました!
オロフレ山
山頂到着!

下山の景色もまた楽しめます。何度も足を止めながら、ぜひオロフレ山を楽しんでみてください。

最寄りの温泉情報

登別温泉

全国的にも有名な登別温泉があります!登別地獄谷にも、ぜひお立ち寄りください!

所在地

北海道登別市登別温泉町

第一滝本館     大人2,000円

登別石水亭     大人800円

登別グランドホテル 大人1,500円

登別万世閣     大人1,100円

ホテルゆもと登別  大人1,000円

花鐘亭はなや    大人1,000円

夢元さぎり湯(温泉銭湯) 大人420円

洞爺湖温泉

所在地

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉

洞爺湖温泉

洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
大人1,000円

絶景の湯宿洞爺 湖畔亭
大人800円

洞爺湖観光ホテル
大人700円

ホテルグランドトーヤ
大人500円

北海ホテル
大人500円

ゆとりろ洞爺湖
大人(平日)500円(祝休日)1,000円

洞爺サンパレス リゾート&スパ大人(平日)800円(繁忙期)1,500円

洞爺温泉ホテル華美
大人500円

源泉かけ流しの温泉がたくさん!泉質や営業時間などの詳細は、下に登別国際観光コンベンション協会、洞爺湖温泉公式HPよりご確認ください。

おわりに

オロフレ山登山は、とにかく楽しかった!

景色がよく見える日に登れたので、いい思い出しかありません。

オロフレ山登山は、標高差300mで登りに1時間30分。きつくないし、景色は常にいいし、花は咲いているし、本当におすすめの山ですよ!

ご紹介した登別温泉も洞爺湖温泉も、登山口からは距離がありますが、北海道でも有数の温泉地。温泉はもちろん、宿泊にもおすすめです。

北海道で登山がしたい方へ! 私が登った山レポを一挙ご紹介!

参考リンク

登ろういぶりの山 山登りまち巡りガイド−オロフレ山−

オロフレ峠 壮瞥町そうべつ観光協会

登別温泉日帰り温泉 登別国際観光コンベンション協会

洞爺湖温泉公式HP −温泉−

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!