キャンプアイテム

シェルフコンテナにFREEDOM縞板天板を乗せたら最高に使いやすかった!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

雑誌やキャンプ場でもよく見かけるスノーピークのシェルフコンテナ。

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

形を変えて2WAYで楽しむことができます。

そのスタイリッシュさに憧れて、シェルフコンテナ50を購入しました。

遅れて、縞板天板も購入!

created by Rinker
Freedom
¥10,999 (2020/09/25 15:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

ソロ用のテーブルを別に買おうか悩んでいたのですが、縞板天板を使えばテーブルにもなる!

シェルフ&収納コンテナ&テーブルの3WAY。縞板天板を組み合わせることで、活用度が広がりました。

さらに縞板天板は、車載にも便利なので、追加購入は正解でした!

✓ 収納コンテナの購入を考えている方へ
✓ シェルフコンテナが気になっている方へ
✓ 縞板天板の購入を検討している方へ
✓ シェルフコンテナの蓋をどうしようか悩んている方へ
✓ シェルフコンテナの蓋を自作しようか悩んでいる方へ

この記事は、シェルフコンテナの使い方や活用法、どちらのサイズがおすすめなのかなど、実際に使用して感じたことを中心に、写真も交えてお伝えします!

こんな収納ボックスがほしかった!収納があるとこんなに便利!

おすすめ収納アイテムsnowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

Snow Peakスノーピーク シェルフコンテナ

キャンプ用品が揃ってきたら、ほしくなるのが収納アイテム。

スノーピークシェルフコンテナは、多くのキャンパーが愛用している人気商品です。

仕様

シェルフコンテナは、25と50の2サイズ展開です。

シェルフ コンテナ
25
シェルフ コンテナ
50
サイズ(mm)
上外寸
下内寸
325✕520✕H210
290✕405✕H195
405✕625✕H270
370✕500✕H255
重量3.6kg5.5kg
最大積載量20kgまで20kgまで
税抜価格9,600円12,200円

シェルフコンテナの特徴

  • 3個まで重ねて使用することができる
  • 広げるとシェルフ(棚)として活用することができる
  • グリップは竹素材
  • 四隅には重ねられるコーナーが取り付けられている
  • 耐候性があるガルバリウム鋼板素材
snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

この金具のロックの開閉により、形を変えることができます。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,800 (2020/09/25 10:01:14時点 Amazon調べ-詳細)

スノーピークのシェルフコンテナ50の価格12,200円。こんなに高いのに、なぜキャンパーは収納アイテムを購入するのでしょうか。

収納アイテムを使うと、こんな3つのメリットがありますよ!

①キャンプ用品を大切に運搬することができる

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

車での移動が付き物のキャンプ。

振動する車の中で揺れ動きます。傷が付いたり壊れたりする心配もありませんか?

不安定な状態で積み込めば、それだけ壊れる可能性が高くなってしまいます。

収納コンテナ、収納ボックスに入れると、ある程度の枠の中に収まります。ズレ動かないためにも収納アイテムがあると便利ですよ!

②キャンプ用品をまとめて保管することができる

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

手斧、エアーポンプ、ストーブファン、温度計、一酸化炭素警報機、ランタンなど、細々としたキャンプ用品。それらを一括して収納すると、運搬も少ない回数でできます。

キャンプ用品の収納場所、定位置が決まると忘れ物が減るというメリットもありますよ!

③キャンプサイトをよりおしゃれにすることができる

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

シェルフコンテナの中には、クーラーバックやその他の食材が入っています。

ビニールの買い物袋がそのまま地面に置いてあったら、格好良くないですよね。

この時はまだ、縞板天板なしで利用していたのですが、天板があれば蓋になるので、より安心です!

収納アイテムが気になる方へおすすめの記事はこちら!

ソフトタイプの収納コンテナはこれを愛用しています!

シェルフコンテナは縞板天板とセット使いが最適な理由

車載が楽になりました

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

縞板天板を買う前は、シェルフコンテナの上には何も置くことができませんでした。

無印の頑丈ボックスの上に、シェルフコンテナを積み上げたこともありますが、一苦労です。

いつか腰を痛めてしまいそうな、そんな積み込みでした。

ですが、縞板天板があれば、シェルフコンテナの上に、違うキャンプ用品を乗せることができます。

シェルフコンテナ同士は、縞板天板なしで重ねることができます。※同じサイズの場合に限ります。

蓋があると野外使用に便利!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

野外に置いておくと、雨の日など、蓋があったらいいなと思うことが必ずあると思います。

メッシュタイプのコンテナは、土や草、虫まで入り込んでしまうことがあります。アリの巣が近い場合なんて大変です…

無印頑丈コンテナほど密閉感はありませんが、蓋はあって後悔しませんよ。

野外使用のコンテナは絶対に、蓋ありをお勧めします。

テーブルとして活用できる

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

アイアンのメッシュテーブルを使っていたのですが、それだけだと、手狭になっていたので、同じようなコンパクトなテーブルを探していました。

テント内で使える、大きすぎないテーブル。

しかも火器を乗せても使えるアイアン製やステンレス製のものを探していました。

新しいテーブルを買うとなると、さらに荷物が増えるー

それなら、いつもシェルフコンテナは持っていくのだから、それに縞板天板を乗せてテーブルに使うとしたらどうだろう?

その考えは大成功!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

大きすぎず、テント内の広さを圧迫することはありませんし、熱い鍋なども乗せられます。

加熱料理が心配なくできますよ!

テーブルにしたいなら自作?天板購入?

スノーピーク(snow peak)がおすすめしている天板はこちら

マルチファンクションテーブル ロング竹

コンテナの蓋にするというよりも、シェルフコンテナに接続することができる、別売りのテーブルの天板です。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥20,350 (2020/09/25 10:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

シェルフコンテナ専用の蓋・天板の販売は、スノーピークにはありません。

蓋をDIYする方も多くいます!

すのこや板を購入して自作する方法が、ネット上でも多く出ています。

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

以前に、シェルフコンテナ用ではなく、無印頑丈ボックス用の天板を自作しました。

こちらもテーブルとしての用途ができ、今でも使用しているのですが…

水に弱いことが弱点です。蜜蝋ワックスを塗装して、多少の撥水はありますが、何回も使用しているうちに、いつの間にか、水の染みができてしまいました。

しかも、木製なら、その上では火器調理はできません。熱い鍋などを置いてしまうと、焼き痕が付いてしまいます。

木製はおしゃれで、雰囲気もよくなるのですが、私は金属製の天板が、より実用的でいいと思います!

ステンレス製や縞板天板がおすすめ!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板
snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

こちらは、スノーピーク販売の純正品ではありません。

真鍮のアウドドアブランドFREEDOM(フリーダム)が、スノーピークシェルフコンテナ用の天板を販売しています。

FREEDOM(フリーダム)は、縞板天板の他にも、ステンレス製商品の取り扱いもあります。

FREEDOM スノーピークシェルフコンテナ用の天板をご紹介!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

持ち手にもなるこの部分。シェラカップを引っ掛けておくことができます。

天板を持ち上げて中のものを取り出すときにも、持ち運びにも取手があると凄く便利です。

仕様

スノーピークのシェルフコンテナに合わせて、サイズは25用と50用の2展開です。

サイズ[25用]43✕32✕H3cm
[50用]53✕39✕H3cm
縞板厚2mm
重さ[25用]約1.1kg
[50用]約1.6kg
素材本体:縞板アルミ
取手部:ステンレス
原産国日本

商品の特徴

  • 軽い
  • 耐熱性あり
  • 傷が付きにくい
  • ステンレスレバーがある
  • 開いた状態でも乗せられる
  • 縞板5本線があることで滑らない

コンテナを開いた状態でも、上に天板を乗せられます

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

開いたままでも縞板天板を乗せることができます。上にものを置いてしまったときに、天板を浮かさずに、すぐに取り出すことができますよ。

種類と価格

50用縞板天板5本線
25用縞板天板5本線
8,900円
7,900円
【PT2(ハーフ)2枚組】
50用縞板天板5本線
25用縞板天板5本線

9,900円
8,900円
50用縞板天板ジュエリープレート
25用縞板天板ジュエリープレート
9,900円
8,900円
【限定版】
50用縞板天板ヘアライン
25用縞板天板ヘアライン
13,900円
12,800円

マットブラックやマットレッドと、天板に色がついているものも販売されていましたが、私がチェックしたときには、全て完売していました!

鉄鋼の天板だからできることがあります

耐熱性の高いテーブルが安心です

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板
snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板メスティン

キャンプ中、たくさんの火器を使用します。

火を扱う時のテーブル、耐熱性の縞板なら安心ですよ!

耐荷重にも優れています

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

灯油ランタンでポンピング加圧する際にも、安定した場所が必要です。

雪中キャンプのような場合、地面の上でポンピングができません。固くて安定した場所を確保できるのは便利!

重いものを乗せても安心です。

何より、傷が付くことを気にせずガシガシ使えるのが◯!

汚れても洗い流せます

鉄鋼の天板なら、土や泥が付いたとしてもすぐに拭き取れます。

先日、この天板の上にコベアキューブを乗せて調理中、油がたくさん飛んでしまい、天板が汚れました。

しかし、この天板を外して洗い場に持って行き、洗剤で洗うことができました。おかげで元通りピカピカです。

DIYの木製天板なら、そうはできなかったと思いますよ…

シェルフコンテナ25と50のどちらがおすすめ?

私はテーブルとしても使える50がおすすめ!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

天板を使い始めてから、特に50を買っていてよかったと感じるようになりました。

きっと25なら、テーブルとしては小さすぎるのではないかと思います。

25を買わなかった理由

単純に、シェルフコンテナ50で12,200円、25で9,600円。(税抜)天板に関して言えば、1,000円しか変わりません。

25の価格が半分なら、もしかしたら25を2個買っていたかもしれませんが…

収納できる量を考えたとき、50の1個買いを決めました。

結果、テーブルとしても活用できたので、50にして本当によかったです。

シェラフコンテナを2つ3つと重ねて使うことが一番の目的なら、25をおすすめしますよ!

重さは気になるけれどたくさん入ります

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

無印良品のカゴを入れて仕切り代わりにし、中で物が動かないように工夫している方もいます。

使用してみると、たくさんの物を入れているため、中で動いてしまうことはほぼありません。

縞板天板を使うようになってからは、高さも合わせて収納しています。

フュアーハンドランタンを入れても、天板は閉まりますよ!

買う前に、重さは注意してくださいね!

シェルフコンテナの自重だけで、25は3.6kg、50は5.5kgあります。

シェルフコンテナに物を収納すると、さらに重くなるので、1つずつの運搬をおすすめします。

2つ重ねて運ぶのは、シェルフコンテナが空ならできるかもしれませんが、かなり重くなりますよ。

その他のおすすめ活用法

家でも活用!インテリアに

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

来客用の荷物置き場にしてみました。カフェ気分が味わっています。

家での収納に

キャンプとは全く違う用途として、衣類の収納などに活用している方もいるようです。

重さがあるので、毎回物を取り出すために動かすことはできませんが、置いておくだけで存在感があり、きっとお部屋が格好良くなりますね!

ステッカーを使うとさらにおしゃれに

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

多くの人が使っているからこそ、自分らしくカスタマイズしてみませんか?

snow peakのロゴはもちろん付いていますが、ちょっと控えめ。

私もステッカーを貼って楽しんでいます。

好みのアウトドア ステッカーでカスタマイズ!

おわりに 毎回使うものだから丈夫でいいものを!

snowpeakシェルフコンテナ50スノーピークFREEDOMフリーダム縞板天板

シェルフコンテナのデメリットは、値段の高さという方が多くいます。

収納アイテムに1万円越え…しかもその蓋の縞板天板も約1万円!

確かに高いのですが、毎回のキャンプで活躍するものだとしたら、どうですか?

しかも一度買ったらずっと使うことができます。

それだけの価値があるからこその値段なのではなりでしょうか。

シェルフコンテナ単独で使用しているという方がもしいたら、縞板天板も絶対おすすめです!

そして、これからスノーピークのシェルフコンテナの購入を考えているという方は、予算が許すなら、縞板天板もぜひ購入してくださいね!

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,800 (2020/09/25 10:01:14時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Freedom
¥10,999 (2020/09/25 15:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

参考リンク

スノーピーク*snow peak

真鍮を中心としたアウトドアブランドFREEDOM

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『Possibility.Labo*ポジラボ』では、北海道の絶景やあそびをお届けしています。

ポジラボan

ツイッターでも、ブログ更新情報を日々発信中♪

気になる方は、ぜひ、ポジラボan(@Possi_Labo)をフォローしてくださいね!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!