キャンプアイテム

アソビト(asobito)ランタンケースはリピ買い決定の収納アイテムだった!【愛用者徹底レビュー】

あなたは、どのようにランタンやストーブを収納していますか?そして、キャンプ場へはどのように運んでいますか?

収納ケースがあったら、本当に便利で安心!

愛用のキャンプ用品、大事に保管したり、収納して運んだりしたいですよね。

機能性抜群のケースに収納できれば、キャンプ用品がより長く愛用できること、間違いなしです。

この記事では、こだわりのキャンプ用品をより大切に保管し、きれいに収納したい方におすすめのビッグウイングオリジナルブランド、アソビト(asobito)の収納アイテムをご紹介します。

中でも私が愛用しているランタンケースがおすすめ!

機能性抜群で見た目もおしゃれ、コスパが最高です。

1つ買って、もう1つ買い足してしまった私が、アソビト(asobito)の魅力を写真を交えてお伝えします!

ぜひ、収納アイテム選びの参考にしてくださいね。

アソビトランタンケース(防水9号綿帆布)がジャストフィット!

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ
asobito(アソビト)ランタンケースが収納に大活躍!

asoboto 激しく使える!オリジナル防水帆布ケース
「ランタンケース(防水帆布)」
品番:ab-017OD
SIZE:縦20×高さ42×マチ20cm

クッション内蔵で安全にランダンを運べます。
大型ランタンの収納に最適。
【POINT】
1水や油汚れなども気にせず収納
2使い込めば込むほど風合いが楽しめます
3多彩なサイズバリエーション
4シンプルで飽きのこないデザイン

アソビトランタンケース 商品タグ記載
アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ

私が愛用している収納ケースは、asobito(アソビト)防水9号綿帆布ab-017ODです。

保管や持ち運びに、やっぱり収納するものがほしいですよね。

しかし、サイズや形がぴったりなのを探すのが大変とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

商品専用のケースはなんだか高いし、あまりデザインも好みではないということもよくある話ですよね。

このアソビトランタンケースは、

  • ペトロマックスランタンHK500
  • 武井バーナー501

など、いくつかの商品に対応できる形になっています!

まずは、そのぴったり感を写真で確認してください!

ペトロマックスランタン収納にぴったり!

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ
アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ
高さがジャスト!
アソビトランタンケースペトロマックスランタンHK500
縦20㎝×高さ42㎝×マチ20cm直径17×高さ40㎝

収納したペトロマックスランタンを紹介しています

武井バーナー501収納にぴったり!

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
アソビトランタンケース武井バーナー501
縦20㎝×高さ42㎝×マチ20cm直径19㎝高さ37㎝

高さには少し余裕がありますが、周囲がしっかりとクッションに包まれているので動くことはありません。

シンデレラフィットですよね!しかも見た目も格好いい!

はじめに武井バーナー用にランタンケースを購入して大満足だったので、その後、ペトロマックスランタン用にもう1つ購入してしまいました。

1個6,900円…高いと感じる方もいるかもしれません。

でもメーカーが販売する専用のケースは、割高で1万円もするものもあります。

価格を抑えたくて5,000円以下の商品を買っても、シンデレラフィットせず、結局、収納力や機能性を妥協してしまうのなら、購入した意味さえ半減です。

収納した武井パープルストーブを紹介しています

アソビトは性能が優秀!コスパが最高!

アソビト商品の機能性を知ってしまえば、他の収納ケースが選べなくなってしまうかも!

お気に入りポイント①縦のファスナーで入れやすさが抜群

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
開きやすくするために ガイロープを付けました

アソビトランタンケースは、持ち上げて上から入れるタイプではなく、縦ファスナーが2つあり、開くタイプです。

そのためケースの内部が全て見え、入れるものも持ち上げる必要がないので、とても入れやすいです。

お気に入りポイント②クッション素材でしっかり保護

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

ケースの内側は全面が、クッション素材!

車に積んで移動すると、どうしても揺れがあり、他の道具とぶつかってしまいます。このように、すっぽりと保護されているので安心です。

お気に入りポイント③材質は防水性、油汚れに強い綿帆布 

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
防水性・撥水性◎
アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
丈夫なつくりです

帆布にはロウ引き加工がされているので、防水性、撥水性に優れ、燃えにくい作りになっています。

持ち手部分もファスナー部分も丈夫な作りです。自立する形で、長く使えそうなのが嬉しいですね。

お気に入りポイント④スタイリッシュな色味

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

アソビトの商品説明に飽きの来ないデザインとありますが、必要なものだけがあるシンプルなデザイン。

しかも使い込むほどにいい風合いが出てくるというから楽しみですね。

お気に入りポイント⑤使いやすい機能性

サイドポケットは1つ

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

ポケットも付いていて、実用的です!

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
asobitoのタグも付いています

重量は600g

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

クッション内蔵でがっしりしています。

ある程度厚手の綿帆布なので軽くはありませんが、それほど重さは気になりません。

アソビト(asobito)は どんなブランド?

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
どちらもジャストフィットでした!

ビッグウイングオリジナルブランド「asobito」。
asobitoとは、遊び(asobi)と外(soto)を組み合わせた造語で、アウトドアやキャンプシーンで「あったらイイな」をカタチにするために生まれたブランドです。素材には、撥水加工を施した防水帆布を採用。アウトドアで激しく使っても、経年変化を楽しみながら長く愛用していただけるアイテムをご提供します。


【 もの遊び + 外 = asobito 】
■水や油汚れなども気にせず収納
■使い込めば使い込むほど風合いが楽しめます
■多彩なサイズバリエーション
■シンプルで飽きのこないデザイン

ビッグウイングWEBサイトより

アソビトの商品は、どれもしっかりとした綿帆布を使用しているので、価格は決して安くはありません。

縫製もしっかりしており、とにかく機能性に優れたこだわりの商品です。

収納ケースと見ると、高く感じる価格かもしれませんが、すでにこの収納ケース自体がキャンプアイテムと言ってもいいのではないでしょうか。

最近、アソビトシリーズの商品を使用している人を多く見かけるようになりました。

一式アソビト商品を揃えて使用しているこだわりのキャンパーもいるほどです。

後ほど取り扱い店についてご紹介しますが、キャンプ好きの方の間では、メジャーになってきていることは間違いありません。

アソビトで揃えたくなっちゃう!商品ラインナップ紹介

サイズや仕様の詳細は、下の商品リンクでご確認いただけます。

スキレット&クッカー(Skillet & Cooker)

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
出典:ビッグウィング

トートバッグ(Tote bag)

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
出典:ビッグウィング

ツールボックス(Tools & Gear)

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
出典:ビッグウィング

ログキャリー(Log carry)

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
出典:ビッグウィング

Best seller

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
出典:ビッグウィング

ランタンケース

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

商品名とメーカー価格一覧

アソビトのカタログ記載の商品名と税別価格です。

区分商品名税別価格
Skillet & Cooker・クックセットケース
・6.5インチスキレットケース
・10インチスキレットコンボクッカーケース
※全てオリーブのみ
3,000
3,000
3,500

Tote bag・テーブルトートバッグLサイズ
・コンテナトート
※オリーブとキャメル
5,000
3,500
Tools & Gear・ツールボックスXSサイズ
・ツールボックスSサイズ
・ツールボックスMサイズ
※オリーブとキャメル
3,200
3,900
4,900
Log carry・薪ケース
※オリーブとキャメル
6,000
Best seller・ランタンケース
・ポールケース
・ウォールポケット
・ペグケース
・トライポッドケース
※全てオリーブのみ
6,900
7,200
2,900
1,200
1,800

※価格の変更があるかもしれません、購入の際には価格をよく確認の上、ご購入ください。

最近、キャメル色のラインナップも増えてきました。アソビトの基本はオリーブカラーです。私が写真で紹介しているものはオリーブです。

黒っぽいので汚れがついても、気にならなさそうな色なので安心です。使えば使うほど風合いも良くなるそうなので楽しみです。

ネット購入可能 店頭販売もしています

アソビト商品取扱店は?

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ

私が見たのは、スポーツオーソリティとA&Fカンパニー、秀岳荘です。

これらのお店は取扱店として、ビッグウイングHPでも紹介されています。取扱店は、商品ラインナップもよく、たくさんの商品が置かれていました。

また、それ以外のアウドドアショップでもアソビト商品を見かけるようになりました。

品揃えは正規取扱店よりも少ないですが、素材感は、実物を見て触るとよくわかりますので、ぜひ店頭でもチェックしてみてください!

ネット購入がお得!

アソビトランタンケースは、楽天で6,900円、税込みで7,452円で販売していました。私はTポイントが使えたので5,000円弱で購入することができました。

Amazonでも購入することができます。Amazonでは、プライム会員であれば、送料無料対象商品になっています。

品揃えが豊富なお店であっても、上に紹介した全ての商品があるとは限りませんので、ネット購入がおすすめですよ!

リピート買いするほどのお気に入りアイテムです!

アソビト,asobito,ランタンケース,収納,帆布,防水,クッション,保護,人気,おしゃれ,ペトロマックス,武井バーナーパープルストーブ,サイズ
気に入ったので
ランタン用に追加購入しました!

サイズ感、保護感が絶妙!収納は大雪です

  • ランタンはホヤを壊さないように慎重に運びたい
  • 冬の間使わないストーブを、大切に保管したい

収納しているケースがそれほど格好よくなかったら、実は中のものがこだわりのものでも、隠れて引き立ちません。

でもこのアソビトは違います。ケース自体の機能性はもちろん、並べて置いても格好いい。

キャンプ場で、ケースから出して置いておいてもスタイリッシュ。おしゃれなサイトの邪魔をしません。

ただし、自立する形なので、畳んで片付けることができませんので、そこはご了承ください!

収納アイテム特集記事はこちら!

楽天広告
ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!