キャンプアイテム

【Helinoxチェア特集】ヘリノックスユーザーが後悔しない椅子の選び方を徹底解説!

たくさんのアウトドアチェアがありすぎて、何を買ったらよいか分からない…

キャンプ場やキャンプ雑誌でもよく見かけるHelinox(ヘリノックス)。

初めてヘリノックスチェアの価格を見た人は、こんなに高いの!?と驚くかもしれません

「価格が高いのに、なぜヘリノックスチェアを使っている人が多いのか」不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

ヘリノックスとほぼ同じ規格の模倣品もたくさん販売されています。

それでも、ヘリノックスが選ばれるのには理由があります。

コスパを重視するアイテムもありますが、「椅子は使用頻度が高いので、本当自分欲しいものを使いたい多少高くてもここには投資してもよいのでは?」というのが私の考えです。

中には、安い模倣品を購入して3回目で壊れたという人も…

使用頻度も使用時間も長いアウトドアチェアなので、お気に入りアイテムを使えば、満足感も高いですよ!

この記事では、テントやコット、ベンチなどもヘリノックスアイテムを使用しているヘビーユーザーが、ヘリノックスチェアの魅力をご紹介します。

また記事後半には、ヘリノックスがほしいけれど、ヘリノックスにはこだわらないという方へ構造がよく似たアウトドアチェアもご紹介します!

この記事の内容は

✔ おすすめのアウトドアチェアを知りたい
✔ 人気のHelinox(ヘリノックス)チェアの魅力が知りたい
✔ ヘリノックスチェアの種類と価格が知りたい
✔ ヘリノックスチェアを使っている人の感想や口コミが知りたい
✔ ヘリノックチェアの足やカバーなどのカスタマイズ品が知りたい

ぜひヘリノックスチェアが気になっている方は、ぜひ記事を最後まで読んで、この機会にお気に入りのキャンプギアを購入してみませんか?

Helinox[ヘリノックス]チェアワンを使用していましたが、新たにサンセットチェアを購入!

キャンプを始めた頃に購入したチェアワン2脚

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

登山もしていた頃だったので、コンパクト&軽量で携行性が抜群のヘリノックスチェアワンを選びました。

キャンプを始めたばかりの頃は、テントにテーブルに、シュラフにと買い揃えたいものが多く、椅子に1万円は高いとも感じたのですが…。

でも、アウトドアチェアは、季節を問わずキャンプでは毎回使う必須アイテム。

座り心地が良くて、壊れないヘリノックスを選んで良かったです。

▼こちらのリンクから、他のカラーも選べます

今回新しく購入したのは、タクティカルサンセットチェアです

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

チェアワンは壊れていませんが5年も使い続けているので、そろそろ他の椅子も使ってみたいと検討。

チェアワンに不満はありませんでしたが、ハイバックタイプに憧れもありました。

新しく購入した理由は、ハイバックチェアを体験してみたくなったから

ハイバックチェアに憧れがあったのですが、心配だったのは、チェアワンに比べ収納サイズも組み立てサイズも大きいこと。

2脚揃えてテント内が狭くなってしまったら困ると考えたので、まずは1脚を追加購入することにしました。

▼定価販売を見つけるのは大変かもしれません!

座り比べをしてみました!

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

主人の好みは、左のチェアワン。私の好みは右のタクティカルサンセットチェア。

人によって感じる座り心地は違うようです。

主人のおすすめ「チェアワン」

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

チェアワンは、サンセットチェアに比べ、かなりコンパクト。

主人は、焚き火との距離も近く座れる座面が低い方が好みのよう。

さらに、暑がりなのでメッシュ生地なので熱がこもらず、長く座っていてもしっくりくるということでした。

チェワンおすすめポイント
  • コンパクト
  • 軽い
  • メッシュ生地で通気性がよい
  • Helinoxチェアの中では手頃な価格
  • 丈夫

私のおすすめ「サンセットチェア」

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

値段はサンセットチェアの方が、倍も高いのですが、座り心地は、チェアワンもサンセットチェアのどちらも◎!包み込まれるような感じで、大きくは変わりはありませんでした。

一番のお気に入りポイントは、座面が高いので、立ち上がりが楽なこと。

2つ目は、首だけではなく、頭の高さまで背もたれがあるので、よりリラックスした姿勢で座れること。

普段は背もたれに背中を付けて座ることはそれほどないので、チェアワンとそれほど違いは感じませんが、これら2つの点で、サンセットチェアが私はお気に入り。

ただし、テーブルの高さに対して、座面がやや高めで、背もたれが長いことで場所を取ることがデメリットです。

今後もチェアワンを手放さず、サンセットチェアと両方使っていこうと思います!

サンセットチェアおすすめポイント
  • ハイバックなので、もたれかかってリラックスした姿勢がとりやすい
  • タクティカルはサイドにポケットがある
  • 座面が高いので、立ち上がりやすい

大事にしたいポイントが違えば、選ぶ椅子は人それぞれです

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
大きさを揃えた方が かっこいいですよね笑

使う人の体の大きさや、活動の度合いによって、その人それぞれのベストチェアがありそう!

使いたい場所(テントの高さ、広さ)、使用するテーブルによっても変わりますので、ぜひこのあとの選び方を参考に、自分に合う椅子を見つけてくださいね!

失敗しないアウトドアチェアの選び方【買う前にチェックしたい10のポイント】

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
キャンプ場で、椅子から眺める景色は格別です!!

買う前にチェックしたい10のポイント

アウトドアチェアを選ぶときのポイント
  1. 座面の高さ
  2. 座り心地 素材、クッション性
  3. 背もたれの高さ・角度
  4. 肘置きの有無
  5. 収納サイズ・使用サイズ
  6. 重さ・携行性
  7. 耐久性・耐荷重
  8. 組み立て式・折りたたみ式
  9. デザイン性 見た目、格好良さ
  10. ブランド・信頼性・保証

選ぶときに、各商品を比較するときに見てほしい10のポイントです。

人によって優先順位が変わりますので、これらの中から、妥協できるも(特に希望がない)のと、重視したいものを、まずは整理してみてくださいね。

【ポイント①】座面の高さ(ハイスタイル・ロースタイル)

組み合わせて使用したいテーブルの高さはどれくらいですか?

すでに一緒に使いたいテーブルがあるなら、座面の高さは合わせたいところ。テーブルの高さが違えば、ハイスタイル、ロースタイルで、全く選ぶギアが変わってきてしまいます。

アウトドアチェアを購入する前に、理想のキャンプスタイルを考えてくださいね。

【ポイント②】座り心地

見た目を優先して買ってしまうと、座り心地のよいアウトドアチェアに買い替えなければいけなくなるかもしれません。

失敗しないためにも、座り心地は必ずチェックしてください!

【ポイント③】背もたれの高さと角度

今回、買い替えの際に重要視したのが、こちらの「背もたれの高さ」でした。

これまで使っていたチェアワンはコンパクトさをより優先し、背もたれが低いタイプでした。

肩や首の高さまで背もたれがあると、よりリラックスした姿勢で座り続けることができます。

【ポイント④】肘置きの有無

ドリンクホルダーが必要という方は、取り付けが可能な形状か、すでにホルダー付きのチェアを選択する必要があります。

ヘリノックスチェアの場合は、ドリンクホルダー付きのタイプはありません。※別売りのホルダーがあります。

ただし、ドリンクホルダーに飲みかけの缶を入れて置いて、チェアを倒してしまったときは、チェアも汚れて大変です。

軽い椅子の場合は、座っていないときに、風などで簡単に倒れるおそれがありますので、ご注意くださいね!

【ポイント⑤】収納サイズ・使用サイズ

収納サイズ

コンパクトサイズのチェアを選べば、収納コンテナに家族全員分の椅子を、まとめて入れられるかもしれません。

人数が多いファミリーの場合は、チェアだけでもかなりの荷物になりますので、収納サイズは重要ですよ!

ヘリノックス最大の魅力は、コンパクトさと軽量性です。

使用サイズ

コンパクトなテントを使用している方は、ハイスタイルや背もたれありの椅子はおすすめできません。

例えば、4人分のチェアを並べられるスペースは、テント内にどれくらいありますか?

テント外で使用する予定という方でも、気温が低かったり、雨が降ったりしたら、テント内に入らないといけない場面が必ずあります。

夜は防犯や朝露の問題で、アウトドアチェアも、テント内に移動させる必要もあります。

背もたれや肘置きありの構造のアウトドアチェアは、畳めばよいかもしれませんが、大きさがデメリットになることもあるのでご注意ください。

【ポイント⑥】重さ・携行性

日の出を目指して登った登山。ヘリノックスチェアを持って行き、山頂でゆっくりと椅子に座わって1時間ほど珈琲を飲みながら過ごすことができました。

荷物が軽いのは疲労軽減に繋がります。

オートキャンプメインの方は重さは気にならないかもしれませんが、気軽に持っていこうと思える携行性はキャンプ以外の場面で使う機会が増え、きっと大きなメリットになりますよ。

バックパック一つに全てのキャンプギアをまとめるウルトラライトなキャンプを楽しむ方にも、ヘリノックスチェアは軽量なのでおすすめです。

【ポイント⑦】耐久性・耐荷重

最近の椅子はどれも性能が高く、簡単には壊れませんが、耐荷重はチェックしておきたいポイント。

繰り返し使うものだからこそ、頑丈な作りのチェアを選びたいですね。

軽さを重視しすぎて、耐久性に心配な椅子を選ばないよう、耐荷重も必ずご確認ください。

【ポイント⑧】組み立てのしやすさ

収束式のタイプは、広げるだけで組み立てが簡単ですが、ヘリノックスチェアはフレームと組み立て部分を別にして収納しているため、組み立ては1分ほどかかります。

組み立ての方法はとてもシンプルなのですが、均等に力を掛けながら少し引っ張り、フレームを座面の穴に差し込むので、ちょっとしたコツが必要です。

小学生くらいのお子さんでも組み立てられるかと聞かれると、少々力がいるため難しいかもしれません。

✔ 組み立てのしやすさを優先するなら、収納サイズは大きめでも収束タイプ
✔ 収納サイズが優先なら、ヘリノックスチェアのような組み立て式

どちらを優先するかがポイントになります。

ヘリノックスは、収束式ではありませんので、収束式が希望の方は他のブランドをおすすめします。

【ポイント⑨】見た目・格好良さ

見た目の格好良さは大事ですよね。

形はもちろん、様々なカラーがあります。ぜひ長く使いたいたくなるような、お気に入りのものを探してくださいね!

〈参考〉憧れだったカーミットチェアとニトリチェア

【ポイント⑩】ブランド・信頼性

「ヘリノックスを使用したい」そのようなブランド志向の方も多いかもしれません。

「ヘリノックスチェアは、所有感を満たしてくれるアイテム」と表現した人もいました。

アフターケアがしっかりとしているメーカーを選ぶことも後悔しないための大事なポイントです。

初期不良等があったときに対応してもらえる「信頼のあるメーカー」さんの商品を選びたいですね。

返品保証などの保証もご確認ください。

これらを総合的に判断し、コストパフォーマンスの高いアイテム、満足感の高いアウトドアチャアをお選びください!

Helinox[ヘリノックス]チェアの種類と価格比較

ここでは、価格は高めでもヘリノックスチェアをぜひ使いたいと思った方向けに、ヘリノックスチェアを紹介します。

ヘリノックスチェアと言っても、種類が豊富で、選ぶのが大変!

座面の高さや背もたれの高さ、収納サイズやデザイン等が様々なので、ぜひお気に入りのチェアを見つけ出してくださいね!

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
秀岳荘北大店には各種ヘリノックスがありました!

基本分類とサイズ比較表

軽量・コンパクトタイプ重量座面高本体高さ
チェアワン(ミニサイズ)
②チェアゼロ
③チェアワン※使用アイテム
④チェアワンL
⑤チェアツー(チェアワンのハイバック)
450g
490g
890g
1090g
1070g
23㎝
28㎝
35㎝
37㎝
34㎝
44㎝
64㎝
66㎝
72㎝
84㎝
ハイタイプ
⑥サンセットチェア※使用アイテム
⑦サバンナチェア
1340g
1800g
45㎝
45㎝
98㎝
112㎝
ロータイプ
⑧フェスティバルチェア
⑨グラウンドチェア
⑩ビーチチェア
⑪ブライアチェア
1150g
615g
1340g
1790g
30㎝
22㎝
27㎝
27㎝
46㎝
49㎝
80㎝
93㎝
ユニークタイプ
⑫スウィベルチェア1210g38㎝73㎝
※重量はバッグを除いた本体重量

重量は一番軽いもので450g。座面の高さも10cm違うと、座った感じがかなり異なります。

タクティカルは 5シリーズ

お気に入りは「タクティカルサプライ」

タクティカルサプライは、クラシックなヘリノックス製品の多くにミリタリーなカラーと機能をもたらします。タクティカルサプライにしかない機能もあり、スタイルと機能を両立させたラインナップです。もちろん、軽量アルミテントポールのトップメーカーであるDACが展開した、高強度、最小重量、驚異的な携帯性を兼ね備えたイノベーティブな製品設計を継承しています。

Helinox HPより

ミリタリーシリーズのタクティカルは、定番のチェアワンとの違い、両サイドにポケットが付いていたり、ワッペンを付けられるベロクロがあります。

よりおしゃれさを追求したいというキャンパーに人気のシリーズです。

■タクティカルの種類と特徴取り扱いカラー定価
①チェアミニ
・3色
ブラック
コヨーテ
マルチカモ
12,100円
12,100円
13,200円
②チェア
・7色
デザートタン
ブラック
コヨーテ
フォリッジ
リアルツリー
ダックカモ
マルチカモ
14,080円
14,080円
14,080円
14,080円
16,280円
16,280円
16,280円
③チェアL
・3色
ブラック
コヨーテ
マルチカモ
15,180円
15,180円
18,480円
④サンセットチェア
・タクティカルシリーズは3色
ブラック
コヨーテ
マルチカモ
21,780円
21,780円
23,980円
⑤スウィベルチェア
・2色
・回転
ブラック
コヨーテ
17,050円

HOME DECO&ビーチ

■ホームの種類と特徴取り扱いカラー定価
①ミニ
・4色
ベージュ
スチールグレー
コーヒー
ラグーンブルー
12,100円
②コンフォートチェア
・5色
カプチーノ
コーヒー
スチールグレー
ベージュ
ラグーンブルー
15,180円
③チェアツーホーム
・4色
・ハイバックスタイル
ベージュ
スチールグレー
コーヒー
カプチーノ
18,480円
④ホームチェアXL
・4色
スチールグレー
マッチャ
コーヒー
ベージュ
20,680円
⑤サンセットチェア
・4色
・ハイバックスタイル
メージュ
スチールグレー
コーヒー
ラグーンブルー
21,780円
⑥ビーチチェア
・2色
・ハイバックスタイル
ホワイト
ブラック
24,200円

種類が豊富で、選べるのは嬉しいですが、これだけあると、何を選んだよいかわからなくなってしまいますね!

ロングバックタイプ(背もたれ長め)は、4種類あります!

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
  1. タクティカルサンセットチェア
  2. サンセットチェア
  3. チェアツーホーム
  4. ビーチチェアメッシュ

耐荷重はすべて145Kg 座面の高さに違いがあります

種類タクティカル
サンセットチェア
サンセットチェアチェアツー
ホーム
ビーチチェア
メッシュ
定価21,780円
デザートカモ
23,980円
21,780円18,480円24,200円
耐荷重145kg145kg145Kg145Kg
総重量1480g1580g1149g1460g
座面の高さ46cm46cm34cm27cm
使用時
サイズ
58×70
H98cm
58×70
H98cm
55×60
H85cm
59×73
H80cm
収納時
サイズ
φ15×46φ15×4615×4655×15×23
created by Rinker
ヘリノックス(Helinox Home,Deco & Beach)
¥23,376 (2021/09/16 10:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

ビーチチェアは、サンセットチェアのメッシュバージョン。

座面の素材や形に違いがあります

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

タクティカルは、携帯電話などが入るサイズのポケット付きです。

見た目はほぼ同じですが、座面の素材や高さが少しずつ異なりますよ!

その他にも様々なシリーズがあります!

  • チェアワン
  • チェアホーム
  • コンフォートチェア
  • ホームビーチチェア
  • サマーキット

Helinoxチェアの魅力を愛用者が解説【メリット&デメリット】

Helinox[ヘリノックス]ブランド 

所有感を満たしてくれる、一流ブランドです

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

Helinox( ヘリノックス )は高強度、軽さ、驚異的な携帯性を兼ね備えた革新的なチェア等の製品をデザインしているブランドです。どこへでも持ち運びができる軽量さと1日中使用できる快適さを合わせ持ち、その優れたデザイン性でアウトドアファニチャーの進化をリードし続けています。
ヘリノックス ブランドの「ホーム・デコ&ビーチ」と「タクティカルサプライ」 2つのラインと特別な数量限定のコラボモデル(別注モデル)のご紹介やヘリノックスが手掛ける気鋭のバックブランドのTERG( ターグ )をご紹介しています。

Helinox公式HPより

ヘリノックスチェアの模倣品が多数販売。それも、人気があるの証拠です。

本物志向のユーザーは多数。ブランド力もあって、ヘリノックスの人気はかなり高いですよ。

【ヘリノックスの魅力①】こんなに細い脚でも頑丈!

独自構造のジョイントで安定感も抜群

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

北海道で一番高い場所にある然別湖での一枚。

湖畔にはテント設営ができないのですが、コーヒーと椅子を持って景色を楽しみました。

チェアワンを購入したのは、今から5年前。

始めはこんなに軽くて、細い脚で大丈夫?と、正直思っていましたが、年間30泊以上のアウトドアで欠かさず、5年使っても不具合なし。

独自構造のジョイントで、多少の凹凸がある場所でもバランスを保ってくれ、安定感も抜群です。

【ヘリノックスの魅力②】コンパクトさ

小ささは最大のメリット!車載に困りません

Helinoxチェア、どこにあるかわかりますか?

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
助手席の後ろあたり!
アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

他の荷物に紛れてしまうほどのコンパクトさです。

コンテナに複数入れられるサイズ

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

コット2つと椅子2つとマットを入れても、まだブランケットも入るサイズ。

コンテナに入れて運搬しても、1つ1つが軽いのでそれほど重くなりません。

少ない回数で積み下ろしができるのも、疲労軽減になります。

座面が低いロータイプのチェアはテント内でも快適です

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

サイズは、収納時だけではありません。組み立て後の大きさも大事。テント内に配置することも考えて選んでくださいね。

広いテントであれば、チェアがあっても狭さは気になりませんが、あまり広くないテントに大きい椅子では圧迫感を感じてしまうかもしれません。

夏は、タープなどの下で使用するので、窮屈さは感じないかもしれませんが、寒い季節までキャンプをする方は、テント内での使用も考える必要がありますよ!

【ヘリノックスの魅力③】軽量性

片手で楽々持ち上げられる軽さです

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

テント内で使用していた椅子を、少し景色の良い場所へ移動させる。

そんなときにも軽いヘリノックスチェアが活躍。

一番軽いチェワンミニは、500g以下。愛用のチェアワンは、890g。サンセットチェアでも1,340gです。

ただし、椅子の上にブランケットなどを乗せないと、簡単に風で倒れたり飛ばされたりしてしまうので、気を付けてくださいね!

小さいだけではなく、軽いから気軽に使用できます

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

スポーツ観戦、公園への散歩。キャンプ以外にも使用機会があるなら、軽さも重要。

他の荷物があっても、一緒にザックに入れられると便利ですし、何より重いと持っていく気持ちにもなりません。

【ヘリノックスの魅力④】包み込まれれるような座り心地

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

コンパクトで軽量であっても、座り心地が満足できるものでなかったら意味がありません。

ヘリノックスチェアは、どれも吊り下げ式のシートなので、お尻から背中まですっぽりと包み込まれるような感じ。

長時間座っていてもお尻が痛くなったことはありません。

肘掛けがないのがデメリットですが、それ以外は最高ですよ!

【ヘリノックスの魅力⑤】座面の高さが絶妙

ロースタイルチェアは焚き火との距離が近くていい

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

火の粉が飛んでくるような距離での使用は推奨できませんが、焚き火台の高さも考慮して選ぶことも一つポイントになるかもしれません。

先程、テーブルの高さに合わせてチェアの高さ選びが重要ということについて触れましたが、他の道具との高さを揃えることはかなり重要です。

キャンプ場で、どんな場面で使用したいか、想像してみてくださいね。

【おまけ】ロースタイルに揃えるとすべてがコンパクトになる

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

コンパクトな椅子には低いテーブル。そのように揃えていくと、他のギア選びも全体的にミニマムに。

道具の大きさは、設営撤収、運搬にかなり影響しますので、軽量&コンパクトは重要ですよ!

【デメリット①】脚が細いので、柔らかい地面では埋まります

雪や砂地のような柔らかい地面では埋まります…

でも、写真のように解決策はあり!

このあと、対策アイテムも紹介します。

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力

【デメリット②】ロータイプの椅子 寒い季節は冷えます

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
雪上キャンプは底冷えがダイレクトに伝わるかも!!

このような環境では、どのアウトドアチェアでも寒いとは思いますが…

こちらも、チャアカバーなどの対策アイテムが販売されています。

Helinox[ヘリノックス]チェア アクセサリーアイテムも充実!

脚埋まり対策アイテムが 複数ありますよ!

①グラウンドシート

Helinox正規品 〈4サイズあり〉定価3,300円

私達は麻袋を使用していましたが、一枚布があると埋まりは軽減!

しっかりと脚の先を装着するタイプなので、移動させるときにも楽ですね。

ビーチ使用が多い方なら、必須アイテムかもしれません!

  1. 38×32cm(タクティカルチェア用)
  2. 35×35cm(スウィベルチェア用 )
  3. 43×48cm(サンセットチェア用)
  4. 42×39cm(チェアツー用)

②チェアボールフィート(4PCS)

Helinox正規品  定価4,400円

デザインも複数あり、気になってはいますが、価格が…この価格で安い椅子が買えそうですね。

③ロッキングフット

Helinox正規品  ※対応チェアをご確認ください

サンセットチェアを購入したので、こちらが欲しい!と思ったのですが、これも価格が…。

長野アウトドアスタイルでも発売しています!

ヘリノックスの純正よりも価格を抑えたい方におすすめ!サイズにはご注意ください。

正規品の価格を見てからだと、安く感じてしまいますね。それでも5000円。

迷いますが、いつかは欲しいと思っています。

シートウォーマーがあると寒い季節まで暖かく使えます

夏は、通気性がよいメッシュ生地が快適ですが、秋冬は寒い。

ブランケットと組み合わせたり、カバーをつけたりすると暖かく使うことができます。

Helinox正規品 

created by Rinker
¥12,401 (2021/09/16 10:05:37時点 楽天市場調べ-詳細)

コットン、帆布、フリース素材のシートカバー

ヘリノックスの純正ではありませんが、使用できるシートカバーが発売されています!

電熱ウォーマー付がありますよ!

エアーヘッドレスト

ロングバックスタイルのチェアのベルクロ部分に取り付けられるピロー。

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox Home,Deco & Beach)
¥8,908 (2021/09/16 10:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリノックス アクティビティケース

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox Home,Deco & Beach)
¥2,530 (2021/09/16 10:05:30時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリノックス カップホルダー

ヘリノックス チェアアンカー

地面にペグ打ちして飛ばされないよう固定するための専用チェアアンカーもありますよ!

16cmのペグも1本付属しています。

created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥2,280 (2021/09/16 10:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリノックス ショルダーストラップ

タクティカルベンチ

ブラック、コヨーテ、グリーン、マルチカモの4色

※単色とマルチカモはの価格が異なります。

スツール(オットマン)

ヘリノックス タクティカル スピードスツール M

最近少し気になっているスツール。チェアワンと同じような価格ですが、一つあると便利そうですよね!

※単色とマルチカモはの価格が異なります。

スポンサーリンク

【まとめ】模倣品が多数あるのは人気の証拠!

構造がそっくり!?価格が魅力的なアイテムが多数販売!

ここまでヘリノックス推しで紹介してきたのですが、かなりヘリノックスに寄せて作られているアイテムが多数販売されています。

これらの椅子を使用した人の中には、「目をつぶって座ったら違いがわからない」という意見も。

カラーが豊富で、価格が3分の1から4分の1。3,000円以下で買えるものまでありますよ!

実際に使用していないので、耐久性等はわかりませんが、これくらいの価格ならとりあえず使ってみたいという方もいるかもしれませんね。

5,000円以下で買えます!

FIELDOOR[フィールドア]  約1,000g

DesertFox[デザートフォックス] 約1,020g

BUNDOK[バンドック] 約1,900g

Linkax    約900g

Moon Lence 約890g

Mozambique(モザンビーク) 約1,280g

PONCOTAN  約900g

Viaggio+[ヴィアッジオプラス] 約990g

iClimb(アィクラィム)  約1,000g

Naturehike[ネイチャーハイク] 約1,100g

補足

小さなお子さんと一緒に使う椅子なら、ベンチタイプがおすすめ!

収納サイズが大きいのがデメリットですが、開くだけですぐに使用できますし、寝かせたりすることもできますよ!

ヘリノックスは一度使うと きっと魅力がわかりますよ!

アウトドアチェア,Helinox,ヘリノックス,チェアワン,タクティカル,サンセットチェア,違い,種類,座面,大きさ,重量,比較,選び方,メリット,デメリット,魅力
▲愛用中のHelinoxテント Vタープ4.0

Helinox(ヘリノックス)の商品を愛用し、軽量と丈夫さに惚れ込んで、テントやテーブル、ベンチなど様々なヘリノックスアイテムを購入。

どれも価格は高いのですが、”せっかく買うならと長く使える好きなもの”と選んでいると、いつの間にかヘリノックスアイテムが増えてきいきました。

椅子に限らず、フレームの頑丈さとコンパクトさは他のブランドと比較しても素晴らしいですよ!

まだヘリノックスを使ったことがないという方も、ぜひ手頃なものから使ってみませんか?その魅力は、使うときっとわかると思いますよ!

私は、次の冬キャンプまでにチェアカバーかスツールを買いたいと思います!

ポジラボan

最後にヘリノックスチェアではないものを紹介しましたが、どれを使ってもキャンプはできます!笑

好みは人それぞれ。特に道具にこだわらない人も、お気に入りのアイテムがあるからこそキャンプがより楽しく感じるという人もいますよね。

長い記事になりましたが、後悔のない椅子選びのヒントになれば幸いです。
ぜひマイキャンプアイテムを揃えてキャンプを楽しんでくださいね!最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ブログ「Possibility.Labo*ポジラボ」では、北海道のキャンプ場やキャンプギア情報を発信しています!

Twitter、Instagram、YouTube「Keitan’s Camp」でも、最新の情報をお届けしていますので、ぜひサイトトップページからチェックしてくださいね。

YouTube「Keitan’s Camp」でも北海道からキャンプの魅力をお届けしています

タクティカルサンセットチェア初使用のキャンプ動画です!ぜひチェックしてくださいね♪

愛用中のキャンプギアを紹介しています

北海道のおすすめキャンプ場を紹介しています!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!