キャンプ場

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド2020年最新情報をまとめました!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

旧ポロシリ自然公園オートキャンプ場は2017年、スノーピークが指定管理者となり、リニューアルオープンしました。

それに伴い、名前は「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」へ。そして冬季営業も始まりました。

帯広市にありながらも帯広市中心にある帯広駅から約32km!

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドから温泉、コンビニ、ガソリンスタンドまでは約10kmあります。

スノーピークが運営するキャンプ場が、どのようなキャンプ場なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事はー

✓ どのようなキャンプ場なのか気になる方へ
✓ 実際にキャンプ場の利用を考えている方へ
✓ 冬も利用できるキャンプ場を探している方へ
✓ 十勝でキャンプを楽しみたい方へ

2020年最新の「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」情報をまとめました!

実際に利用してわかったことを写真を交えて詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたのキャンプライフが、もっと楽しくなる手助けができれば、幸いです。

キャンプ場の魅力まとめ

  • ペット同伴OK
  • 年中無休で冬キャンプもできる
  • フリーサイトがある
  • 電源付きオートサイトがある
  • 電源なしオートサイトがある
  • トレーラーサイトがある
  • スノーピークレンタル用品が揃っている
  • 手ぶらキャンプができる
  • コテージ泊ができる
  • オンライン予約ができる
  • 無料24時間シャワーが利用できる
  • ヘアドライヤーがある
  • 乾燥機、コインランドリー完備
  • 自動販売機がある

繁忙期以外は、水曜日が定休日です。火曜と水曜日の宿泊ができませんので、ご注意ください!

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドは、スノーピーク会員ではなくても利用OK。

私が利用した日は、いろいろなブランドのテントのキャンパーさんが、キャンプ場を利用していましたよ!

十勝ポロシリキャンプフィールドまでのアクセス&駐車場

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

所在地

北海道帯広市拓成町第2基線2−7

アクセス

  • 帯広空港から車で約30分(約23km)
  • 帯広駅から車で約45分(約32km)
  • 芽室帯広I.Cから車で約35分(約35km)
  • 帯広川西I.Cより車で約25分(約25km)
  • 中札内I.Cから車で約15分(約14km)

どこのI.Cで降りる?帯広広尾自動車道は無料区間です

札幌方面から高速道路を利用される場合、帯広JCTの料金所以降は、帯広広尾自動車道となり、無料区間です。

芽室帯広I.C直売所、インディアンカレー
エーコープめむろ店
フクハラ等に経由できる
帯広川西I.C市街地を通らずに行ける
買い出しが厳しい
中札内I.C「道の駅なかさつない」
マックスバリュ中札内
が経由できる

芽室帯広I.Cや中札内I.C周辺にはコンビニやガソリンスタンド、食事処もあります。

芽室帯広I.Cか中札内I.C経由だと、お店に寄ることができますよ。

旧キャンプ場名「ポロシリ自然公園オートキャンプ場」の看板もあります

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

数年前のナビであれば、ポロシリ自然公園オートキャンプ場で検索すると良いかもしれません。

駐車場

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

管理棟横に駐車場があります。

この駐車場は、フリーサイト利用者も駐車するスペースにもなっています。

オートサイトの2台目以降の駐車も、追加料金なしで駐車することができます。

お問い合わせ先

0155-60-2000

基本情報

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

十勝幌尻岳の山麓にあるスノーピーク運営のキャンプ場。

スノーピークの直営店もあり、キャンプ場でスノーピーク商品も購入できちゃいますよ!

営業期間

冬季間も利用可

定休日

毎週水曜日 ※祝日・繁忙期は営業 

チェックイン

13:00〜17:00
※Early check in 10:00

チェックアウト

11:00
※ Late check in 17:00

以前まで10時チェックアウトだったため、パンフレット等では10時となっているものがありますが、現在は通年11時チェックアウトです。

デイキャンプ

10:00〜17:00

施設・設備

  • 管理棟
  • スノーピーク直営店
  • 炊事棟
  • サニタリー棟
  • 電源なしオートサイト30
  • 電源ありオートサイト13
  • トレーラーサイト2
  • 灰捨て場
  • 駐車場
  • 24時間無料シャワー
  • 24時間無料洗濯機・乾燥機
  • 無料ヘアドライヤー
  • 自動販売機
  • 無料パークゴルフ場 ※自然公園内
  • 遊歩道 ※自然公園内
  • 自然加工体験施設 ※自然公園内

管理棟・スノーピーク直営店

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

管理棟には入り口が2ヶ所あり、1つは受付とスノーピーク直営店。もう1つの入り口は、正面入口の右手にあり、そちらから入るとトイレや洗面台、シャワー室などがあります。

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
2つ目の入り口

サイト利用客は誰でも、シャワーとランドリーが24時間無料で利用できますよ!

スノーピークのキャンプ用品が豊富に販売されている直売店がありますが、食材・酒類の販売はありません。

予め買い出しを済ませておいた方がいいですよ!

温水が出る水場が管理棟内にあります

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

トイレ

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

トイレは、温水洗浄便座付で清潔でした。

女子トイレの個室は3つ。広くはありませんが、充分です。

身障者用トイレもあります。

自動販売機&洗濯機・乾燥機

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

24時間利用可無料シャワー

センターハウス内に2室あります。

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

無料で利用できるヘアドライヤーもあります。

スノーピーク直営店!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

SALE品までありましたよ!

商品の疑問には、スタッフが丁寧に対応してくれます。説明を聞いていると、ついつい欲しくなってしまいます。

薪の販売 1束1300円

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

1束1,300円は高い!

でもよく乾燥していました。スウェーデントーチもありましたよ。

炊事棟・サニタリー棟

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

管理棟以外に、サニタリー棟トイレがあります。

サニタリー棟トイレは、積雪やサイトの状況により11月上旬に閉鎖されます。私がキャンプ場を利用した1月は、使用禁止になっていました。

水場は管理棟以外に2ヶ所ありますが、冬季は閉鎖

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
Aサイト(電源なし側)
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
Aサイト
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
Bサイト(電源あり側)

炊事場は、管理棟内とAサイト中央とBサイトのサニタリー棟に併設の、合計3ヶ所あります。

Bサイト側に芝生広場があります

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

積雪期なので、芝生は見えませんが…

キャンプフィールド内に遊具はありません。芝生広場では、ボール遊びなどで楽しむことができます。

拓成パークゴルフ場は無料で利用できます!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

ポロシリ自然公園内には、無料で利用できる「拓成パークゴルフ場(36ホール)」があります。※パークゴルフ道具レンタルも無料

その他、自然加工体験施設や遊歩道がある公園なので、夏季には様々なアクティビティができそうですね!

灰捨場とゴミ回収について

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

灰捨場は、Aサイト、Bサイトの炊事棟と芝生広場の近くの、合計3ヶ所あります。

指定のごみ袋を使用します

注意事項に「ごみは持ち帰りをお願いします」との記載がありますが、チェックインの際に1枚の黒いゴミ袋をもらいます。

ごみ袋1つ分は、チェックアウトの際にカウンターで回収してもらえます。

ビン・缶・ペットボトルは各自持ち帰りです。

注意事項

1.ごみは持ち帰りをお願いします。
2.直火、カラオケ、発電機、打ち上げ花火は禁止です。
3.芝生の保護にご協力ください。
4.ペットの同伴は、他の方の迷惑にならないよう飼い主の責任においてお願いします。
5.法令の規定や公序良俗に反する行いをしない。
6.その他管理者の指定する禁止行為をしない。

スノーピーク十勝ポロシリフィールド

サイトと利用料金

管理棟(10:00〜17:00)でチェックイン・チェックアウト

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

チェックインの際に、入場証明カードとゴミ袋1枚を受け取ります。

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

入場証明カードは、車のダッシュボードに見えるように置いておきます。

10時前にチェックアウトするときは…

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

10時前にチェックアウトする場合は、管理棟正面入口のすぐ前にあるポストに、入場証明カードを投函します。

キャンプ場内に、ゴミ捨て場はありません。

通常、チェックアウトの際にゴミを手渡しするのですが、営業時間前でもゴミは回収してくれます。

サイト種類

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
  1. Aサイト電源なしオートサイト(約7m×8m)
  2. Bサイト 電源ありオートサイト(約7m×8m)
  3. Bサイト トレーラーサイト(約15✕5m)
  4. フリーサイト(約20組)

※A31は、イベントスペースになることがあります。一般には開放していません。

サイト料金

区分料金(円)備考
Aサイト電源なし
オートサイト
約7m×8m
301,8006名前後
車1台
テント1張
タープ1張
Bサイト電源あり
オートサイト
約7m×8m
133,0006名前後
車1台
テント1張
タープ1張
トレーラーサイト
約15✕5m
3,0006名前後
トレーラー1台
テント1張
タープ1張
フリーサイト
約1300㎡
約208006名前後
車1台
テント1張
タープ1張
デイキャンプ800

クレジットでの支払いも可

リサイクル料金(400円)が別途かかります

リサイクル料金(400円)とありますが、管理棟などの使用料金として、ゴミ回収の有無に関わらず、支払う必要があります。

今回、電源なしAサイト8番を利用しましたので、1,800円+400=2,200円で利用することができました。

電源ありサイトは、3,400円、フリーサイトは1,200円になります。

Early check inは10時から、Late check outは17時までOK。追加料金は800円です。

フリーサイト

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
たくさんの利用者がいました
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

以前は、この芝生広場が積雪期フリーサイトとして利用されていたようですが、現在はフリーサイトとしては使用されていません。

【Aサイト】電源なしオートサイト:30区画(冬季は13区画)

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
【Aサイト】
電源なしオートサイト
約7m×6m
1,800円

電源なしサイトは冬季間 半分が閉鎖されています

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

閉鎖と言っても、除雪されていないだけで、利用することはできます。

ただし、A9〜25サイトへの道と駐車場が除雪されていないので、利用は厳しいです。

管理棟へのアクセスも遠いので、実質電源なしサイトは、A1~8と26〜30の13サイトとなっています。

【Bサイト】電源ありオートサイト:13区画

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
この奥がBサイトです
【Bサイト】
電源ありオートサイト
約7m×6m
3,000円
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

トレーラーサイトは2つ

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
B-7
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
B-8
【Bサイト】
トレーラーサイト
約15✕5m
3,000円

電源ありBサイトの一番奥にある、B7とB8がトレーラーサイトになっています。

オートサイトの広さは狭めかもしれません…

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

約8✕7mが車の駐車スペースを含むサイトだとすると、テント設営できるスペースは、約8✕5m?

テンマクデザインのサーカスTCテントなら問題なさそうですが、幅6mのニーモのテントを設営するには、少々苦労しました。

大きなテントを張りたい方は、フリーサイトをおすすめします!

レンタル用品は全品スノーピーク!

気になるスノーピーク商品 実際にお試しできますよ!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

利用料金は高めですが、スノーピークの本格キャンプ道具がレンタルで利用できます!

他のキャンプ場で、スノーピーク商品のレンタルはほぼないですよね。

買う前に一度使用感をチェックしたいという際にも、レンタル用品を利用するといいかもしれませんね!

ある方のブログでは、ここでレンタルして、あまりにも良かったので、購入して帰ったとか…

セミダブルベット付きコテージと手ぶらCAMPプランが凄い!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
旅行者向けのチラシ

「住箱−JYUBAKO-」宿泊プラン

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドには「住箱−JYUBAKO-」に宿泊するプランもあります。

こちらの住箱、建築家の隈研吾さんが設計した檜の香りが漂うトレーラーハウスです。

「住箱」と呼ぶ建物は、これまで宿泊してきたバンガローやコテージのイメージを変えてしまうものかもしれません!

手ぶらCAMPレンタルプラン

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
手ぶらCAMP チラシより

“キャンプ道具はすべてお貸し出しいたします”

  • シュラフ
  • テーブル&チェア
  • キッチンセット
  • 食器セット
  • クッカーセット
  • キッチンツール
  • ホットサンド
  • LEDランタンセット
  • 焚き火台セット&BBQグリル

もちろん、これら全てスノーピークの商品!!

自分で用意するのは、食材と飲み物、着替えでOK。

必要であれば、テント設営もスタッフがサポートしてくれるそうですよ。

利用料金などはこちらの記事で解説中!十勝でグランピングができますよ!

予約とキャンセル料について

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

予約方法

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド公式HPのオンライン予約、または電話で予約を行います。予約金はありません。

完全予約制ではないので、空きが多い季節は予約なしでも宿泊できます。

私はサイトの空いている場所を見ながら決めたかったので、予約なしで利用しました。

シーズン中の土日は、毎週60組ほどの利用者がいるようです。夏に利用する方は、お早めに予約してくださいね!

キャンセル料金

▼キャンセルについて▼
・より多くのお客様にご利用いただくため、以下の内容を必ずお守り下さいますようご協力をお願いいたします。
◆キャンセルされる場合は、決定された時点ですぐにご連絡ください。
◆天候理由での当日キャンセルはご遠慮願います。天候状況は前日の予報等でお客様ご自身にてご確認の上、ご判断下さいますようお願いいたします。
◆当日キャンセル、またはご連絡なくお越しいただけなかった場合は、キャンセル規定に則り、キャンセル料として基本料金全額(施設利用料金とサイト使用料金の合計金額)のご請求をさせていただきます。
◆台風や強風等の自然災害発生により、キャンプ場側で閉鎖を判断する場合がございます。

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドサイトより
7日前~4日前30%
3日前~前日50%
当日、無連絡100%

※繁忙期以外は、それほどキャンセル料に関して厳しくないようです。予約などで電話連絡される方がいましたら、その際にスタッフにご確認ください。

最寄りの温泉情報

[更別町] 福祉の里温泉(老人保健福祉センター内)

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドから20.1km、車で約25分。

近いとは言えませんが、更別町の「福祉の里温泉(老人保健福祉センター内)」が一番近い温泉です。

所在地

北海道更別村字更別190番地1

泉質

ナトリウム塩化物泉(低張性中性冷鉱泉)

種類

バイブラ、寝湯、サウナ、露天風呂あり

入浴料

区分料金
大人400円
中学生200円
小学生100円
未就学児無料

営業時間

13:00〜22:00(最終受付21:00)

休館日

月曜日(祝日は臨時開館あり)

お問合せ先

0155−53−3500

温泉はないけれど、「アウドドアサウナ」が不定期開催されます!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

なんと、アウトドアサウナがありました!

A31は、一段高くなっており、管理棟正面のイベントスペースになっていました。

イベント情報は管理棟内の掲示板に、紹介されています。

それにしても、フィンランド式サウナ、一度体験してみたいですね!2020年4月まで不定期実施されますよ。

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドに行った感想は?

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドは今注目の通年営業キャンプ場です!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

北海道にもスノーピークの直営店があるキャンプ場ができました!

さらに、冬の営業が開始されたということで、ぜひ利用したいと思いっている方も多いのではないでしょうか。

私もずっと気になっていたので、利用できて大満足です!

※通年営業とは言っても、水曜定休日の季節もありますので、ご注意ください。

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドは、新しいキャンプ場ではありません

スノーピークだから、ハイスペックで、高規格キャンプ場をイメージする方もいるかもしれません。

しかし、元々あったキャンプ場のリニューアル。

サイト場内の道や駐車場は、舗装されていません。トイレやシャワーも新築ではありません。

新設のキャンプ場ではありませんが、炊事場が綺麗に清掃されていたので、キャンプ場全体の古さは、それほど気になりませんでした。

看板や建物は、全体的にスノーピークらしいシックな色合いにまとまっていましたよ!

年々少しずつ変化しているようです

チェックアウトの際に、キャンプ場利用アンケートに感想や要望を記入しました。

利用者の要望を聞き、日々改善を目指しているようです。

私が調べている限り、1、2年前とキャンプ場内の様子が変わっています。

サウナイベントが開催されるなど、公営キャンプ場とは少し雰囲気が違いますよね。

おそらく、この先もさらに要望を取り入れながら、変化し続けるキャンプ場なのではないでしょうか。

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドの今後の進化も楽しみです!

ぜひ、十勝の魅力を味わってみてください!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

魅力は十勝の雄大な自然。

どこまでも続く平野とその向こうに連なる日高山脈の景色は、なかなか見られません。

キャンプ場内は、木々に囲まれいているため、サイトからの景色は雄大という感じではありませんが、行き帰りで、充分十勝を満喫できると思います。

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

十勝が好きなので、季節を変えて、またスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールドで十勝旅を満喫したいです!

十勝食材調達や冬季利用の詳しいキャンプ場情報はこちらの記事でご紹介中!

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道
snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市北海道

北海道の中でも、十勝は特別な場所。

きっと期待を裏切らない景色と食べ物の美味しさで、楽しいキャンプの思い出ができるはずですよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『Possibility.Labo*ポジラボ』では、北海道の絶景やあそびをお届けしています。

ポジラボan

ツイッターでも、ブログ更新情報を日々発信中♪

気になる方は、ぜひ、ポジラボan(@Possi_Labo)をフォローしてくださいね!

参考リンク

Snow Peak Tokachi Proshiri<HP>
スノーピーク十勝ポロシリフィールド

キャンプ場をお探しの方へおすすめの記事はこちらです

ここから近い十勝のキャンプ場はこちらです!

冬キャンプを楽しみたい方へおすすめの記事はこちら!

キャンプ用品も多数紹介しています!

ポジラボサイトでは、キャンプ場以外にも、私が愛用しているキャンプ用品を多数ご紹介しています。

興味がある方は、ぜひこちらも見てみてくださいね!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!