キャンプアイテム

サバティカルテントスカイパイロットTCを使った感想を全部伝えます!

雑誌にも度々紹介されている注目のサバティカルテント。

4〜6人用のスカイパイロットTCが、どのようなテントなのか気になるという方も多くいるのではないのでしょうか。

見た目は良いけれど、使ってみたら不便だったりしないのかな?実用性は?

サバティカルスカイパイロットTC
サバティカルスカイパイロットTC
物を置いても広々 
(北海道厚真大沼野営場)
テントの中から景色も楽しめます
(北海道朱鞠内湖畔キャンプ場)

外観写真はよく見かけるけれど、幕内の様子をもっと知りたいという方へ、実際に使用したときの写真を交えて、キャンプに使ってみてわかったことを全て教えます!

結論、スカイパイロットTCは、人におすすめしたくなる、コスパ最高のテントです。

設営は、大型テントなので大変ですが、設営後のキャンプがとにかく楽!

テントの中からも景色が楽しめるので、テントの中で過ごす時間が長くても、ちゃんとキャンプが楽しめます。

スカイパイロットTCなら、4〜6人の家族使用も可能です!

ちょっと寒くて幕内で過ごしたい小さなお子さんがいても、寒がりな家族がいても、一緒にキャンプが楽しめますよ。

この記事では、「サバティカルスカイパイロットTC」を発売日に手に入れ、使用した私の感想だけでなく、

  • サバティカルのテントの仕様はいいのか
  • 設営は大変なのか
  • 広さはどうなのか
  • 使用した人はどう感じたのか

この点についても詳しく解説していきます。

キャンプの楽しみが広がる大型テント、きっとあなたもますます気になるテントだと思いますよ!

サバティカルテント再入荷情報が入りました!

重いし、大きい、でも快適なんです!

サバティカルスカイパイロットTC
想像以上に大きくて重い…
でも!

収納サイズも大きい!届いた箱の大きさに正直驚きました。

予約時点でもわかっていたことではありますが、コットンTCは、重量が半端ありません。幕だけで14.7kgあります。

設営は、大きさのわりに簡単 慣れれば20分ほどで設営!

サバティカルスカイパイロットTC
サーカスTCと比較
比べるとかなり大きいです

場所が決まったあとなら、大人2人で手際よく約20分で設営でました。

グランドシートがなく、本体の大きな幕とポールが5本だけなので、取り扱いが楽だと感じる方も多いのではないでしょうか。

さらによく考えてください。このスカイパイロットTCを使用するときには、タープはなくてOKです。

スカイパイロットTC1つで、「テント+タープの」役割を果たすと考えれば、大きさも重さも納得ですよね。

テントとタープ両方、もしくはテントとスクリーンテントの2つを設営する方なら、スカイパイロットTC1つの設営で済むので、むしろ、手間は少なくなるのかもしれません。

設営行程は、シンプルで簡単です。

設営・撤収方法については、こちらの記事で詳しく説明しています!購入を検討されている方は、ぜひチェックして参考にしてくださいね。

設営場所の確保は必要 サイトの広さに気をつけてください!

7m✕7mのようなオートサイトでは設営できないと思います。ペグダウンする場所を考えると、それなりに広いサイトを予約する必要があります。

大型テントを使用している方なら、誰もが感じることだと思いますが…

2019年秋撮影 朱鞠内湖畔キャンプ場

北海道朱鞠内湖畔キャンプ場で設営したときは、湖畔ギリギリに立てたのですが、張り綱をペグダウンするのには苦労しました。

むしろ区切られていない、フリーサイトで使用するというのもありかもしれませんね。

ペグはエリッゼのペグを使用しています

サバティカルスカイパイロットTC
どの太さのペグでも大丈夫です

ペグは、付属のものもあるのですが、私は以前から持っているエリッゼのペグを使用しています。

大きな幕、風を受ける面も広いので、しっかりと固定しておきたいですよね。

外の景色も見られて、居住空間も広い!

サバティカルスカイパイロットTC
中からも景色が楽しめる

メッシュパネルが大きいので開放感◎

スカイパイロットTCは、前後と左右4ヶ所がメッシュパネルになっています。

寒いとき、寝る時はもちろん閉じることもできますし、暑い日はメッシュにして風通しを良くすることもできます。

虫が気になるという方も、夜明かりをつけておいてもOK。

何より、幕内にこもっていても、外の景色が見られるので、窮屈に感じることがなく、開放感も味わえるのがいいですね。

とにかく広い!活動が楽でした!

屈む必要がない高さが
より広く感じさせます

高さが270㎝あるのが良い!

広さを感じる要因は、高さにあります。

中央のポールは270㎝です。台を使わなければ、ベンチレーションの開閉もできないほど、高さがあります。

立っていても頭がぶつからない高さの空間が広くあります。

正面の入り口も、テントの両サイドの入り口も、ポールの高さが180㎝あるので、高身長の方でなければ、それほど屈んだりせずに、テントの出入りができます。

一回一回、何かを運ぶ時に、腰を曲げてテントを出入りするのは、疲れませんか?

出入り口が4ヶ所自由に選べます!

横からの出入りも楽にできました

しかも、出入り口が4ヶ所もあり、自由に選べるので、どんな形のサイトでも、車の近くの出入り口で積み下ろしができます。

セッティングや片付けなどの荷物の出し入れに、ストレスがないのが良いですよ!

コットンTCは実用性抜群です!

灯油ストーブ使用で、春秋まで使用できる!

灯油ストーブをテントに持ち込んで、寒い季節にもキャンプを楽しむという方も、多いのではないでしょうか。

写真のように、ストーブを使用しても、メッシュパネルがあるので、換気も十分可能です。

広い幕内でしたが、外気が一桁の日にも20度くらいまで幕内を暖めることもできました。

さすがコットンTC素材ですね!

※テント内での火器の使用は危険です。一酸化炭素警報機や消火できるものをご用意の上、換気を十分に行ってください。

遮光性・撥水性の良さも感じました! 

サバティカルスカイパイロットTC

メッシュパネルが4ヶ所あるので、太陽の光を取り込めます。

遮光性がありますが、明るさも十分あり、圧迫感を感じません。

サバティカルの初回限定色のフォレストグリーンも気になっていましたが、この色だからこその利点だと思います。

サバティカルスカイパイロットTC
遮光性があるけれど 暗くない
サバティカルスカイパイロットTC
撥水性も検証しました

外に立てるポールの先には、レインカバーも装備しており、幕の撥水性もなかなか良いですよ!

スカイパイロットTCテント特徴については、こちらの記事で詳しく説明しています!

自分にあったスタイルが楽しめます!

カンガールスタイルもコットスタイルも◎

サバティカルスカイパイロットTC
使い用途が豊富なテントです!

別のテントもすっぽりと入る広さがありますが、私は、コットスタイルを楽しんでいます。

コットを使うと、寝る時に地面からの冷気を感じませんし、靴を脱いだり履いたりすることなく、外靴のままスムーズにテント内で活動できます。

コットを両サイドに2つずつ4つ並べても、中央には大きな空間ができるほど広い!

家族でも、十分使用できる広さです。

アレンジしてタープのようにも使えますよ!

サバティカルスカイパイロットTC
タープスタイルも楽しめます

スカイパイロットTCは、タープのように跳ね上げて使用することもできます。

サバティカルブランドも、商品紹介でアレンジが豊富という点をPRしています。

アレンジによって、全く別のテントのようにも見えるほどです。飽きずに使えそうですね!

価格以上の満足感 コスパ最高です!

販売価格は、76,800円!

大型コットンテントで10万円を切るなんて、他に見つけられません。

テント&タープを2つ揃えるより断然安いですよね。コスパが最高です!

次回入荷は2020年初旬予約開始

サバティカルスカイパイロットTC
発売日に手に入れることができました!

初回販売分はすでに完売しています。

A&FやサバティカルHPで、次回入荷は2020年初旬の予定ということを発表しています。

限定色のフォレストグリーンの人気も凄かったのですが、ライトベージュもすぐに完売。

抽選販売に当たらなかったという残念な声が、SNSでも多く聞かれました。

現在は、GO OUTなどのアウドドア雑誌にも多く取り上げられ、注目度もさらに上昇中。

人気が高まるとさらに、手に入れにくいテントになりそうです。

どのように購入できたか、これから購入したい方へ!実際に予約購入した方法については、こちらの記事で紹介しています!

おわりに 

サバティカルスカイパイロットTC
出典:サバティカルWEBサイト
サバティカルスカイパイロットTC
同じ場所で奇跡のキャンプ!

初張りに使用したキャンプ場が、サバティカルサイトのトップページの写真と同じ場所だった奇跡もプラスされて、本当に大満足のテントです。

このサバティカルテントを今後何度も使用し、さらに使用感を追記していきたいと思います。

あなたのキャンプがさらに楽しくなるアイテムですよ!ぜひご検討くださいね!

参考リンク

サバティカルWEBサイト

 

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!