道央

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報【2022年WEB開始⇒電話のみへ変更】

岩内にある北海道の人気キャンプ場、「いわないリゾートパークマリンビュー」をご紹介します。

岩内オートキャンプ場マリンビューとも呼ばれているキャンプ場なのですが、なんと、2018年日本夜景遺産に登録された岩内の夜景が楽しめるキャンプ場です!

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
日没後夜景が楽しめます!

上の写真は、展望台からの眺めではありません。

「岩内オートキャンプ場マリンビュー」のキャンプサイトからの眺めです。

少々曇り空。今所有しているカメラ機材だともっと綺麗に撮影できたので、残念なのですが、こちらの写真でも、夜景は確認できますよね!

岩内オートキャンプ場マリビューは、高台にあり、その名の通り、岩内湾や積丹半島が望めるビュースポットなのです。

 

そして、岩内オートキャンプ場マリンビューの凄いところは、夜景だけではありません。

キャンプ場内全てがきれいに整備されており、施設が充実していることも魅力的。

近くには温泉、パークゴルフ場もあります。

この記事では、そんな魅力いっぱいの岩内オートキャンプ場マリンビューをご紹介します!

GWや夏休み期間中はもちろん、それ以外の土日も混み合いますので、早めの予約が必要な人気のキャンプ場ですよ!

2022年4月23日土曜日オープン/

4月11日WEB予約開始日、アクセスが殺到しサーバーがダウン…
今年度からWEB予約導入を予定していたのですが、今年も4月18日からの電話予約のみで開始となりました。
《WEB予約は当面休止》

岩内オートキャンプ場マリンビューの魅力まとめ

  • 施設が整っていて快適に過ごせる
  • 日本夜景遺産の景色が楽しめる
  • 子どもが遊べる遊具と広場がある
  • 焚き火が可能
  • 電源サイトがある
  • キャンピングカーサイトがある
  • レンタル用品あり
  • 食品、キャンプ備品の販売あり
  • カーゲートがあるので安心
  • 温泉が近い
  • パークゴルフができる
  • シャワー室が無料で使用できる
  • コテージのコスパが良い
  • 星空も期待できる
  • 岩内岳登山も可能
  • HPが見やすい
  • WEB予約が可能※今年は電話予約へ変更

北海道のキャンプ場を紹介するYouTubeもしています!

岩内オートキャンプ場マリンビューまでのアクセス&駐車場

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
センターハウスから 岩内岳方面の景色

スキー場の入り口が近いという、すでに山の高台にあるキャンプ場です。

そのためキャンプ場からの眺めが最高!しかも、2018年に日本夜景遺産に認定された眺めですよ!

焚き火をしながら景色も楽しめるなんて、贅沢!

天気が良くなることを願うしかないですね。

所在地・アクセス

北海道岩内郡岩内町字野束

余市まで高速道路が伸びているため、アクセスしやすくなりました!

車利用の所要時間

  • ニセコ町から約40分
  • 札幌市から共和町経由で約2時間
  • 札幌市から喜茂別町経由で約2時間30分
  • 千歳市から喜茂別町経由で約2時間30分
  • 函館市から長万部町経由で約4時間

高速バス利用の場合

札幌エスタ前(札幌駅前ターミナル)〜中央バス岩内ターミナル
1日16便運行・所要時間は約2時間30分(片道1,900円・往復3,500円)

駐車場とカーゲートについて

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
【オートキャンプ場使用許可書】

センターハウス前に駐車場がありますので、一旦そちらに駐車し、受付を済ませてください。

入場料サイト料を支払い、カーゲート用のカード「オートキャンプ場使用許可書」を受け取ります。

キャンプ場の入り口にあるカーゲートを通行するには、オートキャンプ場使用許可書(カード)が必要です。

オートキャンプ場使用許可書を通して、入場してください。

カーゲートは24時間利用することができます。

夜間はゲートが閉鎖され、24時間出入りができないキャンプ場もあります。岩内オートキャンプ場マリンビューは、24時間通行がOKです。

“温泉に行く”、“岩内の朝市に行く”など、自由にゲートを通行できるのは嬉しいですね!

公園で遊具遊びしたい方も利用できます!

キャンプ場利用者ではなくてもキャンプ場内の遊具を無料で利用することができます。

その場合は、カーゲートの手前のセンターハウス前に車を駐車してください。

岩内オートキャンプ場マリンビュー 基本情報

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新

岩内オートキャンプ場マリンビューは、森が近い場所なので、虫がいることは覚悟してください!

私が訪れた時はカメムシが大量発生していました。炊事棟にもテントにも…

でも、岩内オートキャンプ場マリンビューは、“虫がいても仕方ない”と思えるほどの満足感の高いキャンプ場ですよ!

基本情報

利用期間

2022年4月23日(土)〜10月31日(月)

チェックイン

 13:00〜17:00

チェックアウト

 7:00〜10:30

デイキャンプ

 9:00〜16:00 

センターハウス営業時間

 6:00〜23:00
※季節によって会館時間に変更あり

施設

  • コテージ9棟
  • キャンピングカーサイト(13サイト)
  • カーサイト(電源有23サイト、電源無17サイト)
  • フリーサイト
  • 炊事棟
  • トイレ
  • センターハウス
  • 無料シャワー展望台東屋

センターハウスが凄い!

  • 売店
  • 研修室
  • 図書室
  • シャワー
  • ランドリー(有料)
  • 乾燥機(有料)
  • 自動販売機
  • 情報ギャラリー
  • テラス
  • 展望室

センターハウスの中に、こんなにありますよ!私は登山後に無料シャワーを利用させてもらいましたが、コインシャワーではないので、より使いやすかったです!

遊具広場でたっぷり遊べます

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
遊具広場
平らで広いのでボール遊びもできます

遊具は2020年、新しいものにリニューアルしていますよ!

炊事場・トイレ

比較的きれいに清掃されているので、快適に使うことができました。

ただ…

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
岩内岳の麓なので…

夜、トイレの灯りに虫が寄ってくるのは、森なら仕方ないですよね…

虫が入らないように入り口には、ネットがかけられていました。

森がすぐの山の中腹にあるキャンプ場ですので、虫は覚悟してくださいね!

ゴミについて

カーゲート近くに、ゴミステーションがあり、そちらに分別して捨てることができます。

お問い合わせ

0135−61−2200(9:00〜17:00)

ペットも可です!

キャンプ場 サイト料金

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
出典:岩内町公式HP
オートキャンプ場マリンビュー

キャンプサイトは、センターハウスからさらに傾斜を上がっていくので、キャンプ場内にも高低差があります。

特にD・Eサイトは高いところにありますよ!

「使用料金=人数分の入場料+各サイト料金」です!

入場料

中学生以上1人1,000円・小学生500円

サイト料金

区分利用料金
(円)
Cコテージ(5人用:2Fロフト)
寝具,冷蔵庫,寝具他完備
12,000
キャンピングカーサイト
(15〜30A)炊事台・汚水口
135,000
電源付きカーサイト
(Aサイト・Bサイト)15A
233,000
電源なしカーサイト
(Dサイト・Eサイト)
172,500
フリーサイト   
(Eサイト)
101,000

※デイキャンプの場合は、入場料、サイト料ともに半額です。

ゲートを超えるとすぐAサイト・Bサイト(電源付きのカーサイト)があり、その間にキャンピングカーサイトもあります。

高台に向かう道沿いにCコテージが9棟あり、マリンビューが楽しめます。

2020年には、全コテージの冷蔵庫、電気ポット、焼き台がリニューアルされ、より快適になっていますよ!

さらに上へ登っていくとDサイト・Eサイトがあり、Dサイトは電源なしのカーサイトで、Eサイトはフリーサイトになっています。

予約する人のためのサイト選びポイント!

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新

岩内オートキャンプ場マリンビューは、入場料に別途サイト料金がかかりますので、決して安くはありません。

それでも景色や遊具広場などの設備利用を考えると、シーズンに一度は行きたいキャンプ場ではないでしょうか。

とても人気ですので、場所を選びたい方は、夏休み期間中は、平日でも早めの予約が必要です。

2022年は4月11日からWEB予約開始予定でしたが…

アクセス殺到によりサーバーダウン⇒電話予約に変更

岩内オートキャンプ場マリンビューは、以前までシーズンの全予約の受付が開始でしたが、4月5月6月分を4月18日から、7月8月分を5月16日から、9月10月分を6月20日からそれぞれ分けて予約開始に。

2022年からWEBサイトでの予約手続きが予定されていましたが、予約開始日にアクセス殺到でサーバーがダウン。結果、18日からの電話予約へ変更になりました。

電話が繋がりにくいということでのWEB予約システム導入の試みでしたが、WEBサイトも一斉アクセスに耐えるのは大変なことです。

しばらくは電話が繋がりにくいと思いますが、ぜひ利用したい方はトライしてくださいね!

HPには予約状況案内カレンダーがあります

WEB予約ができない関係もあり、現在は「設定なし」になっていました。

少したてば、予約状況がサイトのカレンダーでも見られるといいですね!

>>https://www.iwanai-kanko.jp/iwanai_camp/

おすすめサイトはどこ?

場内はとても広く高低差もありますので、それそれのサイトの特徴を知ってサイト選びができたらいいですね!

あなたは何を一番にサイト選びをしたいですか?

  1. 電源が使える場所
  2. カーゲートも近く出入りがしやすい場所
  3. 遊具が近い場所
  4. 車や人通りが少なくゆっくりできる場所
  5. ロケーションがよい場所

車の通りが多い場所を避けましょう

遊具があって、車通りが少ない場所が快適!

オートサイトで24時間通行自由ということもあり、車の移動が結構目立ちました。

小さいお子さんなどがいる家族は、サイト前の道路に出て遊ぶこともあるので、車通りが少ない場所を選びましょう。

子どもがいる家族なら、遊具へのアクセスのいいサイトが◎

岩内オートキャンプ場マリンビューの中央には、遊具広場があり、私が訪れた日もたくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

電源有りが希望であればBサイト

電源有りが希望であれば、比較的Aサイト前は車が多く通りますので、Bサイトの方がおすすめです。

電源なしならDかEサイト

電源ありのBサイトからも実は遊具広場までは少し距離があります。高低差があるので小さなお子さんは少々大変。(帰りは楽ですが…)

電源なしのDやEサイトからの方が、より遊具広場へのアクセスがいいですよ!

ロケーションを一番に考えるなら

せっかく行くなら、より良いロケーションのサイトを確保したいですよね!

高台からは夕陽はもちろん、岩内市内の夜景がばっちり見られます!しかも山の上なので、星も見えました!

行ってわかったおすすめの場所は!

  1. Cコテージ
  2. Dサイトの遊具広場側
  3. Eサイトの遊具広場側

ポイントは遊具広場側です!

DとEは高台にあります。自分のサイトの前に他のサイトがあると景色が塞がれてしまいますので、遊具広場側がベストスポットです!

予約が空いているなら、フリーサイトがおすすめ!

私が利用したのはEサイト(フリーサイト)です。

オートサイトではないので車を横付けはできませんが、すぐ近くに駐車場があるので、荷物運びで困ることはありませんでした。

フリーサイトではありますが、印もついてあり区割りされてます。しかも、車も凄く近くに車を停められるので、フリーサイトというよりはオートサイトと言ってもいいくらいです。

グループキャンプで利用されるなら、こちらのEサイトが断然おすすめです!

実は場所取りもあって、デイャンプから利用しました

フリーサイトの場所は、当日行って決めることができます。つまり、早いもの勝ち。

チェックインは13時ですが、デイキャンプの時間から利用していれば、空いているスペースが多い!

早めに行って、遊具広場側の場所が確保!

お金はかかってしまいますが、今回はそのようにしてより良いスペースを確保することができました。

フリーサイトの方は、デイキャンプの時間から行き、よい場所が確保できたら最高ですよ!

利用してみての感想はー

キャンプ場自体はとても広く、いくつかのエリアに分かれているので、混み合っている感じはしません。

いろいろおすすめサイトのお話をしましたが、結局、どのサイトでも充分楽しめます!笑

あくまでも選べる時の参考にしてもらえればと思います!

最寄りの岩内温泉情報

岩内岳の麓に岩内温泉郷があります。5つの温泉があり、どこも日帰り入浴が利用できます。

私のおすすめは、「ホテルグリーンパークいわない」。日帰り入浴客向けの無料休憩室があり、利用しやすくいい温泉でした!

ホテルグリーンパークいわない

ホテルグリーンパークいわないは、源泉かけ流しの温泉!露天風呂からは岩内湾や積丹半島の夜景も楽しめます。

50畳もある無料休憩室があり、食事も利用できます。キャンプ場からも近く、日帰り入浴おすすめの場所!

所在地

北海道岩内郡岩内町字野束500

日帰り入浴時間

【1部】8:00〜15:00(受付終了14:00)
【2部】17:00〜20:00(受付終了19:00)

日帰り入浴料

大人(中学生以上)600円
小学生400円
幼児  無料

日帰り無料休憩室

 8:00〜15:00

売店営業時間

 7:30〜20:00

駐車場

 無料 60台

お問い合わせ先

 0135-62-8841

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
サンサンの湯はグリーンパーク近くにあります

それ以外の4つをご紹介します。

やすらぎと癒やしの宿 いわない高原ホテル

いわない高原ホテルは、敷地内に日本庭園があり、荒井記念美術館も併設している温泉リゾートホテル。源泉かけ流し。露天風呂、サウナあり。

外来入浴料金

  • 大人 1,000円
  • 小人  600円
  • 幼児  300円

入浴時間

15:00〜21:00(最終入場20:00)
※日曜日のみ12:00〜21:00

お問い合わせ先

 0135-62-5101

いわない温泉 高島旅館

高島旅館は、海鮮料理が自慢の宿。日帰り入浴は食事とセットのみ。

入浴時間

(内風呂)   15:00〜 9:30
(露天・サウナ)15:00〜22:00

お問い合わせ先

 0135-65-2222

いわない温泉 おかえりなさい

「いわない温泉おかえりなさい」は、広々とした休憩スペースもある純和風の旅館。檜造りの内風呂、露天岩風呂あり。

日帰り入浴料金

  • 大人 800円
  • 小人 400円
  • 幼児 無料

入浴時間

 6:30〜23:00

日帰り定休日

毎月第2火曜日
(月により第4火曜日の場合あり)

お問い合わせ先

 0135-61-4111

サンサンの湯

サンサンの湯は、源泉100%のかけ流し温泉。施設も湯船も小さめのアットホームな温泉。日帰り入浴のみ。

営業時間

 9:00〜21:00(最終受付20:30)

定休日

 不定休

入浴料金

 大人  500円
 小学生 300円
 未就学児 無料

お問い合わせ先

 0135-62-3344

オートキャンプ場マリンビューまとめ 2泊して岩内を満喫!

岩内 清寿司
清寿司

2019年と2020年で2回行きました!忘れられない美味しさです!

岩内岳登山もしました!

岩内オートキャンプ場マリンビュー予約に役立つサイト&コテージ情報,いわないリゾートパーク,日本夜景遺産,2020年最新
標高1086mからの景色も最高でした!

私は、岩内オートキャンプ場マリンビューに2泊しました。

2日目の夜には地元のお寿司屋さん、3日目には、岩内岳登山も楽しみました。温泉も近くにあるので安心です!

2泊3日あると、キャンプと旅行を兼ねられ、より岩内町を満喫できますよ!!

キャンプ場から出て港や温泉も楽しみませんか?

岩内オートキャンプ場マリンビューは、おすすめのキャンプ場です!ぜひ予約情報をチェックしてみてください!

ポジラボan

「Possibility.Labo*ポジラボ」では、あなたの明日がもっと楽しくなる情報を発信しています。

twitterやInstagram、YouTube「Keitan’s Camp」でも北海道から最新の情報を届けますので、ポジラボan(@Possi_Labo)のフォローもよろしくお願いします!

キャンプ場を探している方におすすめ記事ご紹介中!

興味のある方は、こちらもチェックしてみてくださいね!

おすすめしたい愛用品のキャンプアイテムを紹介しています!

参考リンク

オートキャンプ場マリンビュー -岩内町公式HP-

ホテルグリーンパークいわない

北海道キャンプが益々楽しくなるガイド本は用意しましたか?

created by Rinker
¥1,980 (2022/10/04 19:15:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,340 (2022/10/04 19:15:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2022/10/04 13:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。元小学校教員。2019年に北海道キャンプフォトライターに転身。WEBサイト「Possibility.Labo*ポジラボ」とYouTube「Keitan's Camp」を運営。 キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。これまで訪れた北海道のキャンプ場は100ヶ所を超える。 日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター。North Up Camp主催。
こちらの記事もおすすめ!