キャンプ場

厚真大沼野営場(フィッシングパーク)でキャンプ!2019年情報

 

※この記事は2019年9月の最新情報をもとに、一部加筆修正を行っています。

厚真町にある大沼野営場。周囲4kmほどの大沼のほとりにあります。

北海道厚真大沼野営場

テントが1張なら、何人でも520円!

 

不便さを楽しめる方なら、格安で自然満喫キャンプが味わえるので、おすすめの場所ですよ!

 

同じく北海道の野営場といえば、こちらもおすすめ!気になる方はこちらの記事を先に読んでくださいね。

 

厚真町大沼野営場の魅力まとめ

  • 1張520円と格安で宿泊できる
  • オートキャンプができる
  • 林間サイトが楽しめる
  • 野鳥や蛙の鳴き声、大自然が味わえる
  • 昆虫採集ができる
  • 7月から9月は釣りが楽しめる

ここは残念!ポイント

  • きれいなトイレは1ヶ所だけ
  • 水場は2ヶ所
  • 場所によってはトイレや水場が遠くなる
  • 夏の暑い日は蚊が多いかも
  • 平らなサイトは少なめ

 

今回は、自然に囲まれた野営が楽しめる厚真町大沼野営場をご紹介します!

 

大沼野営場 アクセス

北海道厚真大沼野営場

大沼フィッシングパーク(大沼野営場)

北海道厚真大沼野営場

鯉沼地区にある大沼に面した緑地帯エリアが、林間キャンプ場です。

所在地

北海道勇払郡厚真町鯉沼

アクセス

大沼野営場でナビ検索できないため、多くの方がすぐに場所を見つけられなくて困ったという声がありました。

あまりの見つからなさに、諦めかけたという人も…

大沼フィッシングパーク内の林間キャンプ場が、大沼野営場ですので、「大沼フィッシングパーク」で検索してみてください。

 

ナビの検索はできない場合は、住所で「鯉沼」を入力。近くまでたどり着ければ、このような看板があります。

案内看板は、「大沼フィッシングパーク」ではなく「大沼野営場」なんですね。

大沼野営場
①安平方面から右折箇所に看板あり
③2㎞ほど進むとまた案内看板
③さらに道なりに進むと
右上にある看板を見逃さないで!
④入口にある看板

ここまでこれれば安心!この坂道を下れば到着です!!

上の写真番号と対応しています
(10号千歳方面からの案内路)

 

▽ 鵡川方面から来る方は、こちららの経路図が一番わかりやすいですよ!

>>大沼野営場までの経路図

大沼野営場 基本情報 

大沼野営場

営業期間

4月27日〜9月30日

利用料金

1張1泊520円※町民は310円

※予約の必要なし

管理人が常にいるわけではありません。

宿泊する場合は、手続きが必要です。キャンプインする際か、チェックアウトまでに支払いをしてください。

チェックイン・チェックアウト

時刻の指定はありません。上に説明したように、宿泊する場合のみ支払いが必要になります。

設備・施設

  • 管理棟
  • 管理棟横に水洗トイレ
  • 炊事場
  • 簡易トイレ(非水洗)

ゴミ

持ち帰り ※灰捨場あり

お問い合わせ先

厚真町役場産業経済課 0145-27-2486

管理棟・トイレ

・男女別のトイレが管理棟横にあります。
・簡易水洗トイレ 
 ※タンクの水を足す必要があることも…

丘の上にある管理棟
北海道厚真大沼野営場
北海道厚真大沼野営場
北海道厚真大沼野営場

炊事棟には炉もありました

北海道厚真大沼野営場
北海道厚真大沼野営場
北海道厚真大沼野営場

簡易トイレともう一つの水場

北海道厚真大沼野営場
北海道厚真大沼野営場

灰捨場

北海道厚真大沼野営場

蛙情報 夏限定(?)

蛙は大合唱。どの範囲にどれだけの蛙の数がいるの!?と思う音量です。

北海道厚真大沼野営場

それでもずっと鳴いているので、慣れてしまうので大丈夫ですよ。

サイト選びのポイント

薄い茶色になっているエリアが、林間キャンプ場の大沼野営場になります。

大沼野営場
大沼野営場内 地図

サイトは車を横付けできる、オートサイトスタイルです。

区割りされていないフリーのサイトですので、場所を車で回って選びました。

傾斜が多いので、大きなテントを張る方は、広く平らな場所を見つけるのは少々大変かもしれません。

大沼野営場
少し傾斜がありましたが こちらにしました

あなたならどんな場所を選びたいですか?

  1. 沼の近く
  2. 左の道の突き当り
  3. 丘の上
  4. 炊事場の近く
  5. 右の草原
  6. 林の中
  7. 沼のほとり

 

管理棟にトイレがあり、すぐ近くに炊事場があるので、多くの人は、大沼野営場に入って向かって左側にサイトを選んでいました。

 

沼の淵には、特に柵などはありません。

沼のすぐ脇にテントを張り、沼のロケーションを満喫するのもよいですね。

 

おすすめの場所はどこ?

一番のおすすめは、左の道の突き当りです。

平らでテントが設営しやすく、人の通りもあまりないので、大沼の景色がゆっくりと味わえる場所です。

林間にテントを張りたい場合は、丘の上にテントを張ることも可能です。

大沼野営場
平らな場所はあまりありません
木陰が心地よいです

 

北海道厚真大沼野営場

車で丘に乗り上げるのは大変かもしれませんが、林の中の丘に立てるテントも雰囲気がいいですね。

また、林間サイトのよいポイントは、日差しの強い日は木陰に、風がある日には木が防風の役割を果たしてくれます。

 

その他には、沼の近さにこだわらなければ、炊事場の近くが平らでよいかもしれません。

 

不便でも右奥サイトもいいかも!

大沼野営場
対岸が向かって右側にある場所
※今はこの場所から移動しています

野営感を味わいたい方は、入り口から向かって右側もよさそうです。

ソロキャンプをする人やキャンピングカーでキャンプをしている人もいました。

こちらを利用する際の注意点は、トイレ炊事場がかなり遠くなること、前日などに雨が降っていたら地面に水がたっぷりと含んでいて、靴がすぐに濡れてしまうことです。

私が行った日は、乾いている場所があまりなく、車が少し沈むような草地だったので、テントを張るのを諦めました。

それでも、何組かそちらに設営していましたので、その場所のよさがきっとあるのだと思います。

雨が多く降った翌日は、ぬかるんだり滑りやすいのでご注意ください。

野営場の良さは、自由さ!

2回目に訪れたときは、かなり広範囲にテントが張られていました。

チェックアウトの時刻も特に決まっていません。2日目もゆっくりと過ごすことができますよ。

 

大沼フィッシングパーク

入り口には看板があり、「大沼フィッシングパーク使用心得」が掲示されていました。

こちらの大沼では、コイやフナなどの淡水魚の釣りが楽しめます。

放流した魚がいるということで、釣りが楽しめるスポットです。

 

可能時間は7月1日から9月30日です。

釣りに関わる料金は無料で、楽しみた方はどうぞという感じでした。

※ボートなどの使用は禁止されています。

 

震災の影響は?冬も営業?

北海道胆振東部地震 震災の影響は?

2018年9月6日におきた北海道胆振東部地震の震源地は厚真町で、震度7を観測しました。

私が大沼野営場を訪れたのは、地震のわずか2ヶ月前の2018年7月。

厚真の被害を映像で見て、本当に驚きました。

2018年9月21日付けの厚真町のホームページには、次のように掲載されました。

北海道胆振地方中東部を震源とする地震による災害に伴い、今シーズンの大沼野営場の営業を終了します。

なお、大沼野営場への道路が大変危険なため、絶対に近づかないでください。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承願います。

厚真町 お知らせ「大沼野営場営業終了」

役場に確認したところ、大沼野営場内の木や電柱が倒れた被害はありましたが、大きな被害がなかったそうです。

付近の道路補修もあり、2018年9月末までの営業が中止され、2019年4月から営業が再開されました。

 

2019年6月に厚真町を通る機会があったのですが、道は通行できるものの、土砂崩れによりブルーシートで覆われて補修中の箇所が多数あり、震災の傷跡を目の当たりにしました。

以前通過したときと、全く風景が変わってしまっているところもあり、同じ震災で被災した私でさえも言葉を失うものでした。

 

そのような場所でのんびり趣味のキャンプを楽しむのは、どうなのかな…という気持ちも正直ありました。

でも、復興しようと町が頑張っている――大沼野営場も2019年4月末から再開しているのなら、ぜひ利用したいという気持ちになりました。

大沼野営場は冬も営業しているの?

厚真町役場が営業を伝えているのは9月末までです。

9月末で営業は終了し、トイレや炊事場の使用は禁止になります。

ですが、一部の愛好家の間では、冬場のキャンプ地として紹介しているというのが現状です。

沼のほとりは傾斜もありますので、自己責任の上、充分気をつけてください。

 

最寄りの温泉&観光スポット

すぐ近くには温泉はありません。温泉ではないですが、近郊のお風呂をご紹介します。

厚真町「こぶしの湯あつま」

料金

大人(中学生以上)520円
子ども(小学生)260円
乳幼児 無料

ボディーソープやリンスインシャンプーもあります。

営業時間

10:00〜22:00

所在地

北海道勇払郡厚真町本郷229番地1

問い合わせ先

0145-26-7126

安平町ぬくもりセンター併設「ぬくもりの湯」

料金

大人(中学生以上)500円
子ども(小学生)250円
乳幼児無料

営業時間

11:00〜22:00

休館日

第2・4火曜日(祝日の場合、その翌日)

所在地

北海道勇払郡安平町追分中央1−40
(安平町ぬくもりセンター併設) 

ミネラル分を含んだ温浴施設で。温泉ではありません。

安平町道の駅「あびらD51ステーション」

道の駅「あびらD51ステーション」

2019年4月にオープンしたばかりの安平町道の駅にも、ぜひお立ち寄りください。

おわりに おすすめは涼しい季節!

大沼野営場

私が大沼野営場を訪れた日は、あいにくの天気。

最初から予報は優れなくても、最悪雨キャンプを楽しもう!ということで行ったキャンプでした。

 

おすすめは涼しい季節

北海道の7月中旬、野営場は肌寒いくらいの気温でした。

夏は虫が多そうです。私は真夏は避けたいな―というのが正直なところです。

林間で、しかも沼地ですから。

大沼野営場は、少し不便なくらいのキャンプ場で、大自然を楽しみたい方におすすめです。

街灯がほどんどないので、ヘッドライトなどの明かりは多めに用意してくださいね!

 

来場者が増えていた!

2019年9月に訪れた時のキャンプ場の様子を、写真多めでより詳しくご紹介しています!

参考リンク

厚真町 キャンプ情報

厚真町観光協会 大沼フィッシングパーク(大沼野営場)

こぶしの湯あつま

ぬくもりの湯 安平町ぬくもりセンター 

道の駅あびらD51ステーション公式HP

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、50ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!