特集

2020年版北海道おすすめキャンプ場!【ランキングで徹底ガイド】

北海道のキャンプ場に行ってみたいと思っている方へ、ぜひ行ってほしい北海道のキャンプ場をロケーション別にまとめました。

北海道旅行で、キャンプ計画する際に、役立てていただければ幸いです!

選考基準

★キャンプ地までのドライブも楽しめる

★キャンプからの景色が楽しめる

★温泉などの楽しみもある

★地元の北海道食材が楽しめる

北海道旅行としておすすめの場所を選んでいます。

ポジラボan

今回は私の独断と偏見で、「自分がまた行きたいキャンプ場」北海道外に住む方にぜひ行ってもらいたいキャンプ場」をロケーション別にランキング形式でご紹介します。

個人の感想ではありますが、4つの観点で、★をつけさせていただきました。基準はこちらを参考にしてください。

1.景色
★★★ 北海道らしい絶景!
★★☆ 北海道らしいロケーション
★☆☆ キャンプが楽しめる
2.温泉
★★★ 温泉が徒歩圏内にある
★★☆ 温泉入浴が車移動で可能
★☆☆ 遠い場所に温泉がある
3.オートキャンプ
★★★ 全面オートキャンプ可
★★☆ オートサイトあり
★☆☆ オートキャンプ可でも狭め
4.ペット
★★★ キャンプ場オールOK
★★☆ ペット利用可サイトあり
☆☆☆ ペット利用禁止

シーズンによって、混雑状況が変わります。また、人気の場所であれば、予約の必要なオートキャンプ場もありますので、気になるキャンプ場については、各キャンプ場記事へ進み、営業期間や営業時間、利用料金、予約の必要有無等をご確認くださいね!

北海道はとにかく広いので移動にも時間がかかかります。

地図も一緒に掲載していますので、日程と相談しながら計画を立ててみましょう!

湖畔キャンプ場 BEST 5

北海道にもたくさんの湖があります。その湖畔にあるキャンプ場は、特におすすめ!

他のロケーションはベスト3でのご紹介なのですが、ここだけはベスト5(+おまけ)で、ご紹介します!

自然に囲まれた静かな湖畔のキャンプ場は、北海道らしい景色が味わえますよ。

おすすめNo.1 仲洞爺キャンプ場

北海道壮瞥町仲洞爺キャンプ場壮瞥
きれいなな湖水 夕陽が見えます
景色★★★
温泉★★★
オートキャンプ★★☆
ペット★★☆
おすすめ
ポイント
・支笏洞爺国立公園
・温泉徒歩圏内
・売店あり
・星空も期待!
・対岸で花火大会有り(夏)
・カヌーが楽しめる
・ゴミの回収あり

洞爺湖サミットで有名な洞爺湖。仲洞爺キャンプ場は、湖畔の景色と花火と星空が満喫できます。

ドライブコースとしてもベストで、温泉が隣接しているので、ゆっくりとキャンプ場で過ごすことができます。

施設はそれほど整っている印象はありませんが、人気が高く、休日はどの時期も混み合います。平日の利用がよりおすめです!

おすすめNo.2 美笛キャンプ場

北海道支笏湖美笛キャンプ場
早起きすると 朝陽が見られるかも!
景色★★★
温泉★☆☆
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・支笏洞爺国立公園
・売店あり
・朝陽が最高!
・カヌーが楽しめる
・ゴミの回収あり

美笛キャンプ場は、新千歳空港から車で約60分、支笏湖の湖畔にあります。

支笏湖ブルーと言われる、清らかな湖水。湖畔に登る朝陽が絶景です!

支笏湖温泉、丸駒温泉まで距離があります。こちらも人気なので、土日祝を外せば、より楽しめますよ!

おすすめNo.3 朱鞠内湖畔キャンプ場

朱鞠内湖畔キャンプ場幌加内町
対岸の白樺の木々がいい!
景色★★★
温泉★★☆ お風呂あり
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・朱鞠内道立自然公園
・広くて静か
・景色が最高!
・カヌーが楽しめる

北海道内陸に位置する朱鞠内湖畔にある、自然がそのままのキャンプ場です。

湖畔の絶景を求め、多くのカメラマンが訪れます。湖には大小13の島があり、釣り場としても楽しまれています。

食材を調達するお店や温泉までは距離がありますので、キャンプイン前に事前調査が必要ですよ。

朱鞠内湖がある幌加内のそばは、日本一!ぜひお立ち寄りください!

おすすめNo.4 かなやま湖畔キャンプ場

かなやま湖畔キャンプ場
山に囲まれた 静かな湖畔
景色★★★
温泉★★☆ お風呂あり
オートキャンプ☆☆☆
※隣のキャンプ場にあり
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・お風呂徒歩圏内
・星空も期待!
・カヌーが楽しめる
・ゴミの回収あり

※道を挟んで、オートキャンプもできる「かなやま湖オートキャンプ場」もあります。

かなやま湖畔キャンプ場は、対岸を走る一両列車の音や、鹿の鳴き声がこだまするような山間にあります。

若干傾斜がありますが、星空も最高でした。

混み合わない季節に訪れて、秘境感を味わってほしいキャンプ場です。

おすすめNo.5 厚真大沼野営場

サバティカルスカイパイロットTC大沼野営場
風がないと、湖面が鏡のようです
景色★★★
温泉★☆☆
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・格安
・静かな穴場キャンプ場

近くにお店も温泉もありません。厚真大沼野営場は、人の手があまり加わっていない場所が好きな方におすすめです。

好きな場所に車を停め、テントを張ることができます。

予約の必要もないので、旅の中継地として、かなり利用しやすいです。キャンピングカーも多く見られる場所です。

【おまけ】北海道一の星空 然別湖北岸野営場

然別湖北岸野営場
静かな時間が楽しめます
景色★★☆
温泉★☆☆
オートキャンプ☆☆☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・格安
・自然のままの静かな野営場
・カヌーが楽しめる

然別湖のさらに北の端にある北岸野営場。近隣の道は細く、行くのも大変な場所にあります。

北海道らしさが味わえるのはこんな野営場だ!という方もきっといるはずです。

標高810mという高さに位置し、水深は100mもある然別湖。その然別湖に映る天の川が撮影できるかもしれません。

水、食料、ガソリンも街場で用意し、道路情報も確認してから向かってくださいね!

自然いっぱいの森キャンプ場 BEST 3

おすすめNo.1 ニセコサヒナキャンプ場

北海道蘭越町ニセコサヒナキャンプ場
フリーサイトからは羊蹄山が見えます!
景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ★★☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・支笏洞爺国立公園
・売店あり
・直火の焚き火が楽しめる
・生ゴミの回収あり

No.1,2で紹介するキャンプ場は、ぜひ訪れてほしいニセコ方面にあるキャンプ場です。

水と土と空気がいい土地。風景も食べ物も最高です。そして、温泉もたくさんあります。

道の駅でニセコの野菜やスイーツやワインを調達、羊蹄山の湧き水、天然水を汲んでキャンプイン。

ニセコサヒナキャンプ場は、しかも、おしゃれ!きっと素敵な思い出ができるはずです。

サイト数が多くないので、予約が必要ですよ!

おすすめNo.2 真狩キャンプ場

羊蹄山自然公園真狩キャンプ場
登山者の前泊にも人気です!
景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ★★☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・羊蹄山の麓
・無料パークゴルフ
・無料木工教室
・湧き水
・ゴミ回収あり

真狩キャンプ場がある「羊蹄山自然公園」には、羊蹄山の登山口があります。

キャンプ場手前にある名水豆腐や湧き水吹き出し口にも、ぜひお立ち寄りくださいね!

おすすめNo.3 古山貯水池自然公園オートキャンプ場

古山貯水池自然公園キャンプ場
木陰が気持ち良いキャンプ場
景色★★☆
温泉★★☆
オートキャンプ★★☆
ペット★★☆
おすすめ
ポイント
・無料薪割り体験ができる
・炊事棟は給湯器付
・「ユンニの湯」が近い
・ドッグランがある

古山貯水池自然公園オートキャンプ場は、札幌からも近いので、多くの焚き火好きキャンパーに愛用されています。

近くにあるユンニの湯の露天風呂も最高です。道の駅「マオイの丘」で、地元食材を調達していくといいですよ。

予約必須のキャンプ場です。

川遊びができるキャンプ場 BEST 2

おすすめNo.1 穂別キャンプ場

穂別キャンプ場
自然の川がすぐ脇を流れます
景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ★★☆
ペット☆☆☆ ペット禁止
おすすめ
ポイント
・釣りが楽しめる
・浅瀬で川遊びができる
・休憩スペース・売店あり
・ゴミの回収あり

穂別キャンプ場は、人の手があまり加わっていない自然が多く残されているキャンプ場です。

自然の川がキャンプ場内を流れています。浅瀬なので、川遊びも安心してできます。

カーサイトは狭めですが、凄く雰囲気のよいキャンプ場です。こちらも予約必須です!

おすすめNo.2 ニセウ・エコランドオートキャンプ場

ニセウエコランドオートキャンプ場
近くに清流が流れています
景色★★☆
温泉★★☆
オートキャンプ★★★
ペット☆☆☆ ペット禁止
おすすめ
ポイント
・蛍観賞ができる
・ゴミの回収あり

ニセウ・エコランドキャンプ場は、蛍が住む小川が流れていて、期間限定ですが、蛍に会えるキャンプ場です。

キャンプ場内に川は流れていませんが、川の音を感じながらキャンプが楽しめます。

蛍保護のために、ペットも焚き火も禁止です。夜には真っ暗。

サイトは整地されていますが、森と川にかこまれた大自然が満喫できる場所です。

虫対策は必須です。

BBQもできる海浜キャンプ場 BEST 3

海辺でBBQは北海道ならでは!

北海道では、夏の海水浴場で焼き肉コンロを持参し、BBQを楽しみます。

ビーチにテントを設営すると、テントや車に砂が入ってしまいませんか?

なるべく砂の侵入を避けたいのですが、ここで紹介する3箇所は、どこも芝サイトです。

海辺でのキャンプは、星空が最高です。

ぜひ、北海道ならではの海水浴&キャンプを体験してみませんか?

おすすめNo.1 三石ふれあいビーチ 海浜公園キャンプ場

浅瀬で海遊びができます
景色★★★
温泉★★★
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・温泉と道の駅が隣接
・芝サイト
・昆布漁体験ができる
・ゴミの回収あり

三石の海水浴場は残念ながら閉鎖されました。それでも砂浜で海遊びができます。

三石ふれあいビーチキャンプ場は、温泉あり、道の駅ありの人気スポット。

海水浴シーズンはかなり混み合うので、予約必須です。

おすすめNo.2 豊浦海浜公園キャンプ場

北海道豊浦海浜公園キャンプ場
砂浜が広いので開放的!
景色★★★
温泉★★★
オートキャンプ☆☆☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・芝サイト
・カニ釣りができる
・温泉が隣接
・フリーサイトのみ
・予約がいらない

豊浦海浜公園キャンプ場は、予約がいらないフリーサイトのみの、公園キャンプ場です。

足についた砂を落とせるシャワーがあり、温泉も隣接。トイレの個数も多く、海水浴シーズンは多くの人が訪れます。

予約要らずが嬉しいですね。防波堤があり、カニ釣りも簡単にできるので、小さなお子さんでも楽しめる場所です。

おすすめNo.3 川下海浜キャンプ場

景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ☆☆☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・芝サイト

川下海浜公園キャンプ場は、駐車料金のみ、無料の海水浴も楽しめるキャンプ場です。

日本海に沈む夕陽が、最高に綺麗ですよ!

北海道で冬も営業のキャンプ場 BEST 3

ランキングを付けるのに、本当に迷いました…

もし冬に北海道に来てキャンプをするなら…という観点で選んだ結果です。

おすすめ度No.1 スノーピークポロシリキャンプフィールド

snowpeakスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド帯広市
向こうに見えるのが幌尻岳
景色★★☆
温泉★☆☆
オートキャンプ★☆☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・スノーピーク直売店がある
・レンタルが充実
・手ぶらキャンプできる
・無料シャワー・コインランドリーがある
・冬キャンプができる
・水場は給湯器付き
・ゴミ回収あり

北海道十勝が満喫できるキャンプ場です。雪が少なめでテントの設営がしやすいのもポイント。

サイトはあまり広くはありませんが、水場は給湯器付きです!温泉までは遠いですが、無料シャワーもあります。

シーズン以外は水曜が定休日です。利用前にご確認ください。

おすすめNo.2 オートリゾート苫小牧アルテン

苫小牧アルテン冬
射し込む朝陽が綺麗でした
景色★★☆
温泉★★★
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・錦大沼公園
・温泉が隣接
・200以上のサイトあり
・売店・レンタルが充実
・水場は給湯器付き
・ゴミ回収あり

オートリゾート苫小牧アルテンは、整った高規格キャンプ場です。

給湯器付きの水場やレンタルが豊富に揃い、コテージもたくさん。不自由なくキャンプが楽しめる場所ですす。

自然いっぱいで、様々なイベントも開催されています。

夏は、早い時期から予約必須、冬でも休日は利用者が多めの人気のキャンプ場です。

おすすめNo.3 ファミリーパーク追分オートキャンプ場

追分冬キャンプ2019年総括
どこにでもテントを張れる自由さがいい
景色★★☆
温泉★☆☆
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・ドッグランあり
・貸し切りサイトあり
・全面フリーのオートサイト

こんなに広いドッグランサイトは他に見たことがありません。ペット愛好家には最高の場所です。(貸し切りサイトは予約可能)

ファミリーパーク追分オートキャンプ場は、昔からあるキャンプ場で、すぐ脇には高速道路もあります。

全面フリーのオートサイトと、予約要らずで自由なキャンプが楽しめるので、非常に利用しやすいキャンプ場です。

ニセコサヒナキャンプ場もおすすめ

すでに紹介済みのニセコサヒナキャンプ場も通年営業でおすすめですよ!

ただし、ニセコはここで紹介した3つのキャンプ場の倍以上は雪深いので、除雪も大変。上級者向きです。

北海道夜景が見られるキャンプ場 BEST 3

おすすめNo.1 いわないリゾートパーク マリンビュー

岩内オートリゾートマリンビューキャンプ場
うまく撮影できていないのですが
北海道夜景遺産です!
景色★★★
温泉★★★
オートキャンプ★★★
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・北海道夜景遺産が見られる
・温泉が近くにたくさんある
・ゴミの回収あり

いわないリゾートパーク マリンビューは、岩内岳の麓にあり、湾を一望できる高台にあります。

温泉が近くに何箇所もあり、港町なので海の幸を買い出しに行くことも可能。

旅行キャンプに、かなりおすすめです!

おすすめNo.2 きじひき高原キャンプ場

北斗市きじひき高原キャンプ場
運が良ければ 雲海も目の前!
景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ★★☆
ペット★★★
おすすめ
ポイント
・予約なしで利用可
・ゴミの回収あり

きじひき高原という、木地挽き山の中腹にあるキャンプ場です。

函館ロープウェイに乗って日本三大夜景を楽しんだことはありますか?

函館の裏夜景をキャンプ場から楽しめる最高のスポットですよ!

新幹線北斗駅を上から見ることができ、運が良ければ、駒ケ岳や雲海も楽しめます。

おすすめ度No.3 エルム高原オートキャンプ場

エルム高原オートキャンプ場北海道赤平市
夜景というより 遠くの山々まで見渡せます
景色★★★
温泉★★☆
オートキャンプ★★★
ペット☆☆☆
おすすめ
ポイント
・炊事棟トイレがきれい
・オートサイトの種類が豊富
・ゴミの回収あり

エルム高原オートキャンプ場がある赤平は、「虹の街」。夜景というよりは、雨上がりの虹が期待できるかもしれません。

エルム高原リゾート内には、エルム高原オートキャンプ場と家族旅行村があり、家族旅行村は、冬キャンプもできる通年営業です。

家族旅行村からは、温泉は徒歩圏内です。

今回紹介したキャンプ場まとめ


ランキング
湖畔キャンプ場
No.1
No.2
No.3



👑 仲洞爺キャンプ場
★ 美笛キャンプ場
★ 朱鞠内湖畔キャンプ場
★ かなやま湖畔キャンプ場
★ 厚真大沼野営場
★ 然別湖北岸野営場
山間キャンプ場
No.1
No.2
No.3
👑ニセコサヒナキャンプ場
★ 真狩キャンプ場
★ 古山貯水池オートキャンプ場
河川キャンプ場
No.1
No.2
👑穂別キャンプ場
★ ニセウ・エコランドキャンプ場
海浜キャンプ場
No.1
No.2
No.3
👑三石ふれあいビーチ
★ 豊浦海浜公園キャンプ場
★ 川下海浜キャンプ場
冬も楽しめるキャンプ場
No.1
No.2
No.3
👑スノーピーク十勝ポロシリキャンプ場
★ オートリゾート苫小牧アルテン
★ 追分オートキャンプ場
夜景が楽しめるキャンプ場
No.1
No.2
No.3
👑いわないリゾートパーク マリンビュー
★ きじひき高原キャンプ場
★ エルム高原オートキャンプ場

私が選んだ総合おすすめBEST 3!

ここまでは、ロケーションタイプ別でそれぞれベスト3を紹介してきましたが、総合して、北海道に来てぜひ訪れてほしいキャンプ場を3つ選びました!

私が選んだおすすめBEST 3

No.1 ニセコサヒナキャンプ場
星空も羊蹄山も温泉も湧き水も楽しめる!

No.2 仲洞爺キャンプ場
星空も洞爺湖も花火も温泉も楽しめる!

No.3 いわないリゾートパークマリンビュー
星空も夜景も温泉も海の幸も楽しめる!

No.1 ニセコサヒナキャンプ場

北海道蘭越町ニセコサヒナキャンプ場
北海道蘭越町ニセコサヒナキャンプ場
北海道蘭越町ニセコサヒナキャンプ場

No.2 仲洞爺キャンプ場

北海道壮瞥町仲洞爺キャンプ場壮瞥
北海道壮瞥町仲洞爺キャンプ場
北海道壮瞥町仲洞爺キャンプ場

No.3 いわないリゾートパーク マリンビュー

岩内オートキャンプ場マリンビュー
岩内オートリゾートマリンビューキャンプ場
岩内オートリゾートマリンビューキャンプ場

美笛キャンプ場も、朱鞠内湖畔キャンプ場も、厚真大沼野営場も、きじひき高原キャンプ場もおすすめ!

どこも素晴らしいのですが、北海道らしい景色や温泉、グルメも満喫できるベスト3を選んでみました。

人それぞれ好みは違うと思います。天候によっては、最高の良さが伝わらないかもしれません…

ぜひ、北海道の大自然を味わってみてくださいね♪

地域別にキャンプ場を紹介しています

テーマ別におすすめキャンプ場をまとめています

遊具・施設が充実ファミリーにおすすめのキャンプ場

自然と時間をゆっくり味わう秘境キャンプ場

景色が最高の北海道おすすめキャンプ場

予約なしで利用できる札幌近郊のキャンプ場

キャンプ用品も多数紹介しています!

ポジラボサイトでは、キャンプ場以外にも、私が愛用しているキャンプ用品を多数ご紹介しています。

興味がある方は、ぜひこちらも見てみてくださいね!

ポジラボan

「Possibility.Labo」では、あなたの明日がもっと楽しくなる情報を発信しています。

twitterでも北海道から最新の情報を届けますので、ポジラボan(@Possi_Labo)のフォローもよろしくお願いします!

ABOUT ME
an
北海道在住。幼い頃からアウトドア好き。登山歴は15年。キャンプ道具とカメラ機材を車に積み込み、絶景を求めて北海道各地のキャンプ場に通う。 夏はもちろん、氷点下18℃まで下がる雪中キャンプも楽しんでいる。これまで訪れた北海道のキャンプ場は、北は利尻島から、南は北斗市と、60ヶ所以上。 前職は小学校教員。日本キャンプ協会公認キャンプインストラクターを取得し、現在は、キャンプの魅力や楽しさを広めるフリーフォトライターとして活動している。
こちらの記事もおすすめ!